コンピュータ将棋や囲碁の掲示板 過去ログ2005年版


明けましておめでとうございます。 shogix2-play  2005年 1月 1日(土)09時53分53秒
(無題) wxw  2005年 1月 1日(土)11時59分28秒
世界コンピュータ将棋選手権 うさぴょんの育ての親  2005年 1月 1日(土)18時05分25秒
選手権のルール 宮本  2005年 1月 2日(日)17時25分19秒
RE:選手権のルール 奈良和文  2005年 1月 3日(月)17時30分24秒
yssベンチマークでお聞きしたいのですが・・・ ぽこたん  2005年 1月 4日(火)20時16分12秒
Re: yssベンチマークでお聞きしたいのです... 山下  2005年 1月 4日(火)22時57分11秒
Re: yssベンチマークでお聞きしたいのです... ぽこたん  2005年 1月 5日(水)16時50分58秒
Re:yssベンチマークでお聞きしたいのです... よし  2005年 1月 6日(木)13時30分52秒
実は ぽこたん  2005年 1月 6日(木)18時18分4秒
選手権での定跡の扱い 宮本  2005年 1月 6日(木)21時24分35秒
Re:実は ほろよい  2005年 1月 7日(金)00時47分43秒
第15回世界コンピュータ将棋選手権 参加... 香山健太郎  2005年 1月 7日(金)01時42分18秒
CSAの例会が1月8日に東京女子医大にて 山下  2005年 1月 7日(金)08時53分59秒
Re:実は ぽこたん  2005年 1月 8日(土)00時47分7秒
詰将棋プログラムにおける証明数の2重カ... 山下  2005年 1月11日(火)13時08分8秒
柿木将棋の再現ツールバーを大きくしてく... 風の  2005年 1月12日(水)12時57分38秒
Re:柿木将棋の再現ツールバーを大きくして... 高橋  2005年 1月12日(水)15時26分5秒
思考ルーチンのアルゴリズムを学習 wxw  2005年 1月14日(金)15時14分31秒
Re:思考ルーチンのアルゴリズムを学習 うさぴょんの育ての親  2005年 1月14日(金)19時13分45秒
64bit演算のアセンブラ化 奈良和文  2005年 1月17日(月)21時53分42秒
64bit演算のアセンブラ化 棚瀬  2005年 1月18日(火)20時26分52秒
Handtalkの解説ページの翻訳 山下  2005年 1月19日(水)22時40分25秒
近代将棋道場での小関氏-YSSの角落ち戦 山下  2005年 1月20日(木)20時01分50秒
BEHIND DEEP BLUE 山下  2005年 1月20日(木)21時08分25秒
激指のICGA2002年9月の論文 山下  2005年 1月21日(金)21時40分43秒
CSA選手権のWeb申込の注意 山下  2005年 1月22日(土)22時06分50秒
Re:CSA選手権のWeb申込の注意 高橋  2005年 1月23日(日)02時19分20秒
Re:CSA選手権のWeb申込の注意 都万  2005年 1月23日(日)09時35分4秒
Re:CSA選手権のWeb申込の注意 香山健太郎(CSA選手権受付担当)  2005年 1月24日(月)01時35分22秒
申込みはやっぱりWEBでしょうか? I  2005年 1月24日(月)16時43分39秒
Webしかないです。 うさぴょんの育ての親  2005年 1月24日(月)22時18分35秒
NHK杯の▲36歩 山下  2005年 1月26日(水)19時35分29秒
Re:NHK杯の▲36歩 うさぴょんの育ての親  2005年 1月26日(水)19時50分25秒
Re:NHK杯の▲36歩 高橋  2005年 1月27日(木)00時05分25秒
Re:NHK杯の▲36歩 恩本  2005年 1月27日(木)00時31分18秒
Re:NHK杯の▲36歩 都万  2005年 1月27日(木)05時46分52秒
人工知能で名人を超えろ(2/5 放送予定) 橋本@TACOS  2005年 1月27日(木)21時20分4秒
Re: 人工知能で名人を超えろ(2/5 放送予... 山下  2005年 1月29日(土)20時34分16秒
選手権の申込は今日(1月31日)までです 山下  2005年 1月31日(月)05時26分52秒
ICGAのバックナンバー 山下  2005年 2月 1日(火)04時15分7秒
Hydra HydraWatcher  2005年 2月 2日(水)11時11分27秒
AI将棋の「次の一手」 technology  2005年 2月 2日(水)14時36分15秒
Re: AI将棋の「次の一手」 山下  2005年 2月 2日(水)19時23分31秒
Re: Hydra 山下  2005年 2月 2日(水)19時25分21秒
Re: Hydra 山下  2005年 2月 2日(水)21時21分44秒
Hydraについて(続1) 山下  2005年 2月 3日(木)04時17分16秒
Hydraについて(続2) 山下  2005年 2月 3日(木)05時00分21秒
Re:Hydraについて HydraWatcher  2005年 2月 3日(木)09時20分55秒
Re:Hydraについて 高橋  2005年 2月 3日(木)15時47分18秒
Re: 人工知能で名人を超えろ(2/5 放送予... 山下  2005年 2月 6日(日)01時48分42秒
Re:Hydraについて  宮本  2005年 2月 6日(日)13時34分56秒
Re:Hydraについて 山下  2005年 2月 6日(日)14時34分51秒
Re:Hydraについて   宮本  2005年 2月 6日(日)18時02分42秒
アマ竜王戦  2005年 2月 7日(月)20時12分31秒
Re: アマ竜王戦 山下  2005年 2月 8日(火)02時05分44秒
オンラインでCPUの計算能力を売買 ときた  2005年 2月 8日(火)20時47分23秒
Re:アマ竜王戦 高橋  2005年 2月 8日(火)22時48分46秒
Re:オンラインでCPUの計算能力を売買  宮本  2005年 2月 9日(水)14時15分10秒
Re:オンラインでCPUの計算能力を売買 うさぴょんの育ての親  2005年 2月 9日(水)15時07分5秒
Arimaaの大会   山下  2005年 2月12日(土)09時57分40秒
Cellプロセッサー   宮本  2005年 2月15日(火)22時08分10秒
コンピュータ将棋のアルゴリズム   山下  2005年 2月23日(水)16時17分37秒
Re:コンピュータ将棋のアルゴリズム   高橋  2005年 2月23日(水)18時08分8秒
Re:コンピュータ将棋のアルゴリズム   うさぴょんの育ての親  2005年 2月23日(水)20時38分13秒
Re:コンピュータ将棋のアルゴリズム   山下  2005年 2月23日(水)21時25分4秒
5x5の碁、解かれる   ときた  2005年 2月23日(水)21時58分14秒
Re: 5x5の碁、解かれる   山下  2005年 2月24日(木)04時34分56秒
Re: Cellプロセッサー   うさぴょんの育ての親  2005年 2月24日(木)13時09分45秒
IPCCC(コンピュータチェスの大会)   山下  2005年 2月24日(木)14時09分26秒
Re:Cellプロセッサー   高橋  2005年 2月24日(木)18時18分44秒
Re:IPCCC(コンピュータチェスの大会)   高橋  2005年 2月24日(木)18時30分12秒
Re:IPCCC(コンピュータチェスの大会)   山下  2005年 2月28日(月)20時50分56秒
jyousekixgreen.livedoor.com   宮本  2005年 3月 2日(水)16時59分6秒
失礼しました   宮本  2005年 3月 2日(水)17時06分9秒
CGF特別例会が4月9,10日に。   山下  2005年 3月 5日(土)20時28分11秒
最近   【春気分♪】0^)/  2005年 3月10日(木)21時20分12秒
Re:最近   高橋  2005年 3月11日(金)00時54分54秒
Re:最近   【春気分♪】0^)/  2005年 3月11日(金)01時42分11秒
Re:最近   うさぴょんの育ての親  2005年 3月11日(金)01時47分50秒
ソフトの脅威は   【春気分♪】0^)/  2005年 3月11日(金)10時15分50秒
ソフトの脅威は(書き足し)   【春気分♪】0^)/  2005年 3月11日(金)10時59分23秒
Re;ソフトの脅威は(書き足し)   tss-master  2005年 3月11日(金)12時27分33秒
チェスでは   棚瀬  2005年 3月11日(金)13時29分9秒
オセロでは??   【春気分♪】0^)/  2005年 3月11日(金)17時26分42秒
意図がわかりません   フィッシャー  2005年 3月11日(金)20時27分10秒
くだらない話は   HydraWatcher  2005年 3月11日(金)21時11分59秒
以降のソフト指しに関する議論はご遠慮下...  山下  2005年 3月11日(金)22時19分39秒
カスパロフの引退   山下  2005年 3月11日(金)23時43分28秒
Re:カスパロフの引退   高橋  2005年 3月12日(土)00時37分17秒
Re:カスパロフの引退     宮本  2005年 3月13日(日)00時14分41秒
Re:カスパロフの引退   棚瀬  2005年 3月13日(日)01時55分23秒
GAME OVER   高橋  2005年 3月14日(月)16時24分53秒
CPUの速度の伸びが鈍化してますね   山下  2005年 3月25日(金)13時44分33秒
Re:CPUの速度の伸びが鈍化してますね   高橋  2005年 3月25日(金)16時14分20秒
Intel kills plans for 4GHz Pentium   都万  2005年 3月25日(金)22時05分5秒
将棋ソフト指し対策案の公開について   tss-master  2005年 4月 5日(火)11時00分25秒
First KGS Computer Go Tournament   山下  2005年 4月 8日(金)23時44分45秒
本日の   Y  2005年 4月 9日(土)17時39分25秒
CGF特別例会の結果   山下  2005年 4月11日(月)01時01分2秒
Re: CGF特別例会の結果   山下  2005年 4月11日(月)16時55分22秒
Win64でのベンチマーク   山下  2005年 4月12日(火)16時50分59秒
Opteron852 x4   山下  2005年 4月12日(火)17時28分42秒
Re:Win64でのベンチマーク   奈良和文  2005年 4月12日(火)21時25分21秒
Re:Opteron852 x4   高橋  2005年 4月13日(水)02時21分18秒
Re:Win64でのベンチマーク   山下  2005年 4月13日(水)04時52分54秒
Re:Opteron852 x4   山下  2005年 4月13日(水)04時56分37秒
Re:Opteron852 x4   高橋  2005年 4月13日(水)11時57分37秒
NUMA   吉村  2005年 4月13日(水)21時33分2秒
Re:Win64でのベンチマーク   奈良和文  2005年 4月13日(水)23時06分46秒
Re: NUMA     山下  2005年 4月13日(水)23時16分11秒
Re:NUMA   高橋  2005年 4月13日(水)23時19分9秒
Re:Win64でのベンチマーク   山下  2005年 4月14日(木)00時11分8秒
bsr命令   棚瀬  2005年 4月14日(木)02時56分26秒
Re: bsr命令   山下  2005年 4月14日(木)11時29分13秒
Re: bsr命令   高橋  2005年 4月14日(木)15時02分19秒
FORCEINLINE   棚瀬  2005年 4月14日(木)15時09分15秒
Re: bsr命令   山下  2005年 4月14日(木)15時23分5秒
Re: FORCEINLINE   山下  2005年 4月14日(木)15時26分50秒
Re:FORCEINLINE   高橋  2005年 4月14日(木)15時34分3秒
Re:FORCEINLINE   高橋  2005年 4月14日(木)15時49分23秒
Re:FORCEINLINE   棚瀬  2005年 4月17日(日)02時05分25秒
Jeff?   都万  2005年 4月17日(日)06時34分4秒
(無題)   ソフト好き  2005年 4月17日(日)16時40分6秒
Opteron852 x4のベンチ   山下  2005年 4月22日(金)22時05分38秒
Re:Opteron852 x4のベンチ   高橋  2005年 4月23日(土)06時10分23秒
Re:Opteron852 x4のベンチ   山下  2005年 4月23日(土)10時36分18秒
Re:Opteron852 x4のベンチ   高橋  2005年 4月23日(土)12時48分17秒
Re:Opteron852 x4のベンチ   山下  2005年 4月23日(土)13時32分15秒
第3回国際将棋フォーラム   山下  2005年 4月23日(土)13時38分0秒
13th World Computer Chess Championship   山下  2005年 4月23日(土)13時46分20秒
Re:Opteron852 x4のベンチ   高橋  2005年 4月23日(土)15時12分35秒
Second KGS Computer Go Tournament   山下  2005年 4月28日(木)13時50分0秒
もう5月ですね   山下  2005年 5月 1日(日)11時31分2秒
締め切りが迫ると妙にはかどります   山下  2005年 5月 2日(月)19時49分8秒
Re:締め切りが迫ると妙にはかどります   高橋  2005年 5月 2日(月)21時17分32秒
Re:締め切りが迫ると妙にはかどります   山下  2005年 5月 3日(火)07時03分36秒
一次予選の組み合わせが出ています   山下  2005年 5月 3日(火)11時52分36秒
上位10チームが二次予選へ   山下  2005年 5月 3日(火)11時57分5秒
途中経過   2005年 5月 3日(火)12時48分51秒
途中経過2   2005年 5月 3日(火)14時39分55秒
選手権速報ページ   TETSU  2005年 5月 3日(火)16時01分56秒
(無題)   ソフト好き  2005年 5月 4日(水)14時08分35秒
Shotest   都万  2005年 5月 4日(水)19時13分54秒
激指全勝優勝!   ソフト好き  2005年 5月 5日(木)17時28分44秒
引き分けについて   mhr  2005年 5月 5日(木)18時07分52秒
引き分けは・・   ソフト好き  2005年 5月 5日(木)19時03分50秒
Re:引き分けについて     tss-master  2005年 5月 5日(木)19時06分13秒
優勝は7戦全勝で激指   山下  2005年 5月 6日(金)13時23分34秒
順位順の星取表   山下  2005年 5月 6日(金)14時38分48秒
選手権情報ページ   TETSU  2005年 5月 6日(金)14時41分40秒
激指   鶴岡  2005年 5月 7日(土)03時14分23秒
おめでとうございます   橋本@TACOS  2005年 5月 7日(土)11時12分54秒
選手権の写真です   山下  2005年 5月 8日(日)18時00分42秒
Second KGS Computer Go Tournament   山下  2005年 5月 8日(日)18時58分17秒
激指の棋譜が公開されています   山下  2005年 5月 8日(日)23時26分1秒
お疲れ様でした   金子xgps  2005年 5月 9日(月)00時12分1秒
お疲れさまでした   高橋  2005年 5月 9日(月)20時31分35秒
決勝次点の記録   山下  2005年 5月 9日(月)21時20分28秒
写真おきました   橋本@TACOS  2005年 5月 9日(月)21時29分17秒
Spearが公開されています   山下  2005年 5月10日(火)14時18分2秒
特別寄稿) 激指、全勝優勝!(第15回選手...  tss-master  2005年 5月11日(水)00時34分38秒
RE:Spearが公開されています     都万  2005年 5月11日(水)21時24分3秒
アマ竜王戦   鶴岡  2005年 5月11日(水)23時01分28秒
レーティング対戦について   24観戦者  2005年 5月13日(金)23時06分29秒
Re: レーティング対戦について     山下  2005年 5月14日(土)01時10分49秒
選手権の棋譜が公開されています   山下  2005年 5月14日(土)01時17分35秒
キタ!キタ!!キタァ!!!   丸電  2005年 5月17日(火)17時53分50秒
ぷれすて3   (^o^)  2005年 5月18日(水)01時15分52秒
Re:ぷれすて3   都万  2005年 5月18日(水)05時47分29秒
AMD的にOK   高橋  2005年 5月24日(火)02時40分53秒
AMDの宣伝   橋本  2005年 5月24日(火)11時20分14秒
将棋倶楽部24でのYSSのレーティング   山下  2005年 5月25日(水)09時33分48秒
TACOS自戦記   橋本  2005年 5月25日(水)14時57分19秒
Re:TACOS自戦記   高橋  2005年 5月25日(水)18時21分15秒
Re:TACOS自戦記   橋本@TACOS  2005年 5月25日(水)22時08分9秒
4スレッドでの実質高速化   山下  2005年 5月30日(月)11時14分36秒
思考時間を単純に2倍、4倍にした時の勝率   山下  2005年 5月30日(月)11時16分3秒
CPUの速度差による勝率の概算   山下  2005年 5月30日(月)11時17分56秒
30倍速いマシンを   山下  2005年 5月30日(月)11時19分25秒
Re:30倍速いマシンを   高橋  2005年 5月30日(月)20時46分44秒
Re:30倍速いマシンを   山下  2005年 5月31日(火)19時20分3秒
はじめまして   Bonanza の作者  2005年 6月 2日(木)00時38分24秒
Re: はじめまして   山下  2005年 6月 2日(木)03時51分18秒
(無題)   Bonanza の作者  2005年 6月 2日(木)10時12分39秒
来年といわず   暴難座  2005年 6月 2日(木)11時06分0秒
re:来年といわず   都万  2005年 6月 2日(木)21時47分51秒
(無題)   Bonanza の作者  2005年 6月 3日(金)14時33分23秒
Re: はじめまして   高橋  2005年 6月 3日(金)15時01分39秒
あ、いえ連続対戦させたいためです(汗)   山下  2005年 6月 3日(金)19時40分36秒
仮想COMポート   山下  2005年 6月 3日(金)19時47分2秒
Third KGS Computer Go Tournament   山下  2005年 6月 3日(金)21時29分44秒
(無題)   Bonanza の作者  2005年 6月 3日(金)23時58分6秒
SlugGoがGo++を半目で破る!   山下  2005年 6月 6日(月)08時20分49秒
新風、Bonanza   tss_master  2005年 6月 7日(火)08時57分23秒
グリンベルゲンさんのレポート   山下  2005年 6月10日(金)19時51分28秒
Re:グリンベルゲンさんのレポート   都万  2005年 6月11日(土)09時57分59秒
応用物理の最前線   山下  2005年 6月11日(土)12時54分51秒
自己対戦の結果と対市販ソフトとの比較   山下  2005年 6月15日(水)11時08分15秒
Re:自己対戦の結果と対市販ソフトとの比較   高橋  2005年 6月15日(水)15時35分38秒
Re:自己対戦の結果と対市販ソフトとの比較   山下  2005年 6月15日(水)19時00分46秒
何手読んでも・・・   ソフト好き  2005年 6月19日(日)13時32分18秒
Cマガジンでリーバシの大会?   山下  2005年 6月21日(火)16時25分53秒
Hydraと人間の対戦   山下  2005年 6月23日(木)20時03分29秒
Re:Hydraと人間の対戦   高橋  2005年 6月24日(金)01時49分52秒
Re:Hydraと人間の対戦   HyrdaWatcher  2005年 6月24日(金)09時04分41秒
Re:Hydraと人間の対戦   山下  2005年 6月24日(金)14時15分11秒
アマ竜王戦は明日から   山下  2005年 6月24日(金)23時18分5秒
Re: アマ竜王戦は明日から   山下  2005年 6月25日(土)03時32分6秒
(無題)   ソフト好き  2005年 6月25日(土)15時13分14秒
Re: アマ竜王戦は明日から   山下  2005年 6月25日(土)15時14分50秒
激指の予選の棋譜   山下  2005年 6月25日(土)15時19分2秒
Re: アマ竜王戦は明日から   うさぴょんの育ての親  2005年 6月25日(土)16時16分12秒
(無題)   ソフト好き  2005年 6月25日(土)17時26分2秒
Re: アマ竜王戦は明日から   高橋  2005年 6月25日(土)23時50分25秒
アマ竜王戦予選突破   丸電ユキオ  2005年 6月26日(日)00時46分28秒
アマ竜王戦全国大会の写真   山下  2005年 6月26日(日)01時52分12秒
激指スペック   acchonsf  2005年 6月26日(日)05時18分42秒
(無題)   ソフト好き  2005年 6月26日(日)09時31分18秒
アマ竜王戦   bignner  2005年 6月26日(日)10時31分11秒
激指は本戦2回戦で敗れる   山下  2005年 6月26日(日)11時29分12秒
Re: 激指スペック   山下  2005年 6月26日(日)11時30分42秒
(無題)   acchonsf  2005年 6月26日(日)12時08分49秒
エキシビジョン対戦   山下  2005年 6月26日(日)14時11分18秒
(無題)   ソフト好き  2005年 6月26日(日)14時32分27秒
明暗・・   hiro  2005年 6月26日(日)17時00分5秒
激指のテレビ放送   山下  2005年 6月26日(日)23時41分46秒
激指   鶴岡  2005年 6月27日(月)00時43分4秒
Re: 激指   山下  2005年 6月27日(月)14時13分10秒
Re: 激指のテレビ放送   山下  2005年 6月27日(月)14時34分31秒
激指の棋譜+コメントをkif形式で   山下  2005年 6月27日(月)15時16分38秒
NHKではちょっとした特集になるようです   山下  2005年 6月27日(月)20時32分14秒
Re: 激指のテレビ放送   高橋  2005年 6月27日(月)21時29分18秒
Re: 激指のテレビ放送   山下  2005年 6月27日(月)21時43分20秒
Re: 激指のテレビ放送   山下  2005年 6月27日(月)22時58分49秒
Re:Hydraと人間の対戦   山下  2005年 6月28日(火)11時48分33秒
篠田さんと加藤さんの解説   山下  2005年 6月29日(水)03時47分23秒
Re:Hydraと人間の対戦   高橋  2005年 7月 1日(金)19時57分42秒
「激指」アマ竜王戦ベスト16   tss_master  2005年 7月 1日(金)21時12分37秒
Re:Hydraと人間の対戦   山下  2005年 7月 1日(金)21時59分47秒
岐阜チャレンジ2005は10月29日(土)、30日...  山下  2005年 7月 1日(金)22時37分41秒
Re:Hydraと人間の対戦   高橋  2005年 7月 2日(土)17時22分54秒
本日の衛星放送で   HydraWatcher  2005年 7月 2日(土)18時07分13秒
マルチスレッド   たろう  2005年 7月 3日(日)04時20分27秒
Re:マルチスレッド   都万  2005年 7月 3日(日)09時48分33秒
遠い道のり   hiro  2005年 7月 3日(日)13時13分3秒
効率よく最終形を目指す   ヌジャーマ  2005年 7月 5日(火)17時28分16秒
Re: 効率よく最終形を目指す   山下  2005年 7月 6日(水)19時44分30秒
今週の週刊アスキーに激指の記事   山下  2005年 7月 6日(水)20時35分29秒
読売新聞に「激指」の記事   tss_master  2005年 7月 9日(土)01時27分43秒
Re;読売新聞に「激指」の記事   tss_master  2005年 7月 9日(土)01時37分27秒
コンピュータ将棋オープン戦開催のお知ら...  香山  2005年 7月10日(日)23時00分28秒
Re:コンピュータ将棋オープン戦開催の...  疑問人  2005年 7月11日(月)17時26分14秒
Re:コンピュータ将棋オープン戦開催の...  うさぴょんの育ての親  2005年 7月11日(月)21時10分44秒
Re:コンピュータ将棋オープン戦開催の...  高橋  2005年 7月11日(月)23時44分46秒
週刊文春の先崎八段のエッセイ   山下  2005年 7月14日(木)22時47分7秒
Re: 週刊文春の先崎八段のエッセイ   山下  2005年 7月15日(金)10時47分29秒
情報処理学会誌   柿木 義一  2005年 7月18日(月)03時25分0秒
Re: 情報処理学会誌   山下  2005年 7月19日(火)20時02分56秒
Computer Olympiadと台南でのコンピュータ...  山下  2005年 7月19日(火)20時19分22秒
コンピュータ将棋オープン戦参加申込受付...  香山  2005年 8月 8日(月)22時39分13秒
bitboardを使った詰将棋   山下  2005年 8月12日(金)03時21分37秒
プロファイルでの比較   山下  2005年 8月12日(金)03時23分15秒
bitboardの構造   山下  2005年 8月12日(金)03時27分33秒
bitboardの解説1   山下  2005年 8月12日(金)03時30分2秒
bitboardの解説2 縦方向のbitを横に   山下  2005年 8月12日(金)03時32分15秒
bitboardの解説3 斜め方向   山下  2005年 8月12日(金)03時33分51秒
bitboardの解説4 メモリ消費とビットシフ...  山下  2005年 8月12日(金)03時37分36秒
SIMD   たか  2005年 8月12日(金)12時31分52秒
Re:プロファイルでの比較   高橋  2005年 8月12日(金)14時35分41秒
Re: SIMD   山下  2005年 8月13日(土)04時24分51秒
Re:プロファイルでの比較   山下  2005年 8月13日(土)04時32分0秒
Re:プロファイルでの比較   高橋  2005年 8月13日(土)16時19分29秒
Re:プロファイルでの比較   山下  2005年 8月14日(日)02時42分12秒
Re:プロファイルでの比較   高橋  2005年 8月14日(日)05時33分36秒
Re:プロファイルでの比較   山下  2005年 8月14日(日)13時15分46秒
プロファイル   たか  2005年 8月14日(日)17時52分58秒
Re:プロファイルでの比較   高橋  2005年 8月15日(月)15時44分13秒
bitboard   bonanza の作者  2005年 8月20日(土)12時18分19秒
質問です.   bonanza の作者  2005年 8月20日(土)13時35分59秒
Re:質問です.   高橋  2005年 8月20日(土)14時45分29秒
Re: bitboard   山下  2005年 8月20日(土)20時02分1秒
Re: 質問です.   山下  2005年 8月20日(土)20時49分47秒
持ち駒の優劣関係の判定   山下  2005年 8月20日(土)20時51分47秒
CGF碁盤 Ver 1.0 の背景画像   tss_master  2005年 8月20日(土)22時51分19秒
Re: CGF碁盤 Ver 1.0 の背景画像   山下  2005年 8月21日(日)00時27分55秒
修正確認   tss_master  2005年 8月21日(日)07時24分45秒
お返事ありがとうございました   bonanza の作者  2005年 8月21日(日)15時16分37秒
Re:お返事ありがとうございました   高橋  2005年 8月21日(日)16時52分17秒
少し0.5手延長の弁護など   山下  2005年 8月21日(日)19時03分36秒
(無題)   ソフト好き  2005年 8月21日(日)20時32分16秒
コンピュータ将棋オープン戦   tss_master  2005年 8月22日(月)00時34分18秒
Re: コンピュータ将棋オープン戦   山下  2005年 8月22日(月)03時16分44秒
コンピュータチェス大会の結果   山下  2005年 8月22日(月)03時28分18秒
使いやすいGUI   tss_master  2005年 8月22日(月)12時49分30秒
(無題)   bonanza の作者  2005年 8月22日(月)14時32分0秒
Re: コンピュータ将棋オープン戦   山田 剛@対局サーバ担当  2005年 8月23日(火)01時56分6秒
Re: 持ち駒の優劣関係の判定   山田 剛@対局サーバ担当  2005年 8月23日(火)02時31分44秒
はじめまして   将棋素人  2005年 8月23日(火)03時53分26秒
Re: 持ち駒の優劣関係の判定   山下  2005年 8月24日(水)11時17分36秒
Re: 持ち駒の優劣関係の判定   高橋  2005年 8月24日(水)16時34分39秒
Re: 持ち駒の優劣関係の判定   奈良和文  2005年 8月26日(金)22時19分6秒
Re: 持ち駒の優劣関係の判定   山下  2005年 8月30日(火)13時52分8秒
激指の新聞での紹介   山下  2005年 8月31日(水)19時43分36秒
岐阜チャレンジ2005の申し込み開始   山下  2005年 9月 3日(土)08時29分9秒
台湾でのComputer Olympiad 象棋と将棋の...  山下  2005年 9月17日(土)14時18分47秒
台湾でのComputer Olympiad 囲碁の結果   山下  2005年 9月17日(土)14時22分32秒
台湾の台南で行われたコンピュータ囲碁大会   山下  2005年 9月17日(土)14時36分59秒
C MAGAZINEのリバーシ思考ルーチンの結果   山下  2005年 9月17日(土)14時44分29秒
Re: C MAGAZINEのリバーシ思考ルーチンの...  氏家  2005年 9月18日(日)00時31分11秒
Re: C MAGAZINEのリバーシ思考ルーチンの...  川端  2005年 9月18日(日)09時59分29秒
Re: C MAGAZINEのリバーシ思考ルーチンの...  tss_master  2005年 9月18日(日)11時43分9秒
TACOS-橋本五段戦   橋本@TACOS  2005年 9月18日(日)18時30分17秒
Re: C MAGAZINEのリバーシ思考ルーチンの...  山下  2005年 9月18日(日)19時25分3秒
Re: TACOS-橋本五段戦   山下  2005年 9月18日(日)19時27分34秒
Re: TACOS-橋本五段戦   山下  2005年 9月19日(月)00時24分7秒
Re: TACOS-橋本五段戦   山下  2005年 9月19日(月)13時42分34秒
Re: TACOS-橋本五段戦   高橋  2005年 9月19日(月)16時58分59秒
Computer Olympiadの写真   山下  2005年 9月20日(火)19時09分58秒
Re: TACOS-橋本五段戦   橋本@TACOS  2005年 9月21日(水)20時15分10秒
Re: TACOS-橋本五段戦   山下  2005年 9月22日(木)11時16分12秒
(無題)   ソフト好き  2005年 9月25日(日)12時08分0秒
初心者   pontbn  2005年 9月27日(火)22時08分1秒
Re:初心者   うさぴょんの育ての親  2005年 9月29日(木)03時18分4秒
類似局面   pontbn  2005年 9月29日(木)05時22分1秒
Re:類似局面   うさぴょんの育ての親  2005年 9月29日(木)16時59分24秒
書籍・論文は…   うさぴょんの育ての親  2005年 9月29日(木)17時06分24秒
(無題)   ソフト好き  2005年 9月29日(木)19時23分26秒
(無題)   ソフト好き  2005年 9月29日(木)19時25分33秒
岐阜チャレンジ2005の参加申し込みは10月...  山下  2005年 9月30日(金)14時16分37秒
Re: 岐阜チャレンジ2005の参加申し込みは...  山下  2005年10月 5日(水)17時10分27秒
東大将棋の   気になるファン  2005年10月 7日(金)11時59分37秒
ありがとうございます   pontbn  2005年10月 7日(金)13時12分59秒
棋力   囲碁大好き太郎  2005年10月 8日(土)17時27分32秒
Re: 棋力   山下  2005年10月 9日(日)04時51分30秒
ReRe棋力   囲碁大好き太郎  2005年10月 9日(日)18時19分34秒
ソフトと対局に「待った」 日本将棋連盟... 山下 2005年10月15日(土)00時07分21秒
第3回コンピューター将棋王者決定戦が22,... 山下 2005年10月15日(土)00時33分39秒
Re: ソフトと対局に「待った」 日本将棋... 山下 2005年10月15日(土)03時36分39秒
Re: ソフトと対局に「待った」 日本将棋... 高橋 2005年10月15日(土)09時56分2秒
Re: ソフトと対局に「待った」 日本将棋... 橋本@TACOS 2005年10月15日(土)13時32分26秒
もったいないですね 山下 2005年10月15日(土)14時38分26秒
楽しみですね。 丸電 2005年10月19日(水)18時10分30秒
丸電さん うさぴょんの育ての親 2005年10月19日(水)19時48分45秒
あっ、そうか。 丸電 2005年10月19日(水)21時54分1秒
必ず30秒考えるルーチン 山下 2005年10月21日(金)15時45分47秒
(無題) n 2005年10月21日(金)22時26分33秒
王者決定戦速報 TETSU 2005年10月22日(土)15時57分31秒
王者決定戦1日目 Kickaha 2005年10月22日(土)18時13分34秒
Re: 王者決定戦1日目 山下 2005年10月22日(土)23時26分17秒
Re: 王者決定戦1日目 山下 2005年10月23日(日)07時29分43秒
凄い hiro 2005年10月23日(日)11時43分32秒
おめでとうございます 丸電 2005年10月23日(日)13時36分16秒
王者決定戦2005 高橋 2005年10月23日(日)13時43分24秒
銀星に期待 ソフト好き 2005年10月23日(日)14時28分38秒
YSS、コンピュータ将棋王者決定戦全勝... tss_master 2005年10月23日(日)19時14分17秒
おめでとうございます。 ときた 2005年10月23日(日)20時03分34秒
凄い その2 hiro 2005年10月23日(日)22時27分34秒
もう1カット hiro 2005年10月23日(日)22時33分18秒
森内名人との対戦善戦 YSSファン 2005年10月23日(日)23時24分0秒
王者戦と角落ち戦 山下 2005年10月24日(月)01時09分55秒
KCC戦の終盤から 山下 2005年10月24日(月)12時51分22秒    
Re:KCC戦の終盤から 高橋 2005年10月24日(月)13時23分16秒    
Re:KCC戦の終盤から 山下 2005年10月24日(月)14時21分4秒
王者戦でのYSSの棋譜 山下 2005年10月24日(月)19時10分13秒
順位順の星取表 山下 2005年10月25日(火)08時36分21秒
写真の続き hiro 2005年10月25日(火)21時40分19秒
その4 hiro 2005年10月25日(火)21時42分32秒
その5 hiro 2005年10月25日(火)21時45分23秒
Re: 写真の続き 山下 2005年10月26日(水)07時26分51秒
王者戦の棋譜が公開されています 山下 2005年10月26日(水)07時30分7秒
王者戦の写真 山下 2005年10月28日(金)10時50分13秒
9路盤で読みの深さを変えた時の勝率 山下 2005年10月28日(金)11時56分4秒
岐阜チャレンジの途中経過 山下 2005年10月30日(日)08時03分29秒
Re: 岐阜チャレンジの途中経過 山下 2005年10月31日(月)01時17分35秒
朝日新聞の天声人語にコンピュータ将棋の... 山下 2005年10月31日(月)01時21分39秒    
Re: 岐阜チャレンジの途中経過 山下 2005年10月31日(月)10時49分33秒    
岐阜チャレンジの順位順の星取表 山下 2005年10月31日(月)21時03分13秒
MFGと人間のエキシビジョンマッチ 山下 2005年10月31日(月)21時10分51秒
週刊アスキーに王者戦の記事 山下 2005年10月31日(月)22時14分10秒
王者戦 金子 2005年11月 2日(水)00時25分46秒
岐阜チャレンジの写真 山下 2005年11月 3日(木)21時47分24秒
毎日新聞にソフトと対局禁止に関する記事 山下 2005年11月 5日(土)16時50分14秒
はじめまして 丹羽 2005年11月 5日(土)22時20分23秒
11月5日の読売新聞に鶴岡さんの記事 山下 2005年11月12日(土)22時22分24秒
岐阜チャレンジの棋譜 山下 2005年11月13日(日)21時23分15秒
コンピュータ将棋2005世界最強決定 橋本xTACOS 2005年11月14日(月)20時02分22秒
11月10日の日経新聞の夕刊にコンピュータ... 山下 2005年11月14日(月)21時59分20秒
コンピュータ将棋2005世界最強決定戦 URL 橋本@TACOS 2005年11月15日(火)10時27分33秒
読売ウィークリーにボナンザの記事 山下 2005年11月15日(火)14時31分46秒
Re: コンピュータ将棋2005世界最強決定戦... 山下 2005年11月16日(水)10時05分49秒
Re: コンピュータ将棋2005世界最強決定戦... 山下 2005年11月18日(金)03時33分37秒
Re: コンピュータ将棋2005世界最強決定戦... 山下 2005年11月18日(金)04時08分4秒
Re: コンピュータ将棋2005世界最強決定戦... 高橋 2005年11月19日(土)20時44分41秒
おめでとう hiro 2005年11月19日(土)20時59分37秒
Re: コンピュータ将棋2005世界最強決定戦... 山下 2005年11月20日(日)22時52分50秒
Re: おめでとう 山下 2005年11月20日(日)22時54分37秒
GPW杯2005でのYSSの棋譜 山下 2005年11月20日(日)23時00分47秒
ハッシュについて 開発初心者 2005年11月23日(水)02時53分55秒
Re:ハッシュについて うさぴょんの育ての親 2005年11月23日(水)03時30分8秒
Re: コンピュータ将棋2005世界最強決定戦... 高橋 2005年11月23日(水)03時54分14秒    
Re:ハッシュについて 都万 2005年11月23日(水)05時35分13秒
Re:ハッシュについて 開発初心者 2005年11月24日(木)00時41分4秒
ありゃ(苦笑) うさぴょんの育ての親 2005年11月24日(木)00時59分8秒
Re:ありゃ(苦笑) 開発初心者 2005年11月24日(木)01時37分59秒    
ハッシュのクリアについて うさぴょんの育ての親 2005年11月25日(金)00時19分1秒
チェスの人間対機械の団体戦 山下 2005年11月26日(土)03時41分23秒
チェスを追い越せ hiro 2005年11月26日(土)10時29分47秒
Re:チェスの人間対機械の団体戦 高橋 2005年11月26日(土)12時47分45秒
第16回世界コンピュータ将棋選手権参加者... 香山@CSA 2005年12月 4日(日)00時24分50秒
初歩的な質問2 開発初心者 2005年12月 4日(日)02時11分57秒
RE: 初歩的な質問2 開発初心者 2005年12月 5日(月)19時47分35秒
最強の将棋プログラムを作りたいです! 初心者 2005年12月 5日(月)23時44分17秒
FEN(チェス局面表記法)の将棋版 礒部正幸 2005年12月18日(日)23時36分26秒
自動的に改行 礒部正幸 2005年12月18日(日)23時40分5秒
コンピュータ将棋協会サーバメンテナンス... 香山@CSA 2005年12月29日(木)15時16分2秒




明けましておめでとうございます。  投稿者:shogix2-play  投稿日:2005年 1月 1日(土)09時53分53秒
明けましておめでとうございます。



(無題)  投稿者:wxw  投稿日:2005年 1月 1日(土)11時59分28秒

明けましておめでとうございます。
今年のコンピュータ将棋大会に出場を考えていますが、申込みはいつからあるのでしょうか?
また、以前と変わった決まりなどありましたら、教えてください。



世界コンピュータ将棋選手権  投稿者:うさぴょんの育ての親  投稿日:2005年 1月 1日(土)18時05分25秒
申し込みは、1月末までくらいになると思われますが、まだ今年は要領が発表されていませんね。
仕方がないので、こまめに

http://www.computer-shogi.org/

を参照してください。(確か予定では12月20日受付開始とか言っていたのですけれど。)

以前と変わった決まりは、
・通信機能は必須になった。なお、通信プロトコルは特に変化なし。(シリアルで接続)
・今年から、思考部分にライブラリの利用が可となった。
 (以前は、完全にオリジナルである必要があった。)
くらいでしょうか。
通信機能が必須になったのは去年か一昨年くらいからだったと思いますが。



選手権のルール  投稿者:宮本  投稿日:2005年 1月 2日(日)17時25分19秒
>今年から、思考部分にライブラリの利用が可となった

「ライブラリ」を検索しましたが、私には理解できませんでした。

具体的にいうと、私作の「宮本定跡」を使ったプログラムが選手権に出ることがあり得るのですか?
そうだとすると、次回作を開発する意欲が強くなります。
http://members.ld.infoseek.co.jp/jyouseki/page002.html


RE:選手権のルール  投稿者:奈良和文  投稿日:2005年 1月 3日(月)17時30分24秒
宮本定跡のページ見せていただきました。
柿木将棋の定跡DB形式ですね。ということは、これを利用できるのは
柿木さんだけでしょうか。。

ライブラリ募集要項の「2. ライブラリの満たすべき条件」
 ・選手権への参加に関して、無料で自由に使えること。 
 ・CSAはライブラリ使用に関する一切の責任を負わないこと。 
 ・ソースの公開・非公開は問わない。 
 ・自分のサイトでの公開の有無や公開時期は問わない。 
の最初の項、「自由に使える」に抵触するかもしれません。

ただし、これら4つの条件は、そもそも定跡DBというものを
考慮していないのではないか、という気がします。
一度、審査委員会にお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。



yssベンチマークでお聞きしたいのですが・・・  投稿者:ぽこたん  投稿日:2005年 1月 4日(火)20時16分12秒
みなさん初めまして。
突然全然関係のない話で割り込んで申し訳ありませんが、2.5GHzのノースウッドのセレロン
で45秒くらいかかるんですが、このノートパソコンは正常でしょうか?
びっくりするくらい遅いのでちょっと気になってしまいました。
記録にあるDuron800MHzよりも時間がかかるので驚いています。



Re: yssベンチマークでお聞きしたいのですが・・・  投稿者:山下  投稿日:2005年 1月 4日(火)22時57分11秒
少し遅すぎると思いますので、バッテリーの電源管理で
電源が繋がったままでもCPU速度は低速、にするなどの設定が
されてないでしょうか?

またはメモリを40MBほど使いますので他のプログラムを複数起動していると
HDDのアクセスが発生して遅くなってしまうことはあります。



Re: yssベンチマークでお聞きしたいのですが・・・  投稿者:ぽこたん  投稿日:2005年 1月 5日(水)16時50分58秒
山下さん、レスありがとうございます。
やはり遅すぎますよね。電源管理の省電力設定をすべて無効にしても、
さらに省電力アプリそのものを切ってしまっても改善されず、ほかのタスクを動かさなく
ても改善されないので、設計の問題かもしれません。
intelの過熱時にクロックが落ちるというヤツが何もしないで働いてしまっているのかも。
一応メーカの東芝に問い合わせを入れてみましたが、以前も別件で付属でインストールされていない
ものの動作ではいっさい責任を負いませんというような事を言われて突っぱねられた
事があるので何とも言えませんが、次の行動に移せました。ありがとうございます。

将棋タウンさんによると激指4がかなり強くなっているそうですが、次の大会も応援しています。
AI将棋と東大将棋の対決もいつも楽しみにしています。
実はAI将棋と東大将棋、毎年秋頃交互に買っているのですが次回はAIの番なので連続優勝の祈願をしています(笑)。
それでは失礼いたします。



Re:yssベンチマークでお聞きしたいのですが・・・  投稿者:よし  投稿日:2005年 1月 6日(木)13時30分52秒
おそるべしセレロン!
一般のアプリではHDDのスピードの方が気になるのでしょうが、将棋のプログラムでは;
キャッシュの性能が響くので、大きな差になるんですね。
セレロン と Pentium4 じゃ全く違うのはしょうがないですね。(値段も違いますし)



実は  投稿者:ぽこたん  投稿日:2005年 1月 6日(木)18時18分4秒
普通セレロンでもここまで遅くはないそうです。
どうもこのノートパソコンのチップセットに問題があるようで、今東芝に問い合わせを
しています。
それにしてもAthlon64が10秒強で出来てしまう一方で、チップセットが駄目だとセレロンで
50秒かかってしまうというのも因果な話です。
周波数ではセレロンの方が速いのですが…(周波数はなんの参考にもならないですが)。



選手権での定跡の扱い  投稿者:宮本  投稿日:2005年 1月 6日(木)21時24分35秒
選手権に出場する上での定跡の扱いについて協会に問い合わせたところ、明確な返答をいただきましたので転記します。

質問
>フリーの柿木形式「宮本定跡」の作者です。私以外にもネット上でフリーの定跡を公開
>しておられる方々がいます。私が知る限り全て柿木形式です。
>今回の選手権のルール改訂によって、これらの定跡を使っての参加が可能かどうかを、
>明示する必要があると思いますが、いかがでしょうか。
>私個人としては、使っていただくことを歓迎します。

解答
> はい、CSA選手権参加資格では「プログラムは、思考部を自作し、かつそれに
>オリジナリティがあるものに限る。」となっていますが、
>原則として単なる定跡データは「思考部に関するコード」とは
>みなさないことになっています。
> したがって、思考部開発者氏名に定跡データの作者を含める必要はなく、
>定跡データの作者が許すのでしたら複数の参加者が同じ定跡データを使って
>大会に参加しても構いません。
> また、CSA使用許可ライブラリの対象にもなりません。
> ただし、単なるデータかどうかの判断が難しい場合もあり、
>明文化することは難しいですので、具体例が出てきたときに
>CSAルール委員会が個別に判断するということになっています。
>
> なお、柿木形式のデータは既に先例がありまして、
>「思考部には含めない」と認められています。



Re:実は  投稿者:ほろよい  投稿日:2005年 1月 7日(金)00時47分43秒
ひとくちにセレロンといっても、タイプによって2ndキャッシュの容量が異なりますので差が出ると思います。私の自作デスクトップ(セレロン2.6G 128KBキャッシュ)でyssベンチマークを試して見ましたら、42.6秒でした。あまり良い数字ではないですね。
ぽこたんさんが、使用しているパソコン名が不明なので推測ですが、CPUによる影響が大きいのではないでしょうか?



第15回世界コンピュータ将棋選手権 参加者募集開始のお知らせ  投稿者:香山健太郎  投稿日:2005年 1月 7日(金)01時42分18秒
第15回世界コンピュータ将棋選手権受付担当の香山です。

遅くなりましたが、第15回世界コンピュータ将棋選手権の募集を開始いたしました。
詳細は http://www.computer-shogi.org/wcsc15/ をご覧ください。(現在は暫定版ですが、近日中に完成します。)
なお、今年から参加申込はWebサイトからのみの受付となりました。
 ( https://www.kap.co.jp/cgi-bin/rep_shogi/user.cgi?id=1 )
 申込手順は http://www3.tky.3web.ne.jp/~kayaken/apply.html をご覧ください。(近日中にCSAサイトに移ります)


   第15回世界コンピュータ将棋選手権 参加者募集のお知らせ


 最強を競う将棋プログラム同士による「第15回世界コンピュータ将棋選手権」を
下記のように開催いたします。主催のCSAは非営利団体であり、この大会はコン
ピュータ将棋の進歩を目的としたものです。
 参加者を募集しますので、ふるってご応募下さい。

1.日程 2005年5月3日(火)〜5日(木)
2.場所 〒292-0812 千葉県木更津市かずさ鎌足2-3-9
     かずさアーク http://www.kap.co.jp/
3.主催 コンピュータ将棋協会(CSA)
     http://www.computer-shogi.org/
4.協力 社団法人日本将棋連盟       http://www.shogi.or.jp/
5.協賛 日本AMD株式会社(予定)    http://www.amd.com/jp-ja/
     株式会社毎日コミュニケーションズ http://www.mycom.co.jp/
     株式会社アイフォー        http://www.ifour.co.jp/
     富士通株式会社          http://jp.fujitsu.com/
6.後援 経済産業省(予定)        http://www.meti.go.jp/
     社団法人情報処理学会       http://www.ipsj.or.jp/
7.賞品 優勝副賞:ノートパソコン
8.参加資格
     自作のプログラム1つ。機種は問わない(原則として持ち込み)。
     思考部にはオリジナリティがあること。
     ただし、CSAが使用を許可した思考部用ライブラリは使用しても良い。
     申込時にプログラムは動作可能となっていること。
8.参加費 1万円(申し込み時、郵便振替)
     送金後、不参加となっても返金しませんのでご注意ください。
     送金方法は申込サイトをご覧ください。
9.申し込み、問い合わせ
 ・申し込み期限 2005年1月31日
 ・申し込み先(今回からWeb申込になりましたのでご注意ください)
     次のURIにアクセスし、まずID登録をしてそのIDでログインしてください。
     その画面で参加申込・振込み日指定を行ってください。
     https://www.kap.co.jp/cgi-bin/rep_shogi/user.cgi?id=1
  申込手順は http://www3.tky.3web.ne.jp/~kayaken/apply.html をご覧ください。
  (近日中にCSAサイトに移ります)

 ・問い合わせ先
     電子メールで
         applyxcomputer-shogi.org (担当:香山 健太郎)まで
         (ここでは申込は受け付けません)

 CSAのホームページでも、実施要領や過去の選手権の結果・棋譜を掲載しています。
    http://www.computer-shogi.org/





CSAの例会が1月8日に東京女子医大にて  投稿者:山下  投稿日:2005年 1月 7日(金)08時53分59秒
CSAの1月例会が東京女子医大にて
1月8日(土)15:00より
東京女子医大の本部1F物理学教室で行われます。
会員でない方も参加可能です。
http://www.twmu.ac.jp/U/access/acc-main.html
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.41.38.180&el=139.43.24.748&la=1&fi=1&sc=2

激指の鶴岡さんと柿木将棋の柿木さんの発表がある予定です。
またCSAのLAN対応の将棋プログラムを作成された方は
対局サーバのテストも行えるとのことです。
http://www.computer-shogi.org/


Re:実は  投稿者:ぽこたん  投稿日:2005年 1月 8日(土)00時47分7秒
ほろよいさん
レスありがとうございます。
Celeron     1.8 GHz 25.0秒 棚瀬さん情報(ノート)
というのが勝手にベンチマークのページにあるんです。
おそらくこれはウィラメットかノースウッドだと思うのですが、128kのものだったと
思います。
そう考えると2.5GHzや2.6GHzのものが40から50秒と考えると遅いのでは・・・と思えてしまいます。

私のノートで使われているRADEON7000IGPというものが、メモリの速度が遅いらしいです。
HDDベンチのような単純にスループットを計るようなベンチで相場の半分程度との事です。
ちょうどキャッシュが小さく、なおかつメモリのスループットが半分程度と考えると
セレロン同士でくらべて倍かかるというのが何となく見えてくるような見えないような。
yssベンチというか、将棋ソフトは検討機能やヒント機能でキャッシュが多くメモリアクセス
が速い方が良い結果を出してくれるのではと考えています。

ベンチでAthlon64の速さにびっくりしましたが、メモリが速いとXPからこれだけ改善するのかと
妙に納得したばかりなのでこれもまたなるほどと唸っています。

山下さん
15回選手権応援してます。
大会の対戦記、大変ドラマチックで次回も楽しみです。
AI将棋3で大ファンになりましたが、東大将棋が出てきて以来因縁ライバル同士のように
楽しんでいます。9、10回の対戦記から間をあけて一昨年の結果(棚瀬さんのものを読みました)、
去年の対戦記と実にドラマチックでした。
今年はどんな事が起きるのかと楽しみでなりません。
それでは失礼いたします。



詰将棋プログラムにおける証明数の2重カウント対策の一手法  投稿者:山下  投稿日:2005年 1月11日(火)13時08分8秒
先日のCSA例会で発表された内容を
柿木さんが公開されています。
http://www02.so-net.ne.jp/~kakinoki/book.htm


柿木将棋の再現ツールバーを大きくしてください  投稿者:風の  投稿日:2005年 1月12日(水)12時57分38秒
柿木様

柿木将棋を愛用させて戴いております。
次回作では柿木将棋の再現ツールバーのボタンを大きくしてください。
年寄りなものでボタンが小さすぎて押し間違えます。



Re:柿木将棋の再現ツールバーを大きくしてください  投稿者:高橋  投稿日:2005年 1月12日(水)15時26分5秒
僭越ながら。
#僭越:身分や権限などを越えて、差し出がましいことをしたりいったりすること。

特定のソフトに対するご意見ご要望は、作者かサポートに直接ご連絡されたほうが
よろしいかのではないかと。

ところで、ツールバー(のアイコン)が小さく感じるのはご年齢のせいというより、
画面の解像度が高くなるに従って相対的に小さく見えるようになってきた、という理由が
大きいと思います。実際画面の解像度を落とせば、簡単に解決してしまいます。とはいえ、
それだと精細な表示ではなくなるので意味がないといえばないわけですが。

今現在の対処療法としては、[←][→]キーの短押し/長押し(リピート)と[Home][End]キーで、
再現ツールバーの代替が可能なようなので、これを使われてはどうでしょうか。
私の感覚では、ツールバーよりこっちを使った方が圧倒的に操作が楽に感じます。
要はショートカットキーと同じ感じですね。



思考ルーチンのアルゴリズムを学習  投稿者:wxw  投稿日:2005年 1月14日(金)15時14分31秒
思考ルーチンのアルゴリズムを学習したいのですが、
参考になる書籍はありますか?
コンピュータ将棋の書籍以外でですが。



Re:思考ルーチンのアルゴリズムを学習  投稿者:うさぴょんの育ての親  投稿日:2005年 1月14日(金)19時13分45秒
将棋以外、ですか。

リバーシのアルゴリズム SealSoftware著 工学社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4875934289

Scalable Search in Computer Chess 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/customer-reviews/-/english-books/3528057327/

なんてところでしょうか?

それから、人工知能の入門本では、基本のところには大概の本で触れてますね。
立ち読みして、αβ法とかMinimaxとか書いてあれば、買って読んでみると良いでしょう。

それから、おそらく3月になれば、コンピュータ将棋のアルゴリズムの入門書籍も出るでしょう。



64bit演算のアセンブラ化  投稿者:奈良和文  投稿日:2005年 1月17日(月)21時53分42秒
GPWで棚瀬さんに教わった、
64bit演算(利きデータの処理部分、ビット数のカウント、MSB取得 etc.)の
アセンブラ化ですが、7〜8%の高速化ができました。
ありがとうございました。



64bit演算のアセンブラ化  投稿者:棚瀬  投稿日:2005年 1月18日(火)20時26分52秒
ちなみに私は1年前のGPWで金子に教わりました。
GPWは役立ちますねw



Handtalkの解説ページの翻訳  投稿者:山下  投稿日:2005年 1月19日(水)22時40分25秒
松永さんがHandtalk,Wulu,Goemateのページのプログラムの説明を
翻訳されています。
http://homepage1.nifty.com/maznaga/IGO/handtalk/index.htm
http://homepage1.nifty.com/maznaga/IGO/index.htm


近代将棋道場での小関氏-YSSの角落ち戦  投稿者:山下  投稿日:2005年 1月20日(木)20時01分50秒
明日、1月21日の19時から近代将棋道場で
小関健太氏とYSSの指し込み5番勝負の第6局があります。
(1局目が千日手だったので)

ここまでの成績は小関氏から見て、
1局 = 平手
2局 ○ 平手
3局 ○ 香落
4局 × 角落
5局 ○ 香落
となっています。
http://www.kinsho.net/dojo/


BEHIND DEEP BLUE  投稿者:山下  投稿日:2005年 1月20日(木)21時08分25秒
DeepBlueの作者の一人であるHsuが書いた
BEHIND DEEP BLUE、という本を買ってみました。

その中にカスパロフとの1997年の再試合の最終戦、2.5-2.5で向かえた
最終戦の第6局の様子が出ています。
この時、カスパロフはわずか7手目(将棋流に言うと14手目)に
7. ... h6 という大ポカを指して、すかさずDeepBlueに 8.Nxe6 と
ナイトとポーンを交換する犠牲手を指されてあっというまに負けてしまいました。
http://www.research.ibm.com/deepblue/games/game6/html/move7b.html 7. ... h6
http://www.research.ibm.com/deepblue/games/game6/html/move8a.html 8. Nxe6

当時は、h6は単にポカだったのだろう、という話でした。
しかし、実は当時のFritzなどのパソコンチェスソフトはh6の後のNxe6という犠牲手を指せず
(定跡でわざと外していた。駒損した後の局面から、駒の働きの評価で有利に
進める指し方をできなかったので)もしDeepBlueも指せないならh6を指した方が
カスパロフの方が有利になります。
つまりカスパロフは「狙って」h6を指し、DeepBlueもNxe6とは指せないだろう、という
アンチコンピュータ作戦の「賭け」に出たのだ、という事です。

ちなみにナイトを捨てる手はDeepBlueの定跡の範囲内で、
11手目(将棋では21手目)の11. Bf4 から普通に思考しています。
(ここでの評価はポーン1個分優勢でほぼ「必勝」とのこと)

しかし読んでいると、カスパロフがDeepBlueを市販ソフトの高速版、
くらいにしか考えてなかったらしいのが大いに不満のようで、
そんなのと一緒にしないでくれ!、こいつは次元の違う手を指す機械なんだ!
という自負が強く感じられます。

返すがえすもDeepBlueがもう指せなくなってしまい、その強さを
比較できなくなってしまったのは残念ですね。
http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/0691090653/


激指のICGA2002年9月の論文  投稿者:山下  投稿日:2005年 1月21日(金)21時40分43秒
激指について論文ですがコンピュータ将棋の進歩4に載ってる日本語版とは
微妙に違うところがあるのに気づきました。

・評価値が更新した場合に再探索をかけるのはその手の遷移確率が0.5未満の時だけ。
・通常の深さ優先と確率探索の強さは、思考時間2倍の差で確率が強い(進歩4では5倍)
などです。
英語版の方が微妙に新しいみたいです。
http://www-tsujii.is.s.u-tokyo.ac.jp/~tsuruoka/papers/icga02.pdf



CSA選手権のWeb申込の注意  投稿者:山下  投稿日:2005年 1月22日(土)22時06分50秒
参加者リストに名前がなかったので、あれと思ってたのですが
申込ページの中で、名前とプログラム名を入力して「決定」を押すと、

「参加お申し込みが完了しました 閉じるボタンをクリックしてください」

と出ますが、ここで閉じるを押しただけでは『申込は確定していません』。

この後、メインページの一番下の
「申し込み または 変更を確定」
を押してメールを送信しないと確定しないようです。
http://www.computer-shogi.org/wcsc15/apply.html


Re:CSA選手権のWeb申込の注意  投稿者:高橋  投稿日:2005年 1月23日(日)02時19分20秒
> この後、メインページの一番下の
> 「申し込み または 変更を確定」
> を押してメールを送信しないと確定しないようです。

げ、そーみたいですね。カラクリが判ってない申し込み者、高い確率で事故起こしそう。
私もすっかりあのメッセージを信じ込んでました。参加者が減らなければ良いんですが。



Re:CSA選手権のWeb申込の注意  投稿者:都万  投稿日:2005年 1月23日(日)09時35分4秒
ちょっと、のぞいてみたけど、混乱を招くように設計しすぎているね。
「なんで応募するのにlogin名とかpasswordがいるんだ!」という疑問があるほか、個人情報保護法との兼ね合いから、インターネット上で個人情報を求める場合はその使用目的、使用方法、管理手段を明記しないといけないのに、それを怠っているし、また住所、電話番号という使わない情報まで収集してるから、違法な情報収集と言わざるを得ないのじゃないかな。
一般企業なら、懲戒免職レベルの問題だけど、彼の会社ならやってもいいのだろう。
まっ、ゴルフ上での暗証番号を盗む事件なんかあるから、passwordなんかは普段使わないpasswordに変えとかないといかんかもしれんな。
柿木さんのときは、こういう無用な混乱を招く事はなかったと思う。
柿木さんに戻して欲しいというのが、本音です。



Re:CSA選手権のWeb申込の注意  投稿者:香山健太郎(CSA選手権受付担当)  投稿日:2005年 1月24日(月)01時35分22秒
わかりにくい申込システムで申し訳ありません。
いろいろな制約から今回は改良の余地を残したまま
見切り発車になってしまいまして、お手数をおかけします。

次回以降できるだけ改良していきたいと思いますので、
問題点・改良案など指摘していただけると助かります。



申込みはやっぱりWEBでしょうか?  投稿者:I  投稿日:2005年 1月24日(月)16時43分39秒
CSA選手権のWeb申込をしたいのですが、
申込みはやっぱりWEBでしょうか?

1回で済ませたいのですが・・・



Webしかないです。  投稿者:うさぴょんの育ての親  投稿日:2005年 1月24日(月)22時18分35秒
はい、今回はWebからしか申し込みを受け付けていないそうなので、Webしかないです。

「一回で済ませる」という意味が良く分かりませんが、申し込み自体はそんなに面倒なものではなかったです。…分かりにくかったけど。



NHK杯の▲36歩  投稿者:山下  投稿日:2005年 1月26日(水)19時35分29秒
先日のNHK杯で羽生さんの▲36歩、という一発で大勢が決してしまう将棋がありました。
コンピュータにはルートの局面でこれを読むのはそれほど難しくないのですが
読みの深いところで生成させるのは難しい気がします。

YSSもこの局面では指せるのですが、この1手前の△33桂と跳ねる前の局面で
考えさせると、△33桂に▲36歩、という手は深さ2にも関わらず生成できません。
局面を序盤と判定していると▲36歩も読むのですが、
局面が馬を作られてたりして微妙に終盤っぽいので無視されてます。

△33桂の後の局面では全部で25手しか生成してないので、生成手数が少なくて
もっと深く読む時は候補を増やした方がいいのかな、と思います。
もしくは駒を捨てる手は同〜と取られたときには浅い読みで、
その損を取り返せるなら読む、とか。難しそうですけど。

後手:橋本崇載
後手の持駒:角 歩二 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
|v香v銀 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩 ・ ・v歩 ・v桂 ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩v銀 ・v飛v歩 ・|四
|v歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 金 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| 香 銀 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 玉 桂 銀 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:羽生善治
先手の持駒:香 歩 
手数=54 △3三桂 まで



Re:NHK杯の▲36歩  投稿者:うさぴょんの育ての親  投稿日:2005年 1月26日(水)19時50分25秒
うさぴょんは、ルートノードですら3六歩を生成出来ません(−−;

というか、より正確には生成はするのですが、あまりにも仮評価の点数が低いので無視してしまいます。

こういうのを見ると、手は全部生成して、確率探索で読みの深さをカットする方向で調整する方が賢いのかなぁとか考えちゃいますね。でも、確率探索のはずの(手元にある)激指2でも、この1手前の局面で33桂と跳ねる手は3六歩でまずい、というのは読めないようです。
やはり、深いところで読むのは相当難しそうですね。

ある程度深いところでも、候補手を絞るのに一旦先読みをするような処理をしていれば何とかなりそうですが。



Re:NHK杯の▲36歩  投稿者:高橋  投稿日:2005年 1月27日(木)00時05分25秒
> 読みの深いところで生成させるのは難しい気がします。

謎電では、この局面での▲36歩は5手+静止探索で最善手として判断できるようでした。
根ノードとその直下の子ノードではほぼ全幅で読むので、えらく安直に解けるようです。
で、調べてみると、3手目以降の深いノードでは手筋判定関数に引っかかってました。
具体的には、単に敵駒の1桝前(叩き)と2桝前(控え)に歩を打つ手は「手筋」と判断し、
読むようにしてるだけです。

この局面は82手の合法手があり、謎電はその内45手の幅で読んでいるみたいで、非常に
てか異常に効率が悪いことが判りました(汗)。この手を深いところで読めている
からと言って、高い棋力を実現できる根拠には全くなってないですね、謎電の実績
からして(笑)。つまりは、結局総合的なバランスの取り方がミソなのでしょう。

某恩本さん(特に名を出す)曰く、「強いソフトは枝刈が巧い」。至極。



Re:NHK杯の▲36歩  投稿者:恩本  投稿日:2005年 1月27日(木)00時31分18秒
備後将棋も初手と2手目はほとんどすべての手を生成して読みに回しています。
この33桂と指す局面では36歩も読んでいますが、イタレーション5以降では
35歩を先に読んでいてこの手がベータカットになっていて36歩まで読みが
行っていませんね。

でこの局面で最善手は△39飛成になります。



Re:NHK杯の▲36歩  投稿者:都万  投稿日:2005年 1月27日(木)05時46分52秒
▲3六歩は、気づいてはなかったけど最善手だと思う。
ただ、この局面はすでに後手が形勢を損じていて、他の手でも先手がよくなるような気がする。
直感は▲3七歩だけどこれは△2五桂があってヤブヘビだし、▲1二馬は△3九飛成、▲2四飛、△2八歩となって△3三桂が備後将棋が指し示した変化より桂を逃げている分後手が得をしてるので指しづらく、▲3五歩もあるけど△同飛、▲2四飛、△2五飛となってこれも△3三桂が生きる形になる。
そういう読みから▲3六歩が羽生の頭脳に発生したのではないかな。

問題は、橋本君がずっと前に指した△6二金左に疑問があって、これは▲2四歩、△同歩、▲同角、△2二飛、▲2五歩の形になったときに△4四角を指したいけど、▲5一角成があるので指せない。
ただ、わざとここで角を成らせて△2六歩が橋本君の読みにあると思うので△6二金左は疑問手でないという研究。

それより前の△9二香に疑問があって、これは△9五歩を指しているので将来△9六歩、▲同歩、△9七歩、▲同香、△8五桂と攻める狙いがあるので8五桂を生じさせる為に△7三桂の形にしておきたい気がする。
つまり、穴熊ではなくて銀冠の方が9五歩が生きると思う。
鈴木さんちのお子様(大介君)なら、そっちを指しているような気がします。



人工知能で名人を超えろ(2/5 放送予定)  投稿者:橋本@TACOS  投稿日:2005年 1月27日(木)21時20分4秒
NHK教育のサイエンスゼロという番組でコンピュータ将棋が取り上げられます。
「人工知能で名人を超えろ」というタイトルで2月5日放送予定だそうです。
ホームページにも載っていました。
http://www.nhk.or.jp/zero/

飯田研究室にも取材に来られていました。おそらく遠州将棋祭りの話も出るかと
思います。



Re: 人工知能で名人を超えろ(2/5 放送予定)  投稿者:山下  投稿日:2005年 1月29日(土)20時34分16秒
今日の放送の最後にちらっと予告が出ていましたね。
コンピュータ将棋だけで番組が作られるのは初めてなので楽しみです。



選手権の申込は今日(1月31日)までです  投稿者:山下  投稿日:2005年 1月31日(月)05時26分52秒
お忘れの方はお早めに。
http://www.computer-shogi.org/wcsc15/


ICGAのバックナンバー  投稿者:山下  投稿日:2005年 2月 1日(火)04時15分7秒
最近、文献集めに凝っていてICGAの全バックナンバーを購入してみました。
1984-2000年まで、一年で4冊、16年で約64冊。
これにAdvances in Computer Chessの7,8,9巻(これ以前は在庫なしだそうです)
と2005年分の会費込みで300ユーロ(約40,200円)。
でした。(まとめて買うと色々割引してくれるみたいです)

めちゃくちゃ大量にくるかと恐れていたのですが、ダンボール1箱に収まって、
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/icgaback.jpg
カラーボックスの1列を占拠するだけですみました。
http://www.cs.unimaas.nl/icga/Journal/backissu.htm


Hydra  投稿者:HydraWatcher  投稿日:2005年 2月 2日(水)11時11分27秒
Hydraの最新情報
32ノードマシンだそうです。
http://hydrachess.com/hydra-scylla.html



AI将棋の「次の一手」  投稿者:technology  投稿日:2005年 2月 2日(水)14時36分15秒
こんにちは。
AI将棋を活用しています。

要望として、AI将棋の「次の一手」の思考選択を
棋譜解析での思考選択方法にして欲しいです。(候補手上位3手表示)


(思考選択)

3級   (高速)
初段  (1手 1秒)
二段  (1手 5秒)
三段  (1手10秒)
三段強 (1手20秒)
四段  (1手30秒)
長考  (1手60秒)
研究1 (1手 3分)
研究2 (1手10分)
研究3 (1手30分)


できれば、「AI将棋 優勝記念版」「AI将棋 ver.12」での
アップデート変更を希望します。
ご検討下さい。



Re: AI将棋の「次の一手」  投稿者:山下  投稿日:2005年 2月 2日(水)19時23分31秒
検討いたします。
ご要望ありがとうございました。



Re: Hydra  投稿者:山下  投稿日:2005年 2月 2日(水)19時25分21秒
うーむ、32ノードですか。
確か今までは16ノードでしたから倍ですね。
どうやら彼らは安上がりなDeepBlueを作る気かもしれませんね。
とはいっても相当な金額でしょうけど。

http://www.talkchess.com/forums/1/message.html?408476
ここによると、
来月の2月23日-27日にドイツのパーダーボルンで開催される
第14回IPCCC(International Paderborn Computer Chess Championships)
http://wwwcs.upb.de/~IPCCC/
で使うつもりらしいです。



Re: Hydra  投稿者:山下  投稿日:2005年 2月 2日(水)21時21分44秒
以前、Coputer-GoのMLでHydraの速度について記述があり、
http://computer-go.org/pipermail/computer-go/2004-October/001336.html
これによると、16台FPGAのマシンで4000万局面/秒、の速度が出るそうです。

32台だと単純には8000万局面/秒ですか。
1997年のDEEP BLUEが2億局面/秒(20000万局面/秒)だったので、
ほとんど追いついてきましたね。

ちなみに普通のパソコンで動くShredderは
200万局面/秒 Opteron246(2.0GHz) x4
です。4CPUのQUADマシンなので普通とは言えないかもしれませんけど

さらについでにYSSは40万局面/秒 Opteron248(2.2GHz) x2 です。



Hydraについて(続1)  投稿者:山下  投稿日:2005年 2月 3日(木)04時17分16秒
Hydraについてもう少し調べてみました。
作者のChrillyによると、
http://computer-go.org/pipermail/computer-go/2004-October/001176.html
10月のスペインで戦ったHydraのFPGAは
30MHzで動いて、1局面のために9クロックサイクル、を要するそうです。

ということは、
30MHz = 30*1000*1000 = 30000000 Hz
30000000 Hz / 9 = 3333333 = 約300万局面/秒

1つのFPGAで300万局面。
このときは8台のDualCPUマシンに2台づつのFPGAで計16台で300万*16 = 4800万なので
だいたい4000万局面/秒。

ちなみに、IntelのCPU同じことをやらせると40,000命令を使うらしいです。
最後の深さ3手まではソフトウェアで探索し、ハードでは最後の深さ3手と静けさ探索を実行します。


しかし、現在開発中のマシンでは(おそらく今回の32ノードのマシン)
FPGAの中に2つのチェスコアが入っているそうです。
つまり今回のは16台のDualマシンで、32枚のFPGAが刺さっていて、
計64個のチェスコアがあるらしいです。
http://computer-go.org/pipermail/computer-go/2004-October/001181.html
このマシンでは毎秒3億局面!読めるだろう、とのこと。
DEEP BLUEを抜きますね。



Hydraについて(続2)  投稿者:山下  投稿日:2005年 2月 3日(木)05時00分21秒
http://computer-go.org/pipermail/computer-go/2004-October/001334.html
去年の10月にビルバオで行われたMan-MachineマッチではELOで2950ぐらいだろう。
しかし3000を超えるのは難しいだろう。なぜなら白番で人間が初手d4と指し、
なおかつドローを狙って指せばおそらく黒のコンピュータは勝つのが非常に難しいから。
より攻撃的な定跡を採用する必要があるだろう、
などなど。

DeepBlueとの比較については、

探索についてはハードウェア探索はソフトウェア探索には及ばない。
DeepBlueのハードウェア探索には
・Killer Moveがない。
・Null Moveも実装されてない。
など貧弱だったが、DeepBlueはHitechとかBelleといった昔のハードウェア探索よりは優れていた。
しかし、Hydraには劣っている(どちらもあるので)。

評価関数はソフトウェアを凌駕しうる。
中盤においてはHydraの評価関数はFritzやShredderより優れている。
攻撃されている場所やピンされている駒などを瞬時に判定できるためだ、
しかし終盤においては逆転される。
http://computer-go.org/pipermail/computer-go/2004-October/001344.html

などなどです。
DeepBlueの評価関数はFritzとかよりも優れているんだ、というHsuらの主張は
本当かな?と思ってたのですが、取り合いを一瞬で計算できるハードウェアなら
そういうこともあるのかな、と半信半疑で思ってます。



Re:Hydraについて  投稿者:HydraWatcher  投稿日:2005年 2月 3日(木)09時20分55秒
>DeepBlueのハードウェア探索には
>・Killer Moveがない。
>・Null Moveも実装されてない。
ハードウエア・ソフトウエアにも実装されていない(あえて実装していない)。

これは、推察ですが、HydraのハードにもNull Moveは実装されてないと思います。
残り3手でNull Move探索をやってもあまり意味がなさそう。


>しかし、現在開発中のマシンでは(おそらく今回の32ノードのマシン)
>FPGAの中に2つのチェスコアが入っているそうです。
たぶん、1つのマシンに2枚のPCIカードが刺さるのだと思います。



Re:Hydraについて  投稿者:高橋  投稿日:2005年 2月 3日(木)15時47分18秒
示された記事の原文の方も一通り読みました。

>ということは、
>(中略)
>だいたい4000万局面/秒。

先の記事で「理論上40M局面/sec.」という記述があったので、どういう
計算でそうなるのか想像はついてましたが、CPU-FPGA間の通信コストに
ついて正確に語られている情報がなかったので疑問に思ってました。
この数字を正しいとするなら、処理時間のうちの約2割がCPU-FPGA間の
通信で喰われてますね。これを多いと見るか少ないとみるかは微妙なところ。

>ちなみに、IntelのCPU同じことをやらせると40,000命令を使うらしいです。

IntelのCPUとは、つまりはPen4のことでしょうけれども、IPC値が大体2位
なので、約20,000clocks/局面ということになって、仮に4GHzのPen4
を使ったとすれば、約200,000局面/sec.程度ということで、単純計算で
1桁は速い、というわけですね。

Chrilly本人も言ってますが、ソフト探索とハード探索では、探索レートだけで
比較できないとしても、1つのFPGA当たり約300万局面/sec.というのは
(現時点では)魅力的な数字でしょう。置換表引がないとか、ソフトと比べて
探索ロジックが単純化されているとか書いてありましたが、このあたりで
どのくらい効率を変化させているかは、なんともいえないところですが。

#>たぶん、1つのマシンに2枚のPCIカードが刺さるのだと思います。
#そのように山下さんも書かれてますし、記事にも書かれてます。



Re: 人工知能で名人を超えろ(2/5 放送予定)  投稿者:山下  投稿日:2005年 2月 6日(日)01時48分42秒
見てみました。
一般の人に分かりやすいように作っているため、あまり細部にはこだわらない
編集でしたね。

遠州将棋祭りで最後に人間と決勝をやった様子は流れるかと思ってたのですが
見れずに少し残念でした。
個人的には最初に真鍋さんがオセロぼこぼこに負けるシーンが一番面白かったです。

再放送はBSと地上波で2回予定されているそうです。
再放送:2月8日(火)02:10〜02:54(衛星第2)
再放送:2月9日(水)0:00〜0:44(教育テレビ)★火曜日の深夜です★
http://www.nhk.or.jp/zero/


Re:Hydraについて   投稿者:宮本  投稿日:2005年 2月 6日(日)13時34分56秒
もう既にコンピュータテェスは市販パソコンソフトに勝てる人はほとんどいない状況において、Hydraの開発費はどこから出てるのでしょう?



Re:Hydraについて  投稿者:山下  投稿日:2005年 2月 6日(日)14時34分51秒
アラブ首長国連邦(UAE)にあるPal Groupという会社の創始者の一人である、
コンピュータチェスに興味を持っているAli Nasirさんから出ています。
http://www.chessbase.com/newsdetail.asp?newsid=1866


Re:Hydraについて    投稿者:宮本  投稿日:2005年 2月 6日(日)18時02分42秒
山下さん、お返事ありがとうございます。

コンピュータチェスが行き着く所まで行ったら、Hydraの出資者、開発者が将棋の方に転向してくれないかなという期待が少しありますが、まず難しいでしょうか。



アマ竜王戦  投稿者: 投稿日:2005年 2月 7日(月)20時12分31秒
ついにアマ竜王戦に出場。
http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20050207i411.htm
まだちょっと難しいかもしれませんが、YSSが
1勝することを期待しています。その前に5月の選手権で優勝ですね。



Re: アマ竜王戦  投稿者:山下  投稿日:2005年 2月 8日(火)02時05分44秒
開発者側としては、これはとても名誉あることでうれしいですね。
選手権に向けてのモチベーションも上がりますし。
県予選から勝ち上がって行くのも面白そうなのですが、それだと
さすがに代表になるのには、相当な年数がかかりそうですから。

将棋パイナップルさんでも情報がたくさん流れてました。
http://shogi-pineapple.com/bbs/mibbs.cgi?mo=p&fo=ama&tn=0066&rn=30


オンラインでCPUの計算能力を売買  投稿者:ときた  投稿日:2005年 2月 8日(火)20時47分23秒
こんばんわ、ときた@デーモン将棋です。
面白い記事を見つけたので書き込みしておきます。

> 米サン・マイクロシステムズ社は3日(米国時間)、米アーキペラゴー・ホールディングス社と
> 協力して、コンピューターの処理能力をオンラインで売買できる世界初の電子取引所を開設
> すると発表した。企業が必要に応じてCPUの計算能力を購入・取り引きできる仕組みを提供
> する。

オンラインで使えるのなら面白そうなことができそうです。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/business/story/20050207102.html


Re:アマ竜王戦  投稿者:高橋  投稿日:2005年 2月 8日(火)22時48分46秒
> 第15回コンピュター将棋選手権大会国内最優秀ソフト

「第15回世界コンピュータ将棋選手権大会最優秀システム」ではなく
「第15回コンピュター将棋選手権大会国内最優秀ソフト」なんですね。

揚げ足はとりたくないのですが、あまりにも微妙すぎる表現で、解釈が
極めて難しいところです。日本人は大人ですからね。



Re:オンラインでCPUの計算能力を売買   投稿者:宮本  投稿日:2005年 2月 9日(水)14時15分10秒
このページを読んでいる人なら当然知りたいのは、そのシステムで将棋ソフトを動かすことができるかということでしょうが、どうなのでしょう?



Re:オンラインでCPUの計算能力を売買  投稿者:うさぴょんの育ての親  投稿日:2005年 2月 9日(水)15時07分5秒
「売買できる」計算能力というと、おそらく並行性の高いものだと思うのですよねぇ…。
Webサーバとか、データベースとか、一時的にアクセスの集中するもの。
そういうものを想定してサービスしているのでしょう。

将棋は…選手権の時だけとか、人間と勝負するときだけCPU負荷が高いっていう見方もできますが(笑)、残念ながら並行性が低い(投入するマシンの台数に対して、その√倍早くなれば良い方だと言われています)ので、効果の程は謎です。
元記事の方を見に行ってみたんですけど、CPU1時間1ドルっていう値段は魅力的ですが、きっと借りられるCPUの能力が揃っているわけでもないのですよねぇ…。そういうグリッド環境で高速にプログラムを動かすのって、なかなか難しいのです。

その前に、Sunグリッドがいくらするのかが一番の問題でしょうか(笑)。



Arimaaの大会  投稿者: 山下  投稿日:2005年 2月12日(土)09時57分40秒
カスパロフがチェスで負けたのを機に作られたArimaa(アリーマ?)という
新しいゲームの大会が開催されてます。

コンピュータ同士の大会は先月あって、Bombというプログラムが参加4チームで
優勝しています。作者はMFGのFotlandです。

今は、人間対コンピュータの対戦(8試合)が行われています。
現在、人間の2連勝中のようです。
http://www.cs.unimaas.nl/icga/news/events/Arimaa/arimaa.html

で、このアリーマというゲームなんですが、8x8の盤で各自16個の駒(6種類)を使うのですが
・1手に4回駒を動かせる。
・初期配置は自由に選べる。
という変わったルールで、組み合わせが膨大になってコンピュータに不向きなような
作ってあります。落とし穴とかもあったりします。

ArimaaのFLASHで作られた遊び方の解説(なんか妙にかっこいいです)
http://arimaa.com/arimaa/learn/flash/vs/new/ 
http://arimaa.com/arimaa/



Cellプロセッサー  投稿者: 宮本  投稿日:2005年 2月15日(火)22時08分10秒
プレイステーション3やワークステーションに搭載される予定のCellプロセッサーが発表されました。

http://ascii24.com/news/i/tech/article/2004/11/29/652819-000.html
http://ascii24.com/news/i/tech/article/2005/02/09/654178-000.html
http://ascii24.com/news/i/tech/article/2005/02/10/654207-000.html

肝心の速度についてですが、「すべてのコアを並列動作させた時のトータル性能は、現行のパソコン用CPUの10倍以上を有する」とかなり漠然とした表現になっています。
マルチメディア用のCPUですから、整数演算しか使用しない将棋ソフトを動かした場合の速度は見当がつきません。
現在発表されている情報の中から推測できるでしょうか?

これまでに流れていた情報から、もしかしたらゲーム機でパソコンを大幅に越える強さを持った将棋ソフトが動くようになるのではと期待していたのですが、そうでもなさそうですね。

でも、現行のパソコンと同じかそれ以上の速度があるなら、ゲーム機の価格から考えて、例えば10台のプレイステーション3をつなげるということができるのならどうなるのか興味があります。


コンピュータ将棋のアルゴリズム  投稿者: 山下  投稿日:2005年 2月23日(水)16時17分37秒
うさぴょんの池さんが書かれた本が出版されています。

基本的なことはほとんど網羅されていて
将棋のルールまで!書かれています。 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4777511103/



Re:コンピュータ将棋のアルゴリズム  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 2月23日(水)18時08分8秒
めずらしくだんなが静かだなあ、と思ってたら…
あとは選手権の成績如何で、初版で終わるか増刷が決まるか
分かれ道になるわけですね:-)

#まさか、レビューを自分で書くようなことはしないよね!?(笑)


Re:コンピュータ将棋のアルゴリズム  投稿者: うさぴょんの育ての親  投稿日:2005年 2月23日(水)20時38分13秒
> 基本的なことはほとんど網羅されていて
> 将棋のルールまで!書かれています。 

山下さん、もう読まれたんですか?
発売日が今日なのに。
まぁ、一部でフライング販売されてたみたいですが。
あ、それとも、目次を見ただけ?(苦笑)

> めずらしくだんなが静かだなあ、と思ってたら…
いや、この本で忙しかったのは2月の7日くらいまで(笑)
後は、仕事です。

> #まさか、レビューを自分で書くようなことはしないよね!?(笑) 

著者からの紹介文は書きましたよ(笑)。
しかし、なんぼなんでも、レビューはさすがに自分ではできないです(笑)。

ついでに。工学社のページでも紹介されてます。

http://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/4-7775-1110-3


Re:コンピュータ将棋のアルゴリズム  投稿者: 山下  投稿日:2005年 2月23日(水)21時25分4秒
新宿のヨドバシで買って来ました。
出版社が同じなだけあってリバーシの本と
表紙の雰囲気とか作りは似てますね。


5x5の碁、解かれる  投稿者: ときた  投稿日:2005年 2月23日(水)21時58分14秒
こんばんわ、ときた@デーモン将棋です。
既知かもしれませんが囲碁関係のニュースです。

> オランダのErik Van Der Werk氏が、コンピュータを使って5x5の囲碁を「解いた」
> (中心から始めて黒25目勝ちになる)そうです。

だそうです。

本買わせていただきます>うさぴょんの育ての親さん 
http://slashdot.jp/articles/05/02/23/1114203.shtml?topic=31



Re: 5x5の碁、解かれる  投稿者: 山下  投稿日:2005年 2月24日(木)04時34分56秒
2002年の論文ですからまた随分古いニュースの記事ですね。

リンクの記事に
>(2002年10月に発表されていますが、2005年1月27日に証明(defend)されたようです)。
とありますけど、これはただ単にドクター論文が受理されただけのような気もします。

この論文に関しては以前、CGFの例会で清愼一氏と共同で発表した資料があります。
(パワーポイントですが)
オイラー数、とかいうものを眼型の評価関数に使っているのが面白かったです。
http://www.yss-aya.com/5x5-cgf.ppt


Re: Cellプロセッサー  投稿者: うさぴょんの育ての親  投稿日:2005年 2月24日(木)13時09分45秒
何かフォローがいまさらですが(^^;

残念ながら、消費電力の問題があるので、PlayStation3に入るものはかなりクロックを落としたものになると思います。ただし、それでも、「並列で計算可能なもの」なら現状のパソコンの5倍くらいの速度は出るでしょう。
しかし、以前から繰り返している通り、将棋の場合、並列で計算してもあまり早くならないですし、しかも、このプロセッサーの場合、メモリを共有するのではなく、各CPUコアに分散したメモリが載る形式ですので、通信コストが大きくなり、並列計算では速度をほとんど稼げない感じです。
また、PS3にネットワーク機能が付く可能性は高いですが、将棋のプログラムを実行するには、ネットワークとして使えるのが100BASE-Tという形式はあまりにも遅いです。(1000BASE-Tでも遅い。いずれにしても、遅延が大きいので。)

そんなわけで、過度に期待は出来ないというのが残念な結論です。

Cellを載せたワークステーションに、専用の通信ハードを載せての並列化なら面白いかも知れませんが。


IPCCC(コンピュータチェスの大会)  投稿者: 山下  投稿日:2005年 2月24日(木)14時09分26秒
参加16チームで大会が23日から開催されています。
27日まで9試合をするようです。
注目のHydraは2連勝。今、Shredderと対戦してます。
どのくらいぶっちぎりで勝つのか楽しみです。
http://wwwcs.upb.de/~IPCCC/IPCCC2005/games.html
http://wwwcs.upb.de/~IPCCC/


Re:Cellプロセッサー  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 2月24日(木)18時18分44秒
> Cellを載せたワークステーションに、専用の通信ハードを載せての並列化なら面白いかも知れませんが。

Cellに合わせて(そのポテンシャルを引き出すために)プログラムを改造
する労力と、そうすることで得られる性能を秤にかけての話、というところ。

おっしゃる通り、面白い、だけで、実にはなりそうもないですね。
Cellは探索に向いたプロセッサとは思えないので、謳い文句通りの
性能は出ないでしょう。WS版については私も以前に書いた気がしますが、
結局、主に3D画像処理向けに特化させてるモノに期待してもしょうがない、
というところですか。


Re:IPCCC(コンピュータチェスの大会)  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 2月24日(木)18時30分12秒
> どのくらいぶっちぎりで勝つのか楽しみです。

その後、Hydraを参考にしたシステムが選手権に出てくるのが楽しみです。
何年後になるかは判りませんが:-)


Re:IPCCC(コンピュータチェスの大会)  投稿者: 山下  投稿日:2005年 2月28日(月)20時50分56秒
> その後、Hydraを参考にしたシステムが選手権に出てくるのが楽しみです。

ちょっと興味があってHDL(Hardware Discription Language)の本を買ってみました。
やっぱりというか、ソフトウェアとはかなりイメージが違いますね。

チェスの大会は、優勝はHydraで7勝0敗2引。
2位はHydraに負けたShredderで7勝1敗1引
この2つが抜けて強かった感じです。

順位  Program  勝敗引  勝数 ソルコフ?
 1   Hydra     7-0-2   8.0  44.5
 2   Shredder  7-1-1   7.5  43.0
 3   Gandalf   4-2-3   5.5  47.0
http://wwwcs.upb.de/~IPCCC/IPCCC2005/r3.HTM

写真も少しあります。(ドイツ語ですけど)
最初見つからなかったのでてっきりオンラインの大会なのか、とか思ってました。
http://www.computerschach.de/index.php?option=com_content&task=view&id=119&Itemid=1


jyousekixgreen.livedoor.com  投稿者: 宮本  投稿日:2005年 3月 2日(水)16時59分6秒
無料柿木X以降用平手定跡ファイル、「宮本定跡2005」を公開しました。
登録局数が1万5000局から2万局に、手数が約40万手から約48万手になりました。

既に「宮本定跡はかなり強い」という報告をいただいております。
やっと選手権に出しても恥ずかしくない完成度に達したと思います。

他人の作成した定跡を選手権で使うためには「定跡の開発者が了承すればよい」とコンピュータ将棋協会に確認しましたので、宮本定跡を使って選手権に出場したいという方はメールで御連絡ください。

http://members.ld.infoseek.co.jp/jyouseki/page002.html


失礼しました  投稿者: 宮本  投稿日:2005年 3月 2日(水)17時06分9秒
すみません、タイトルのところに私のメールアドレスを入れてしまいました。
このごろ私は柿木将棋[の出る前に自分のページを更新するために、とても疲れているのでお許しください。


CGF特別例会が4月9,10日に。  投稿者: 山下  投稿日:2005年 3月 5日(土)20時28分11秒
CGF特別例会(コンピュータ囲碁の大会)が
4月9日、10日に東京の電通大にて開催されます。
19路と9路の大会が行われます。
締め切りは3月31日までです。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA012620/


最近  投稿者: 【春気分♪】0^)/  投稿日:2005年 3月10日(木)21時20分12秒
近将ネットなどで、ソフト指し、が話題となっていました。
私はネットオセロもしてますが、ここでも各同好会ホムペで
ソフト禁止を訴えているにもかかわらず、根絶ができません。
多分注意書き程度では、人数は減るでしょうが、所詮
ネットでのソフト指し根絶は人間界の特性を考えると
まったく不可能と思われるのです。
私なんかはオセロサイトで大変な思いをしたこともあるので、
はっきりあきらめモードです。
最近は将棋ソフトも強くなり、終盤詰め段階ではプロをも超えると聞きました。
ならばこそ、ソフト指しは異常に脅威です。
ソフト指しから絶対防衛できて、絶対の信頼を持って
大会を行ったり、参加したりしたいのですが。
そんな私はいったいどうしたら良いのですか??
ソフト開発者の人たちは、どう考えてますか??
現実には、近将ネットなどの大会は、もはや公正性の
問題から不成立だと考えてます。
(優勝者レベルでの影響は無くても、真面目にやっている人たちが、
不正にプロまたはアマ強豪と指す機会を奪われてるというような
ことがあるとすれば、もはやそれは公正な大会とは言わない!
と思うからです)


Re:最近  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 3月11日(金)00時54分54秒
>そんな私はいったいどうしたら良いのですか??

ズバリ、あなたの信念のままに、あなたの将棋を指してください。誰にも頼らず、
そして誰からも命令されず、指したい手を指せるあなたは幸せなのです。
ソフト指しをしている人々は、コンピュータに使われている者に成り下がって
しまっているだけです。単なるソフトの奴隷になってしまっていることに
気がついてないのです。そういう人は、かわいそうだ、と思ってあげてください。

>ソフト開発者の人たちは、どう考えてますか??

例えば、詰があるかどうかを確認できる機能がついていること自体は
善でも悪でもない。それをどう使うかは、それを使う人間の問題です。
例えば科学という学問は、人間の生活を豊かにしてくれる知識を与えてくれます。
しかし、逆に大量に人を殺せる兵器を作る知識にもなります。それと同じです。
高度の有用性があるものほど、そういう性質があるということです。

プログラムを扱う者に、核を扱う慎重さを要求されても困りますが、
「ソフト指し」の問題は、ネットワーク社会が本質的に持っている欠陥が
生み出した詐欺的行為の一つと言えるでしょう。しかし、法律を作って
規制するようなことではないと思います。
その人の良心が痛むか痛まないか。痛むのならやめるだろうし、
痛まないなら、実社会の中でも、生きてゆけなくなるだけのことです。


Re:最近  投稿者: 【春気分♪】0^)/  投稿日:2005年 3月11日(金)01時42分11秒
残念ですが、そのようないいかげんな内容では。
ネット将棋同好会活動等行う気にはなりません。
いくら自分だけが信念のままに指したとして(大笑い)
ソフト指しが横行していれば、まったく公正な大会ができないことは
自明の理なのです、ソフト指しは愉快犯も多く、
ソフト指しっぽい人のマナーの悪い確率も高いといいます。
オセロなどでも、相手がソフトという場合の不愉快さは
ものすごいもので、オセロ同好会対抗戦などでも、喧嘩になりそうな
物になります。(リアルなら殴り合い必死と思われる)
そして、ソフトが人間のトップを超えた分野で機械相手に
私の頭で勝てるわけがありません^^;
とにかく、真面目な剣道の試合で、いきなり機関銃ぶっ放されて
しまったような、ものすごい不愉快さなのです。
それは通常ものすごくいやなのですが、それでも
イベント性が無ければまだいいです。
問題は近将ネットのごとく賞金大会の場合
(コンピュータに使われている者に成り下がって
しまっているだけです。単なるソフトの奴隷になってしまっていることに
気がついてないのです。そういう人は、かわいそうだ、と思ってあげてください。)
などというのんきなな考え方で解決すると思いますか??
そんな馬鹿な話はないと思います
プロすら超えた分野があるということは非常に重いことなのです。


Re:最近  投稿者: うさぴょんの育ての親  投稿日:2005年 3月11日(金)01時47分50秒
既に高橋さんが言い尽くした感もありますけど、高橋さんが書いていない側面から。

ちなみに、私自身は、ネットで将棋を指しますが、正直相手がソフトだろうが人間だろうが
「どうでもいい」です。「いい将棋」が指せれば、相手が誰だろうが、それで十分です。

ですので、あなたの、「強い人間と指す機会が不正に奪われている」という論調は
「そう感じる人もいるんだ」という程度にしか感じられません、ということを最初に
お断りしておきます。

> そんな私はいったいどうしたら良いのですか??
どうしてもソフトを相手にしたくないなら、ネットは諦めて、将棋道場などで対面して
指すことをお勧めします。
#しかし、オセロは相手を探すのが難しいのだろうなぁ…。オセロクラブもあるんでしょうけど。

でも、ネットでは、ソフトの脅威よりも、相談将棋の方が遥かに脅威だと思いますけどねぇ。
ソフトの強さなんてたかがアマ4〜5段に過ぎませんが、4〜5段の人間が複数人集まって
相談しながら指し手を決めてたりしたら、絶対にその方が強いですから。

そういう意味では、ネットでの大会は「信じられない」ものです。
ネットでの大会で、大きな賞金を出すのはナンセンスかも知れません。

しかし、将棋指しの「プライド」を信じて大会が行われている、と、そう思っています。
あなたが将棋指しの「プライド」を信じられないなら、大会に参加しないことでしょう。
誰も信じなくなって、誰も参加しなくなれば、大会も自然に消滅します。
大会運営側は、誰も参加したくなくなるようなルールになっていないかどうか、気を配る
ことになるでしょう。そして、それは、大会運営者の義務です。

ところで、世界コンピュータ将棋選手権だって、やろうと思えばインチキはいくらでも
出来るようなルールですが、今のところ大会参加者は、互いを信じて参加していますね。

>ソフト開発者の人たちは、どう考えてますか??
やがては将棋もチェスと同じ道を辿ると考えています。
チェスでは、コンピュータをお互いに積極的に使う「アドバンスドチェス」も行われていますし、
一方で、コンピュータを不正に使用することができないように規制・工夫が行われています。
#結果として、対戦者はかなり窮屈なようですが。


ところで、携帯電話の普及で、ソフト以外に、「電話で強い人に相談する」という脅威が
既に生じていますよね。ソフトだけ規制してもどうしようもないでしょうね。


ソフトの脅威は  投稿者: 【春気分♪】0^)/  投稿日:2005年 3月11日(金)10時15分50秒
相談将棋のような、かなり長い時間が必要ではなく。
持ち時間のかなり短い将棋でも、可能な点です。
チャットなどで、相談するとなりますと、
1回の考慮時間で数分はかかると思われます。
また、相談相手より自分だ強い!と思えば
言うことも聞かないでしょう。
しかし相手が機械であり、実績もでてきた現在では。
いまさらプライドもくそもないと思います。
さらにソフト指しなら、即リアルタイムで指してを
割り出すことができるようで、実際オセロでは
1分持ち時間戦でもソフト指しができる人がいるそうです。
すなわち、相談将棋などに比べて、はるかに排除することが困難です。
現実には、将棋の場合、相談将棋が怖いだけなら3分ぐらいの
時短戦で行えば、殆ど介入不可能ですが、ソフトの場合
それでは不十分です、介入阻止の困難さに大差があります。
また相談将棋なら終盤詰め段階でも、私自身鍛えれば。
とまだ思えますが、いまさら機械を相手しよう等とするのは
車に走って勝とうとするぐらいナンセンスな話です。
おそらくネット将棋に対して、将棋ソフトは
最大の問題だと思います。
ネットで本格的な大会ができない、ということになれば
その最大の原因は、将棋ソフトにあるといわれても。
現在のままでは仕方がないと思います。


ソフトの脅威は(書き足し)  投稿者: 【春気分♪】0^)/  投稿日:2005年 3月11日(金)10時59分23秒
今までとは違う、画期的な対策が絶対必要と思います。


Re;ソフトの脅威は(書き足し)  投稿者: tss-master  投稿日:2005年 3月11日(金)12時27分33秒
>今までとは違う、画期的な対策が絶対必要と思います。 

私は、コンピュータ将棋の棋力向上を強く望んでいる者です。
過去にも、この掲示板に、「打倒プロ棋士」と煽ってきました。(^^;

私のいいかげんな意見として、

まず、【春気分♪】0^)/ さんの「画期的な対策」を将棋ソフトに求めるのは
見当違いです。

将棋ソフト指し迷惑に関しては、将棋ソフトに「画期的な対策」を求めるのではなく
将棋ソフト指しをする、人間のモラルに「画期的な対策」を求めるべきです。

仮に、将棋ソフト指しを辞める人がいなくならないとして、
これ以上、将棋ソフトを強くしない、将棋ソフトを販売しない、等の対策を
講じたとしても、それは直接的に将棋ソフト指し迷惑を解決した事にはなりません。

例を挙げれば、
車の事故による死亡率が多い為に、車のスピードを100`以上出ないようにする。
刺殺犯罪が多発の為に、刃物をあまり切れないようにする。

上記の画期的な対策?は、事故死亡率や刺殺犯罪を減少はするでしょうが
その問題の根本的な問題を解決した事にはならないでしょう。

人間のモラルに「画期的な対策」を求めるべきです。
私の意見として、将棋ソフト指しはなくならないでしょう。

高段レベルに達した、将棋ソフトはプロ棋士も無視できない存在になりつつあります。

今後は、将棋ソフト指し対策として、高段レベルに達した将棋ソフトの攻略を練る事も
課題となるかもしれません。


参考にならなくて、すいません。(^^A


チェスでは  投稿者: 棚瀬  投稿日:2005年 3月11日(金)13時29分9秒
私が以前遊んでいたチェスのPlayChessというサーバーでは、ソフト指しを自動的に検出しているようです。
前にそこで大会が行われていて、観戦していたときに、「誰々がソフトを使い失格となった」というようなメッセージが出てましたし、普通の対局時にもそういうメッセージが出ることがあります。
どういうアルゴリズムを使っているんでしょうね。
いずれにしても将棋やチェスなどの思考ゲームではどんな手を誰が指したって100%の確度で不正だと証明することは不可能ですし、
相談将棋だって持ち時間1分あれば十分機能するでしょう。例えば一人がメインでもう一人がポカをチェックするだけで勝率が上がると思います。
結局ネット上の大会は参加者がお互いを信頼出来ないのならば所詮機能しないものなんだと思います。


オセロでは??  投稿者: 【春気分♪】0^)/  投稿日:2005年 3月11日(金)17時26分42秒
実はオセロでも、ゲームルーム以外の窓を開いていると
印がでるような、ソフト対策をある程度施した
サイトがありますが、(PlayChessと同じシステムと思われる)
それに対して、最近ではセカンド
パソコンを使って対抗しているソフト打ちが
出現してるそうです。
ただしオセロの場合、超時短戦、(持ち時間1分切れ負け)
を行うことにより、かなり有効といわれています。(手数が限られてる為可能)
将棋でも、もち時間1分切れ負けルールーの大会が
もし実施可能であれば、それなり有効でしょうね^^
そんな大会は私は参加しませんが^^;


意図がわかりません  投稿者: フィッシャー  投稿日:2005年 3月11日(金)20時27分10秒
 春気分氏の求めるところがわかりません。

 まさか将棋プログラムの開発・研究・販売を中止せよということではないでしょう。
 大会でのソフト指しを問題とするならば、それはまず主催者や運営者に持ち込むべき問題で、
プログラマを責めるのはお門違いです。
 ソフト指しを抑制するような機能を求めているのでしたら、いろいろ考えられてはいるものの、
現状でいいアイディアはないというのが正直なところでしょう。それ以上の話の進展は望めません。
ただ漠然と「なんとかしろ」「何かアイディアを出せ」と言われても困るでしょう。
「なんともならない」と言われるだけです。

 具体的な機能のアイディアがあるのでしたら、それが実装可能か、実効性はどうかなどの
話の進展はあるかと思われます。もっとも、実効性のある対策など存在しない可能性が高いでしょう。


くだらない話は  投稿者: HydraWatcher  投稿日:2005年 3月11日(金)21時11分59秒
もうやめましょう。 そして無視しましょう。

あたらしい話題として

カスパロフが引退しました。


以降のソフト指しに関する議論はご遠慮下さい。  投稿者: 山下  投稿日:2005年 3月11日(金)22時19分39秒
すべて削除します。


カスパロフの引退  投稿者: 山下  投稿日:2005年 3月11日(金)23時43分28秒
本当に引退してますね。
「チェスへの目標が見えなくなった」
「これからは本を書こうと思っている」
だそうですが。
http://chessbase.com/newsdetail.asp?newsid=2258


Re:カスパロフの引退  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 3月12日(土)00時37分17秒
あ、早いような気がします、引退が。
自慢にならないんですが、カスパロフと私は同じ年なんですよ、現時点で。
うーむ、写真のカスパロフは、えらく老けてみえるなあ。明日は我が身か!?

#Thanx for your following>all


Re:カスパロフの引退    投稿者: 宮本  投稿日:2005年 3月13日(日)00時14分41秒
>「チェスへの目標が見えなくなった」

そう彼が思った1番の理由は、やはりコンピュータに勝てなくなったからではと思います。

今はまだですが、将来、将棋にもそのような日が来ることでしょう。


Re:カスパロフの引退  投稿者: 棚瀬  投稿日:2005年 3月13日(日)01時55分23秒
> そう彼が思った1番の理由は、やはりコンピュータに勝てなくなったからではと思います。

山下さんのリンク先を読んでいただいた方がいいかもしれませんが、カスパロフが最近やる気を失っていったのは、本人の弁の通り、統一世界チャンピオン決定のためのマッチが相次いでお流れになったことが大きいと思います。
実際ここ1年ほどカスパロフとFIDEとはずっともめていました。
カスパロフはDeepBlueに敗北した後のコンピュータとの番勝負では引き分け以上の結果を残していますし、現状は「コンピュータに勝てなくなった」という風には周りも本人も思っていないと思います。


GAME OVER  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 3月14日(月)16時24分53秒
3カ月ほど前の記事です。どういう映画なのか、観てみたいんですが。
製作者の狙いもよく判らないですし、観てからでないと何も語れませんしね。
単に社会を引っ掻き回してるだけなら、語るに値せず、ですが。 
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20041216203.html



CPUの速度の伸びが鈍化してますね  投稿者: 山下  投稿日:2005年 3月25日(金)13時44分33秒
Dualなマシンを使う人には関係ありそうなOpteron 252が秋葉原に出回り始めたようです。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20050326/etc_opteron252.html
他にはOpteron向けの8wayマザーとかも(記事の一番下です)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0314/cebit13.htm

しかし、今年は今まで一番、単体のCPUとしては伸びが小さくなりそうです。
下は2002年に書いたCPUの速度向上の記録なのですが、この時はまだ
毎年1.4倍(2年で倍)というムーアの法則に従っていたのですが
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/bbs_log/bbs2002.html#bbs122
2003年からは1.4倍未満になって、今年は1.2倍を切りそうです。


CPU      クロック 前年速度比 

Opteron 252    2.6 GHz  1.17倍          8.8秒? 2005 CSA15?
Opteron 248    2.2 GHz  1.34倍         10.3秒  2004 CSA14
Xeon           3.06GHz  1.25倍         13.8秒  2003 CSA13
AthlonXP 2100+ 1.73GHz 1.41倍     17.2秒 2002 CSA12
Athlon     1.2 GHz 1.45倍   5.3秒 24.3秒 2001 CSA11
PentiumIII   840 MHz 1.47倍  7.7秒     2000 CSA9
Alpha21264   500 MHz 1.39倍 11.3秒     1999 CSA8
Alpha21164   600 MHz 1.20倍 15.7秒     1998 CSA7
Alpha21164   500 MHz 3.04倍 18.9秒     1997 CSA7
Pentium    166 MHz 1.85倍 57.4秒     1996 CSA6
Pentium     90 MHz     106.0秒     1995 CSA5


Re:CPUの速度の伸びが鈍化してますね  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 3月25日(金)16時14分20秒
話がチト逸れそうですが。

>消費電力92.6W、ケース温度67℃。
水冷にするか、今年も扇風機用意した方がよいと思います、マジで。
アレ、結構効果が大きいですよ。

>他にはOpteron向けの8wayマザーとかも(記事の一番下です)
2階立てですかー。電気ストーブ代わりに使えますね、京都議定書なんのその。
安定して動いてくれれば無問題なんですが。てか、その前にプライスですか。
組み立た後のケース重量を考えるとチト恐ろしい。一人で持ち上げたら腰痛めそうですね。


Intel kills plans for 4GHz Pentium  投稿者: 都万  投稿日:2005年 3月25日(金)22時05分5秒
去年、インテルが4GHz CPU開発を断念してるので、そろそろ止まるでしょう。
CPU速度だけなら、VAIOの3.8GHzが一番速いのじゃないかな?
DUAL CPUなんかにこだわるよりは、野下研のように複数のパソコンを持ち込むのが手だけど、賞金がでない大会だけにそういうカネを使う人はドブにカネを捨てるようなもんだろう。
というより、カネかけても効果が薄すぎる。(;_;)

http://news.com.com/2100-1006_3-5409816.html


将棋ソフト指し対策案の公開について  投稿者: tss-master  投稿日:2005年 4月 5日(火)11時00分25秒
こんにちは。

先日、コンピュータ将棋YSS掲示板に、将棋ソフト指し迷惑の苦情の
書き込みがありました。

その議論については、中断、削除されましたが、
私自身、その後に将棋掲示板関係を観覧したところ、
将棋ソフト指し迷惑の苦情の書き込みが多々ある事を知りました。

そこで、私の妄想、将棋ソフト指し対策案 「ソフト指し分析判明法」を
公開しています。

当初は、ここに公開させていただく予定でしたが、
予想以上の長文となりましたので下記へ変更し公開させていただいてます。(^^;

宮本定跡掲示板
http://www1.bbs.livedoor.com/3013422/bbs_plain?range=-20&base=120

また、この「ソフト指し分析判明法」を検証されて、
将棋ソフト指し迷惑へのなんらかの解決案の手助けになれたら、
光栄であります。(なるんかなぁー)(^^A

なお、この「ソフト指し分析判明法」の判別方法の
アイデア特許権利、著作権は、私(t)にあります。

ただし、この「ソフト指し分析判明法」を
将棋プログラムに搭載したい人には、無料にて使用する事を許可します。
もちろん、私に許可の確認をする必要もありません。(したい人居るんかなぁー)(^^;


First KGS Computer Go Tournament  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月 8日(金)23時44分45秒
日本時間で4月10日の17:00からKGS(棋聖堂囲碁サーバ)のサーバ上で
コンピュータ囲碁ソフトの大会が開催されるそうです。
http://kgs.kiseido.com/en_US/tournInfo.jsp?id=82

参加するにはbotと呼ばれるものを作らないといけないようですが
よく分かっていません。
http://intelligentgo.org/en/computer-go/servers/kgs/help.html

ただ、あいにく4月9,10日とCGF特別例会が開催されるので参加できないのですが。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA012620/


本日の  投稿者: Y  投稿日:2005年 4月 9日(土)17時39分25秒
CGF特別例会の9路盤の大会は
AYAが7勝1敗で優勝しました。


CGF特別例会の結果  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月11日(月)01時01分2秒
4月9,10日にCGF特別例会(コンピュータ囲碁大会)が開催されました。
参加は招待のGnuGoを含む5チームで、9路盤では彩が7勝1敗で優勝、
19路盤はGnuGoが4戦全勝で優勝しました。
19路ではGnuGoが昨年も全勝優勝しています。

2005年CGF特別例会の結果  2005/04/09-10 電通大

9路盤の結果(総当り、白黒2局、持ち時間20分)

                 Aya  Gnu  Kat  Shi  Car  勝敗 順位
Aya                   ○○ ○○ ○○ ×○  7-1  1
GnuGo 3.7.3      ××      ○○ ○○ ○○  6-2  2
Katsunari        ×× ××    ○○ ○×  3-5  3
ShikoSakugo      ×× ×× ××      ○○  2-6  4
Caren's Whisper  ○× ×× ×○ ××       2-6  4


19路盤の結果(総当り、持ち時間40分)

                 Gnu Kat Aya Car Shi 勝敗 順位
GnuGo 3.7.3           ○  ○  ○  ○  4-0  1
Katsunari         ×      ○  ○  ○  3-1  2
Aya               ×  ×      ○  ○  2-2  3
Caren's Whisper   ×  ×  ×      ○  1-3  4
ShikoSakugo       ×  ×  ×  ×      0-4  5

大会の棋譜はこちらにあります。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA012620/cgf2005/cgf2005.zip


Re: CGF特別例会の結果  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月11日(月)16時55分22秒
9路でGnuGoに勝ったのがうれしかったので
どのくらいの差があるのか検証してみました。

9路 勝率 0.68 (102勝 48敗、平均 +2.2目勝ち)
19路 勝率 0.21 ( 51勝195敗、平均-40.1目負け) 

9路 1局平均  7分(彩) 30秒, 14倍彩が長考 GnuGo3.7.3 Level 12
19路 1局平均 17分(彩)  4分,  4倍彩が長考 GnuGo3.5.4 Level 10

19路では2割しか勝てなかったのが、9路では7割勝つ、と完全に逆転しています。
(思考時間は19路では4倍、9路では14倍とかなり差があるのですが)

彩は19路では3手読みの出入り計算(特定の場所で黒が先に打った場合と
白が先に打った場合の差が大きい手を選ぶ)、9路では7手読みの盤面全体探索の
反復深化を使っているのですが、おそらくGnuGoは9路では特殊な事はやってなく、
その差がでているような気がします。


Win64でのベンチマーク  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月12日(火)16時50分59秒
64bitのコードが吐けるVisual Studio 2005 日本語beta1と
64bitOSのWindows Server 2003 Enterprise x64製品候補版が手に入ったので
32bitと64bitで速度の実験をしてみました。

使ったマシンはOpteron248のDualです(スレッドは1つで実験してます)。

       <-   Windows2000  ->    <- WindowsServer2003 x64 Edition ->
       Win32(VC6) Win32(VC8)   Win64(VC8)   Win32(VC8)
局面1    11.9(秒)   11.9         11.9         11.9   
局面2    52.5       51.4         51.4         52.0   
局面3    17.8       18.3*        18.4*        18.4*  
局面4    85.8       85.1         85.6         85.8   

*探索局面数がWin32(VC6)よりはっきり多い。

局面1-4まで4つ試しました。
(VC6)というのはVC6++でコンパイルしたものです。(VC8)は2005ベータ1です。
左の2つはWindows2000で走らせています。後ろの2つはServer2003x64です。
Win32(VC8)はWindowsServer2003でコンパイルしています。

で、結論なのですがVC6とVC8で微妙にYSSの探索結果が違う(局面数が0.01%程度)ので
何とも言えないのですが、Win64で走らせても明確に遅くなることはないにしてもはっきり
速くもなっていない、ようです。

ただ、Win64(VC8) と Win32(VC8) では結果は完璧に一致しました。
たぶんYSSのバグのせいで最適化の際に違いが生じているのでしょう。

印象的だったのが
・ほとんどソースの変更なしにWin64でコンパイルできた、
ことです。APIでは GetWindowLong(hWnd, GWL_HINSTANCE); を変更しただけです。
後、Win64では最適化の最初、Release版でも最適化のオプションが無効になっていて
半分ぐらいの速度しか出ませんでした。libのリンクとかがwin32の設定から
継承されてなく、また _WINDOWS とかも未定義でした。

ハッシュの処理とかを64bit専用に書き直せば1,2%程度は速くなりそうな気はします。

Windows Server 2003 Enterprise x64製品候補版はこちらで入手しました。
まだ間に合うかは不明です。
http://www.amd.co.jp/ws2003x64
Visual Studio 2005 日本語beta1は
dotNETマガジン2004/10月号から入手しました。
http://www.shoeisha.com/mag/dotnet/library/870410.asp

Win64でコンパイルするには下記のサイトが役にたちました。
http://www.marbacka.net/asm64/arkiv/win64asm_forst.html


Opteron852 x4  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月12日(火)17時28分42秒
大会用にOpteron852のQuadマシンを購入しました。
買ったのはここのマシンで
http://www.systemworks.co.jp/pms_w801x.php3
高さが4cmぐらいしかないかなり騒音がうるさそうなマシンです。
3月25日に注文して納期が21日-25日程度かかる、と言われたのですが
4月8日には届きました。まだ開封もしてないのですが。


Re:Win64でのベンチマーク  投稿者: 奈良和文  投稿日:2005年 4月12日(火)21時25分21秒
奈良将棋の場合、Athlon64 3400+上において、
VC++6/WinXP から VS2005β1/WinXPx64Edition に移行すると、
処理時間が13%程度短縮されました。
64bit変数を多く使っているからでしょうか。
YSSはこのあたり、どうですか。

13%という数字は非常に魅力的で心を動かされます。
がβ版によるリスク、そのほかの環境整備の
手間を考えて、今回は見送ることにしました。
(弱気過ぎですか。。)


Re:Opteron852 x4  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 4月13日(水)02時21分18秒
>大会用にOpteron852のQuadマシンを購入しました。
ついにですかー、お手数でなければ、248Dualと852Quadの実効性能比をリポート
していただけると嬉しいのですが。いや、無理にとは言いませんですよー。


Re:Win64でのベンチマーク  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月13日(水)04時52分54秒
> 処理時間が13%程度短縮されました。

13%はすごいですね。うらやましいです。

> 64bit変数を多く使っているからでしょうか。

ハッシュ以外で64bitを使いそうな場所は思いつかないのですが
どのあたりに使われているのですか?
YSSはまったく64bit変数は使ってないので差が出なかったのかもしれません。
ハッシュコードも32bitに特化されてますし。

64bit使いまくりのCraftyは26%ぐらい速くなってますから、
32bit環境では64bit演算はかなり重い?のかもしれませんね。


Re:Opteron852 x4  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月13日(水)04時56分37秒
> 248Dualと852Quadの実効性能比をリポート

ベンチマークは環境が揃えばすぐにやってみようと思ってます。
ただOpteronのQuadではNUMA(non uniform memory access)とかいう
問題がCraftyでは発生したらしく(吉村さんより)、あまり期待できないかもしれません。


Re:Opteron852 x4  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 4月13日(水)11時57分37秒
>ただOpteronのQuadではNUMA(non uniform memory access)とかいう
>問題がCraftyでは発生したらしく(吉村さんより)、あまり期待できないかもしれません。

直感的には、置換表レコードの排他アクセスが巧くいかなかった、という感じですね。
あるスレッドがレコードロック中に、そのレコードに対して別の2つ以上のスレッドから
アクセスが起きたら危ないかもしれません。
それとも(ハード的に)メモリ内容の不整合が起きてるのかもしれませんが、
もし、そうなら致命的というか論外。暴動が起きそうな気がします(汗)


NUMA  投稿者: 吉村  投稿日:2005年 4月13日(水)21時33分2秒
Crafyでは、
1)SMP用のままではパフォーマンスが落ちるので、NUMA用にプログラムを書き換えた(以前に)。 (私はどれぐらい落ちるかは知りません)。
2)昨年のイスラエルの大会の直前、その当時最新の64ビット用コンパイラ(非公開バージョンだったかも、Intel or GCC)がバグでNUMA用のコードをコンパイルできなかった。

そのなことがありました。


  


Re:Win64でのベンチマーク  投稿者: 奈良和文  投稿日:2005年 4月13日(水)23時06分46秒
> ハッシュ以外で64bitを使いそうな場所は思いつかないのですが
> どのあたりに使われているのですか?

各マス目の駒の利きについて、1つのマス目に1つの64bit変数を
割り当て、背番号(1〜40)と64bit変数のビット位置を対応させて
管理しています(40bitで足りますが)。
これの更新と参照(交換値計算、ある種の手生成、etc.)が重たいようです。


Re: NUMA    投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月13日(水)23時16分11秒
ざっとCraftyの最新ソース(19.19)を眺めてみたのですが、
ftp://ftp.cis.uab.edu/pub/hyatt/
確かに(NUMA)というキーワードで#ifdefされてるところがあります。
何となく、実行される個々のスレッドを物理的な個々のプロセッサに割り当てさせて、
なおかつそのプロセッサが使うメモリもプロセッサに関連付けさせている、
ような感じがします。

たぶんスレッドがCPU間でまたがって走ってしまうと速度が落ちる?のかもしれません。


Re:NUMA  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 4月13日(水)23時19分9秒
ど。まったく「想定外」のオチでした。。。解説ありがとうございました>吉村様


Re:Win64でのベンチマーク  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月14日(木)00時11分8秒
> 背番号(1〜40)と64bit変数のビット位置を対応させて

なるほど・・・。
特定のマス目にどの駒が利いているか、を64bitの変数一発で取ってこれるわけですか。
そういえば以前自分でも試したのですがあまり高速にならず断念した記憶があります。

どのbitが立っているか、を調べるのに時間がかかりそうですが
確かアセンブラの命令一発で調べられるのでしたでしょうか?(GPWで聞いたような)
ネットで少し調べたのですがちょっと分かりませんでした。
http://www.nminoru.jp/~nminoru/programming/bitcount.html
http://www.dd.iij4u.or.jp/~okuyamak/Information/flagcheck.html


bsr命令  投稿者: 棚瀬  投稿日:2005年 4月14日(木)02時56分26秒
一発で取るのはbsr命令です。
C++の演算子であるといいんですけどね。


Re: bsr命令  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月14日(木)11時29分13秒
bsr命令ですか。
ありがとうございます。

これですね。
bsf A,B Bのビット0から上位ビットに向かって何ビット目が1かを探す
bsr A,B Bの上位ビットからビット0に向かって何ビット目が1かを探す
http://hp.vector.co.jp/authors/VA016117/assem/assem.html

探してみたらCraftyのソースにも使っている所がありました。
"vcinline.h"より
FORCEINLINE int FirstOne(BITBOARD a)
{
  __asm {
                   bsr edx, dword ptr a + 4
                   mov eax, 31
                   jnz l1
                   bsr edx, dword ptr a
                   mov eax, 63
                   jnz l1
                   mov edx, -1
         l1:       sub eax, edx}
}

64bitだとこんな感じになるようです。
"inlineamd.h"より
int static __inline__ FirstOne(long word)
{
  long      dummy, dummy2;

asm("          bsrq    %0, %1"                       "\n\t"
    "          jnz     1f"                           "\n\t"
    "          movq    $-1, %1"                      "\n\t"
    "1:        movq    $63, %0"                      "\n\t"
    "          subq    %1, %0"                       "\n\t"
    :"=r&"(dummy), "=r&" (dummy2)
    :"0"((long) (word))
    :"cc");
  return (dummy);
}

立っているbitの位置によってクロックに差が出るようで、
http://hp.vector.co.jp/authors/VA003988/pentopt.htm#SPECIAL

BSFで6-42、BSRで6-103クロックかかるようです。
BSF reg32,reg32 6-42
BSR reg32,reg32 6-103
http://library.n0i.net/hardware/intel80x86/b.html
http://enotes.diallink.net/asmdoc.htm
IA-32 インテルR アーキテクチャ・ソフトウェア・デベロッパーズ・マニュアル、中巻 A: 命令セット・リファレンス A-M
http://www.intel.co.jp/jp/developer/download/


Re: bsr命令  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 4月14日(木)15時02分19秒
>BSFで6-42、BSRで6-103クロックかかるようです。
Software Optimization Guide for AMD Athlon? 64 and AMD Opteron? Processors #25112
によれば、
BSF reg16/32/64,mreg16/32/64           8/8/9
BSF reg16/32/64,mem16/32/64            10/11/12
BSR reg16/32/64,mreg16/32/64           11
BSR reg16/32/64,mem16/32/64            14/13/13
です。正確にいえば「レイテンシ」です。実行ユニットに入ってから
終了するまでのクロック数になります。Athlon64/Opteron系は速いですよ。 
http://www.amd.com/us-en/assets/content_type/white_papers_and_tech_docs/25112.PDF



FORCEINLINE  投稿者: 棚瀬  投稿日:2005年 4月14日(木)15時09分15秒
Craftyのソースがダウンロードできないので質問ですけど、
FORCEINLINEって実際には何に定義されてるんでしょうか?
VC++で非常に小さい関数をinlineをつけて書いてもほとんどinline展開されないようなので、もっと強力なものがあるのなら知りたいところですが。

あと、実際にinline展開された場合、レジスタの保存、復帰って必要ないんですかね?
Craftyの例の場合eaxとedxに値を書き込んでいるわけですけど。


Re: bsr命令  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月14日(木)15時23分5秒
CPUによって随分変わるんですね。
私はもっぱらVC6とPentium3M 1.13GHzで細かいベンチマークは取っているので
環境によってかなり変わりそうです。

関係ないんですが王との相対位置を計算するのに大きなテーブルから一発で取ってくるか
abs()を使ってごちゃごちゃ計算して小さなテーブルから計算するか、で計っときなどは
abs()が速かったりして、実際に計ってみないと分からな、と思いました。


Re: FORCEINLINE  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月14日(木)15時26分50秒
Craftyでは下のようになってます。

#if _MSC_VER >= 1200
#define FORCEINLINE __forceinline
#else
#define FORCEINLINE __inline
#endif

__forceinline、というのはVC6から追加されたみたいです。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vs_previous/visualc/techmat/feature/vc6mrgrt/
http://www.microsoft.com/japan/developer/library/vccore/_langref_inline.2c_.__inline.htm

> あと、実際にinline展開された場合、レジスタの保存、復帰って必要ないんですかね?
ここによると、
http://www.microsoft.com/japan/developer/library/vccore/_core_using_and_preserving_registers_in_inli ne_assembly.htm
__asm を使用して C/C++ 関数の中にアセンブリ言語を記述する場合、
EAX、EBX、ECX、EDX、ESI、EDI の各レジスタ値を保持する必要はありません。
のようです。


Re:FORCEINLINE  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 4月14日(木)15時34分3秒
>コンパイラが __forceinline で宣言された関数をインライン展開できない場合は、レベル 1 の警告 (4714) になります。
もし、この警告がでれば、どうにもならないのではないでしょうか。
マイクロソフト固有の仕様は、MSDNの中にあります。

>あと、実際にinline展開された場合、レジスタの保存、復帰って必要ないんですかね?
eax,ebx以外のレジスタを使いたい時は、実際にどのようにコード展開されたか、
またそのコンテキストを見て、必要に応じて退避/復帰をやってます。

>Craftyの例の場合eaxとedxに値を書き込んでいるわけですけど。
通常、インライン関数の中ではeax,ebxを使うことで不必要にpush/popする必要がなくなる
からではないでしょうか。eax,ebxは、一時的にしか使わないことが多いですから
(破壊されることを前提としているので)。


Re:FORCEINLINE  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 4月14日(木)15時49分23秒
あ、破壊されることが前提となっているのは、eaxだけですね。失礼しました。


Re:FORCEINLINE  投稿者: 棚瀬  投稿日:2005年 4月17日(日)02時05分25秒
山下さん、高橋さん、

情報ありがとうございました。


Jeff?  投稿者: 都万  投稿日:2005年 4月17日(日)06時34分4秒
らの部屋もそうなんだけど、Jeff(shotest)のリンクが切れてるような気がする。
1週間くらい前からおかしかった。


(無題)  投稿者: ソフト好き  投稿日:2005年 4月17日(日)16時40分6秒
みなさんもうすぐですね

がんばってください


Opteron852 x4のベンチ  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月22日(金)22時05分38秒
雑ですけどベンチマークを取ってみました。
YSSベンチでは8.9秒でだいたいFX-55と同じです。

Athlon64 FX-55   2.6 GHz   8.8秒 ASUS A8V L2 1MB PC3200/4GB 定格動作 じいいさん情報。
Opteron 852      2.6 GHz   8.9秒 Iwill QK8S, H4103, PC3200/1GBx4 ECC Registered
Athlon64 3700+   2.4 GHz   9.3秒 L2 1MB, PC3200/512MB CL2, Windows2000sp3 Bethさん情報
Athlon64 FX-53   2.4 GHz  9.4秒 L2 1MB,                 棚瀬さん情報 

下はOpteron852 x4 の環境で3つの局面に対して
並列化しない版、並列化して1スレッド(mt=1),2スレッド(mt=2),4スレッド(mt=4)
を表しています。
大雑把ですが探索時間では2.83倍くらい、探索局面数では2.72倍くらいになるようです。
おそらく実際の効率は2.4-2.6倍程度じゃないかと思います。
一部測定してないデータがあります。
並列化しただけだど5%程度遅くなります(主にハッシュのロック確認で)

探索時間(秒) ()内は1CPUを1とした時の倍率

      1CPU       mt=1        mt=2        mt=4
局面1 ----  67.8(0.95)  35.6(1.81)  17.7(3.64)
局面2 55.5  58.3(0.95)  33.3(1.67)  23.6(2.35)
局面3 84.8  ----        56.3(1.51)  33.8(2.51)
-----------------------------------------------
平均             0.95倍?     1.66倍      2.83倍


探索局面/秒 (x1000局面)
      1CPU       mt=1        mt=2        mt=4
局面1 ----   283(0.95)   519(1.74)   844(2.83)
局面2  282   268(0.95)   471(1.67)   789(2.80)
局面3  267   ---         422(1.58)   673(2.52)
-----------------------------------------------
平均   1.0                   1.66倍      2.72倍


Re:Opteron852 x4のベンチ  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 4月23日(土)06時10分23秒
リポートありがとうございます。
>おそらく実際の効率は2.4-2.6倍程度じゃないかと思います。
私の目には反復深化1回分に近く見えるので魅力的な数字です。
CPU数が2倍になると、実効約1.6倍という感じですか。
スレッドがCPUを移動せず、且つなるべくアイドル状態に入らない
ようにする工夫をしておかないと、なかなかその数字まで行きません。
うーむ、気合入ってますね。
因みに、さっき制限時間を2.5倍に増やしてMLで流れてたライエルの問題集を
ベンチにかけてみたら、正答数が1割増えました。速いってのは恐ろしいですね。


Re:Opteron852 x4のベンチ  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月23日(土)10時36分18秒
2.2倍ぐらいになれば御の字、と思ってたのですが
予想以上に速かったので少し驚いてます。

> スレッドがCPUを移動せず、且つなるべくアイドル状態に入らない

前者(NUMA対策?)はやってないです。
後者はCraftyの実装アルゴリズムが優秀だった、ということでしょう。
先人の知恵のおかげですね。
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/csa0307.txt

ちなみにOSはWindows2000ServerでコンパイラがVC6です。
64bitの2003Server候補版はなぜかインストールに失敗しました。


Re:Opteron852 x4のベンチ  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 4月23日(土)12時48分17秒
>前者(NUMA対策?)はやってないです。
あ、そうでしたか。NUMAは勿論、只のSMPでも効果ありますよ。
APIでいうと、SetThreadAffinityMask()です。
>The SetThreadAffinityMask function sets a processor affinity mask for a
>specified thread.
>A thread affinity mask is a bit vector in which each bit represents the
>processors that a thread is allowed to run on. 
>A thread affinity mask must be a proper subset of the process affinity mask for
>the containing process of a thread. A thread is only allowed to run on the
>processors its process is allowed to run on.
これを使うと、任意のCPU上で動くように固定/制限できます。
実装の手間は1時間も掛からないと思うので、一度試されてはいかがでしょうか。


Re:Opteron852 x4のベンチ  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月23日(土)13時32分15秒
> これを使うと、任意のCPU上で動くように固定/制限できます。

情報ありがとうございます。
空いたタイミングでやってみようと思います。

そういえば、Windowsのタスクマネージャーでもプロセスで右クリックして
関係の設定、で走らせるCPUを設定できるのですよね。
シングルでは発生してHyperThreadingでは発生しないバグ、というのが以前あって、
それをこれで再現できたことがありました。
(私がやったわけではないのですが)


第3回国際将棋フォーラム  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月23日(土)13時38分0秒
最新のCSAの資料集にも書いてありましたが、第3回コンピュータ将棋王者決定戦が
10月22日、23日にホテルイースト21で国際将棋フォーラムの一環として開催されるそうです。 
http://www.shogi.or.jp/osirase/81.html



13th World Computer Chess Championship  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月23日(土)13時46分20秒
世界コンピュータチェス大会は今年は8月13日-21日に
アイスランドのレイキャビックで開催されるそうです。
毎年、ComputerOlumpiadと併催していたのですが、
Olympiadが今年は台湾、と多くのチェスの参加者からは遠い場所なので
別になったようですね。

アイスランドといえば最近はフィッシャーが日本から出国したのでも
ちょっと有名ですけどたまたま?なんでしょうか。 
http://www.cs.unimaas.nl/icga/



Re:Opteron852 x4のベンチ  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 4月23日(土)15時12分35秒
>そういえば、Windowsのタスクマネージャーでもプロセスで右クリックして
>関係の設定、で走らせるCPUを設定できるのですよね。
はい。タスマネは「プロセス」に対して設定できます。この場合は、
SetProcessAffinityMask() と等価で、「スレッド単位」ではなく
「プログラム全体」が指定の対象になります。

もともとSingleで動くことを前提とするプログラムなら、タスマネで
CPUを移動しないようにするのは問題となりません。しかし逆にSMP/NUMAで
動くことを前提とするプログラムを、タスマネからCPUを指定するのは危険です。

繰り返しになりますが、SetThreadAffinityMask()は「スレッド」毎に指定できます。
一例を挙げると、探索する4つのスレッドのハンドルを h0,h1,h2,h3 とした時、
SetThreadAffinityMask( h0 , 0x0001 ); // h0をCPU0のみで動かす
SetThreadAffinityMask( h1 , 0x0002 ); // h1をCPU1のみで動かす
SetThreadAffinityMask( h2 , 0x0004 ); // h2をCPU2のみで動かす
SetThreadAffinityMask( h3 , 0x0008 ); // h3をCPU3のみで動かす
となります。これでキャッシュ汚染などの問題を低減できます。


Second KGS Computer Go Tournament  投稿者: 山下  投稿日:2005年 4月28日(木)13時50分0秒
KGS(棋聖堂囲碁サーバ)で、Nick Weddが主催する
コンピュータ囲碁プログラムの大会が5月8日の17時から開催されます。
前回は4月10日に19路の大会があったのですが(参加6ソフトでGnuGoが優勝)
今回は9路の大会になります。
http://kgs.kiseido.com/en_US/tournInfo.jsp?id=84

大会に参加するにはbot、と呼ばれるロボット対戦ソフトを
作る必要があります。
囲碁プログラムがGTPで対戦できるなら、kgsgtp、というKGSとの通信を
代理してくれるJavaアプリを使えばbotとして動かすことができます。

自作プログラム <---> GTP <---> kgsgtp <---> KGSサーバ <---> 他の囲碁ソフト

こんな感じになります。
kgsgtpの実行にはJava1.5以上が必要になります。
(Java 1.4.1では動きませんでした)


もう5月ですね  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月 1日(日)11時31分2秒
4月はあっという間に過ぎてしまった感じで、
今は評価関数の細かい修正とかをぼちぼちやってます。

今回初めてラックマウント型のサーバというのを買ってみたのですが
第一印象は「うるさい」この一言に尽きます。
4x4cmの毎分13000回転のファンが8個、さらに電源にも4x4のファンが4個ついているので
電源を入れると掃除機を2つ同時に動かしているくらい非常にやかましいです。
このままだと24時間動かしていると近所迷惑になりそうだったので、現在は
電源以外のファンは全部止めて、代わりに8x8のファンを4つCPUに載せて使ってます。
これでもうるさいですが、かなりマシにはなりました。

1U、という薄型だったせいかもしれませんが個人でこういうのを買うのは
非常にお勧めしないです。


締め切りが迫ると妙にはかどります  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月 2日(月)19時49分8秒
明日から大会ですがもう少し時間があるので指し手の生成とかをいじっています。
駒を捨てて王手をかけて、同玉だと新たに駒を取って王手が発生する場合、など。

結構必死だと思って駒を捨てると、頓死、もしくは捨て駒王手から安全に、
などという手順が最近はよく出てくるのでその対策です。

何事もなければ明日から現地に行くつもりです。
ShotestのJeffが3年ぶりに復活する予定なので彼が1次を安全に突破できるか、
にちょっと注目しています。


Re:締め切りが迫ると妙にはかどります  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 5月 2日(月)21時17分32秒
>結構必死だと思って駒を捨てると、頓死、もしくは捨て駒王手から安全に、
>などという手順が最近はよく出てくるのでその対策です。
確かYSSは、ライエルの44番(ProblemID:856-6)解けてましたよね。
▲21金からの7手必至。結構広く読んでるので驚いてます。
コレの対策がちょっと巧くいかなくて今回は諦めました。
謎電は、▲21角成からの嘘必至を掛けて負けるパタンですので、
みなさん安心してください:-)


Re:締め切りが迫ると妙にはかどります  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月 3日(火)07時03分36秒
> ▲21金からの7手必至。
これは作意が▲21金△13玉▲32角成△同金▲24金△12玉▲41飛成、までのものですね。
難しいのは▲32角成、だけだと思うのですが、YSSはたまたま飛の空き当たり、という
狙いで生成してます。普通は読まない手ですね。

どっちかというと、下は3月のNHK杯の羽生森内戦なのですが、ここでの
先手からの▲72金、という王手を読ませるためのルーチンです。
一種の送りの手筋?でしょうか。


後手:森内 
後手の持駒:飛 銀 桂 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v銀 ・ ・v金 ・v銀 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v桂 ・ ・|三
| ・ ・ ・v角 飛 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 桂 ・v歩 ・ ・v歩|五
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・ ・ ・ ・ 銀 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・ 玉 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:羽生 
先手の持駒:角 金 歩六 
手数=91  ▲5四飛打  まで


一次予選の組み合わせが出ています  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月 3日(火)11時52分36秒
参加は昨年より2つ減って41チームのようです。
現在1回戦の途中のようです。
http://www.computer-shogi.org/wcsc15/


上位10チームが二次予選へ  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月 3日(火)11時57分5秒
昨年までは8チームだったのですが変更になったようです。


途中経過  投稿者: 投稿日:2005年 5月 3日(火)12時48分51秒
2局終わって,2勝はGPS,K-shogi,うさぴょん,矢埜,まったり,竜馬です.


途中経過2  投稿者: 投稿日:2005年 5月 3日(火)14時39分55秒
4局終わって,4勝は K-shogi,うさぴょん です


選手権速報ページ  投稿者: TETSU  投稿日:2005年 5月 3日(火)16時01分56秒
おもちゃ箱に第15回コンピュータ将棋選手権の速報ページを開設しました。 
http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/



(無題)  投稿者: ソフト好き  投稿日:2005年 5月 4日(水)14時08分35秒
GPS将棋DLLしても

解凍できなかった・・・


Shotest  投稿者: 都万  投稿日:2005年 5月 4日(水)19時13分54秒
Shotestは、最終局勝っても届かないなって感じがしたんだけど、・・・・・
せっかくパッチをかけて生き返らせたのに、残念無念!
それでも、たっぷりかき回してくれたと思う。


激指全勝優勝!  投稿者: ソフト好き  投稿日:2005年 5月 5日(木)17時28分44秒
すごいですな・・

わたしは、ぎんせいに注目してましたが・・

ソフトの弱点

1序盤が下手(定跡いれててもささなかったり・・・)

2大駒きりなどがよんでいない・・

3無理に攻めて駒をわたしすぎて

とんしをくらう・・

4詰みの局面は強いが寄せの手筋がはいってない・・


引き分けについて  投稿者: mhr  投稿日:2005年 5月 5日(木)18時07分52秒
コ将大会で引き分け△がありますが、具体的にはどのような場合の引き分けでしょうか?
相手が意図的に引き分けに持ち込むと全体の順位に影響が出るのでは?と
無知で申し訳ありませんが、ふと思いました。
引き分けの場合は、お互いに納得してのことでしょうか?


引き分けは・・  投稿者: ソフト好き  投稿日:2005年 5月 5日(木)19時03分50秒
KCCのは千日手らしいです。


Re:引き分けについて    投稿者: tss-master  投稿日:2005年 5月 5日(木)19時06分13秒
>引き分けの場合は、お互いに納得してのことでしょうか? 

引き分けは、将棋ルールである、千日手のことです。
お互いに納得しても、しなくても、ルールに基づいています。

>意図的に引き分けに持ち込むと全体の順位に影響が出るのでは?

はたして、意図的に引き分けに持ち込むことが可能か?の方が疑問です。
定跡データに、その手順があれば、意図的とも言えますが。


優勝は7戦全勝で激指  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月 6日(金)13時23分34秒
戻ってきました。
連覇は厳しい、とは思っていましたが、
マシンパワーの保険をかけても予想以上に勝てなかったので
やはりアルゴリズムの大切さを再認識させられました。

6連勝で最終戦を待たずに優勝が決まる、というジンクスは今年も
継続されてしまいましたが(最終戦を待たずして決定、は2001年から5年連続)
6連勝後に最後は負ける、というジンクスは3年で残念ながら?ストップしてしまいました。

最終戦だけは意地を見せたかったですが。
全勝優勝されるとやっぱり悔しいですね。

読売新聞に記事が出ています。

将棋ソフト最強は「激指」アマ竜王戦出場へ
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050506i505.htm

YSSの棋譜を下に置いておきます。
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/csa15yss.lzh


順位順の星取表  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月 6日(金)14時38分48秒
今年はかなりきれいな星の並びになってます。
上位3つが少し抜けて強かった、という感じです。

          激指 KCC   IS  YSS  備後 TACO 竜卵 GPS  勝敗引  SB
1 激指          ○   ○   ○   ○   ○   ○   ○   7 0 0
2 KCC将棋  ×        ○   ○   ○   ○   △   ○   5 1 1
3 IS将棋   ×   ×        ○   ○   ○   ○   ○   5 2 0
4 YSS      ×   ×   ×        ○   ○   ○   ×   3 4 0  6.5
5 備後将棋 ×   ×   ×   ×        ○   ○   ○   3 4 0  4.5
6 TACOS    ×   ×   ×   ×   ×        ○   ○   2 5 0
7 竜の卵   ×   △   ×   ×   ×             ○   1 5 1
8 GPS将棋  ×   ×   ×   ○   ×   ×   ×        1 6 0


選手権情報ページ  投稿者: TETSU  投稿日:2005年 5月 6日(金)14時41分40秒
みなさん、お疲れ様でした。
選手権のネット上での情報を 詰将棋メモ:第15回世界コンピュータ将棋選手権
でまとめていますので、ご参照ください。
また、速報ページ http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/soft/
に、参加ソフトホームページのリンク集を作成しました。
追加、削除、訂正などありましたらご連絡ください。 
http://toybox.tea-nifty.com/memo/2005/05/post_fd56.html



激指  投稿者: 鶴岡  投稿日:2005年 5月 7日(土)03時14分23秒
皆様大会では大変お疲れ様でした。

今回の大会は、まわりのプログラムのレベルアップが著しいので勝つのは相当
厳しいだろうと思ってました。終わって一日たった今も、ちょっと呆然という
うか、未だにあまり実感が沸かないです。
始まる前はある程度達観していたつもりだったのですが、優勝の目が見えてき
た5戦目ぐらいからは、心臓の奥のほうがきりきりと痛むというかなんという
か、非常に疲労しました。

今大会の激指の指し手で特に印象深かったのが、対IS将棋での65歩で、とう
とうコンピュータ将棋も序盤のほんのわずかな隙で勝負が決まるようになった
のかと感慨深かったです。また、対YSSや対KCCでの、すぐに効果は見えなくと
も後で着実に効いてくる「普通」の手が指せるようになったのも嬉しかったで
す。まぐれかもしれないですが、、

あと、今回は優勝したので心置きなくいえるのですが、選手権の勝敗に関して
は「時の運」の要素が非常に大きいです。コンピュータ将棋に興味をお持ちの
人には、ぜひ、星取表の星の数だけではなく、棋譜の一手一手にあらわれてい
る、それぞれのプログラムの得手不得手、個性、開発者たちの苦悩を味わって
楽しんでいただけたらと思います。


おめでとうございます  投稿者: 橋本@TACOS  投稿日:2005年 5月 7日(土)11時12分54秒
鶴岡さん、激指チームの皆さん、どうもおめでとうございます。勝又さんとの対局での最後の寄せは見ていてしびれました。アマ竜王戦は期待しています。というか心の底から応援させていただきます。見に行きたいなあ。

皆さんどうもお疲れさまでした( ^-)_旦~~

個人的には今年は直前までバグに苦しみ疲れ果てましたが、ぎりぎりまでいろいろやったのが効いてなんとか決勝に残れたという気がします。TACOSも去年よりはだいぶ強くなったんですが、2次予選上位のレベルも全体的にかなりあがっていた印象があります。これはまた来年も相当気合を入れてやっていかないと置いて行かれるなあと感じています。


選手権の写真です  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月 8日(日)18時00分42秒
選手権の写真を下に置きました。
http://www.yss-aya.com/photo/csa2005/csa15.html

> アマ竜王戦は期待しています。

私もめちゃくちゃ期待しています。
ここはプログラマがたくさん応援にかけつけて対戦相手にプレッシャーを与える、
とかいう盤外戦術もありそうです。見学禁止になりそうですが。

> 選手権の勝敗に関しては「時の運」の要素が非常に大きいです。

莫大の数の市販ソフトとの対戦成績を見てると、運は確かにあるとは思うのですが
やはり選手権で負けたのは、どこか弱いところがあったから、だと思いたいです。
欠点で負けたなら、次はそこを改良すれば勝てるかもしれませんから :-)

激指−YSS戦で言えば最後、△12玉と逃げて急転直下負けになったのですが、
調べてみたら本譜どおり進んだ時の8手目の▲15歩の7手詰めろを読みぬけてました。
他には110手目も△33銀、の受けでなく△86歩(詰めろ)▲同歩△85歩(詰めろ)▲同歩
△86銀、の寄せなら多分勝ちだと思います。
YSSはこういう局面で受けに回りやすいで指させるのは難しそうなのですが。


Second KGS Computer Go Tournament  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月 8日(日)18時58分17秒
9路盤の大会がKGSで行われています。
参加11チームで12試合もするそうです。
http://kgs.kiseido.com/en_US/tournEntrants.jsp?sort=s&id=84
もっともプログラムがログインしていれば勝手に対戦させてくれるようですけど。
彩も参加しています。初戦は時間切れで負けてしまいましたが。

対局をリアルタイムでも見れます。
棋聖堂にログインして(無料)
http://kgs.kiseido.com/
「部屋」「部屋の種類」「ソシアル」「Computer Go」の部屋に行けば見ることが出来ます。


激指の棋譜が公開されています  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月 8日(日)23時26分1秒
http://www.logos.t.u-tokyo.ac.jp/~gekisashi/


お疲れ様でした  投稿者: 金子xgps  投稿日:2005年 5月 9日(月)00時12分1秒
鶴岡さん全勝優勝おめでとうございます。また皆様お疲れ様でした。

wdoorというインターネット将棋サーバにつなげているGPS将棋を、大会に参加したバージョンとほぼ同じものに更新しました。CSAプロトコル他様々なクライアントで対局可能ですので良ろしければ遊んで下さい。

まだまだ不出来な部分の多いGPS将棋ですが今後も改良を続けて行く予定ですのでどうぞよろしくお願いいたします。 
http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/



お疲れさまでした  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 5月 9日(月)20時31分35秒
参加者の皆さん、お疲れさまでした。また、一部の参加者の方々に大変ご迷惑を
お掛けしましたことをお詫びいたします。

激指の32と以下の激速い寄せには、ちょっと感動しました。因みに謎電には
その手を指せません。32同玉からなら29香と指しますが激指とは全く格が違うようです。
余談ですが懇親会で柿木師匠に「激指を目標にしなさい」とアドバイスを頂きました。
あまりに高過ぎる目標ですが、なるべく近づけるよう努力したいと思います:-)

#やっと主マシンの復旧が終わり、マトモに書き込みが出来るようになりました。


決勝次点の記録  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月 9日(月)21時20分28秒
選手権の順位別の記録を更新しました。
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/csa_all.html

表を眺めていて選手権で一番不幸?だと思われる決勝次点の記録を調べてみました。
決勝が出来たのは第6回からで、第15回の今年まで10回あったのですが、

KFEnd    3回 第9回 第12回 第15回
永世名人 2回 第8回 第10回
備後将棋 1回 第14回
礒部将棋 1回 第13回
Shotest  1回 第11回(11位)
KCC将棋  1回 第7回
丹頂     1回 第6回

と、実に3分の1近い3回もKFEndさんが次点を喰らっています。
(全部9位の次点。第11回のみ、決勝10チームだったので11位が次点)


写真おきました  投稿者: 橋本@TACOS  投稿日:2005年 5月 9日(月)21時29分17秒
選手権の写真置きました。身内の写真が多いですがご容赦を。
http://cabin.cs.inf.shizuoka.ac.jp/tacos/photo/15thCSA/index.htm

高橋さんに3月25日から全然更新してないと指摘された日誌も
久しぶりに更新しました。 
http://cabin.cs.inf.shizuoka.ac.jp/tacos/



Spearが公開されています  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月10日(火)14時18分2秒
グリンベルゲンさんが選手権に参加したバージョンのSpearを公開されています。
http://gamelab.yz.yamagata-u.ac.jp/SHOGI/SPEAR/spearmain.html


特別寄稿) 激指、全勝優勝!(第15回選手権私感)  投稿者: tss-master  投稿日:2005年 5月11日(水)00時34分38秒
皆さん、選手権お疲れ様でした。

激指、全勝優勝おめでとうございます。
圧倒的な強さを見せていただきました。

また、勝又五段との角落ち対局にも勝利されたようですね。

そして、アマ竜王戦出場の権利も取得され、
将棋ソフトファンの私も、とても喜んでおります。

実際、激指は私が2002年の12回選手権展望予想で優勝の可能性を予想的中させ
その後、3年以上選手権で暴れ、上位君臨(3位以内)を予想的中させるほど、感心注目していました。
今年は、四年目、激指にとって集大成ではなかったか?と思います。

また、激指、東大将棋、AI将棋を私の偏見と独断評価により、 
TS将棋(Tss)対応の特別指定ソフトに勝手にさせていただき、
その強さと完成度の高さを大々的にアピールし、ソフトの売り上げにも
若干の貢献をした、と勝手に恩着せがましく思っています。(MYCOMさん貢献になったかいなー?)(^^;

今回、更なる強化と更なる期待を込め、全勝優勝し、プロに角落ち対局で勝利した、
実績を評価し、激指を私の妄想する「Aルーチン・プログラム」に特別認定させていただきます。
ちなみに「Aルーチン」特別認定は、将棋ソフト初です。(なんの、こっちゃー)(^^A
もちろん、景品は、なんも出んけどねー。(^^; (セコイかいなー)
また、礼にも及びません。(なんぢゃ、そりゃー)(^^A

私が、「Cルーチン」妄想を公開し、今回の「Aルーチン・プログラム」特別認定まで
三年の月日が経っています。(私は「Cルーチン」実現を早くて2008年としています。)
これは、私から見れば、遅くも早くもなく着実に「Cルーチン」の実現に向かっています。

今後の激指の更なる強化と、「Cルーチン」の実現完成に期待しています。

そして、激指を打ち負かす、プログラムの出現に期待しています。


この文章の原文は、超長文になったので半分以上をカットし、
一文として構成したもの「tの黙示録 最終章・後日談」とtの告白録「真・黙示録」を
宮本定跡掲示板に同時公開しています。
暇な人は、ご覧ください。(たいしたもんじゃないんだけどねー)(^^A

「tの黙示録 最終章・後日談」、tの告白録「真・黙示録」宮本定跡掲示板
http://www1.bbs.livedoor.com/3013422/bbs_plain?range=-20&base=160


RE:Spearが公開されています    投稿者: 都万  投稿日:2005年 5月11日(水)21時24分3秒
なんか、これおかしくない?
一局しか調べてないけど、SPEAR先手で▲9六歩、△8四歩、▲5八金左(×)、△8五歩、▲4八銀(×)、△8六歩って展開なの?
一番高いレベルで、こういう指し手だと俺だったら25級と判断するよ。


アマ竜王戦  投稿者: 鶴岡  投稿日:2005年 5月11日(水)23時01分28秒
橋本さん、山下さん、金子さん、高橋さん、tss-master さん、ありがとうございます。
コンピュータ将棋をより広く知っていただくためにも、アマ竜王戦ではなんとか予選突破できるよう今から頑張ります。
アマ竜王戦では選手権とはだいぶ異なった力が要求されそうです。コンピュータ同士の対局ですと、読みの深さが勝敗に直結するという感じがある程度ありますが、人間の高段者との対局の場合、序盤をなんとか乗り切らないと勝負形にすらさせてもらえなさそうです。持ち時間も40分・秒読み40秒とかなり長いので、時間の使い方もこれからいろいろと試行錯誤してみます。


レーティング対戦について  投稿者: 24観戦者  投稿日:2005年 5月13日(金)23時06分29秒
Yss-computer様

将棋倶楽部24で観戦させていただいてます。
見ていて面白くありません。(下位との対戦しかないので)
このままだと、下位との対戦データしか取れません。
(2300点台だと、激指4で普通に可能です。たとえば、S?????3)
2400・2500点台と戦って下さいませ。
そのためには、自分から挑戦する。
その方法は、
1.休憩室にいて、更新ボタンを押して、ねらう点の所を表示する。
(と言っても、普通5段だと一番上に表示されている。)
2.待っている相手が見つかるまで、1を繰り返し
3.相手がいたら、挑戦する。
4.挑戦を受けてくれたら、対戦。くれなければ1へ

よろしくお願いいたします。


Re: レーティング対戦について    投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月14日(土)01時10分49秒
私の方針としてこちらからは挑戦しないようにしています。


選手権の棋譜が公開されています  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月14日(土)01時17分35秒
http://www.computer-shogi.org/
会場でも話題になった二次予選の丸山−礒部将棋の1057手の1局は面白かったです。
丸山将棋の「歩をまったく動かさず何もしてこない作戦」はくらったら怖そうです。
お互いそういう作戦だと先手が1秒差で時間切れで負ける?のでしょうかね・・・。


キタ!キタ!!キタァ!!!  投稿者: 丸電  投稿日:2005年 5月17日(火)17時53分50秒
大会参加者・スタッフの皆さんお疲れ様でした。
激指チームの皆さん、全勝優勝おめでとうございます!
勝又先生との角落ち戦の結果を知ったときはしばし呆然としてしまいました。
ホント!自分のことのようにうれしいです。
(勝又先生、いつも対局して下さり大変感謝です)
次はアマ竜王戦。超絶期待してます!

http://www.geocities.jp/y_maruden/shogi/documents/m004.htm
4年以上前のアンケート。最も楽観派だった山下さんの予想が現実味を帯びてき
たような気がします(「2006年プロ棋士に勝つ」)。人間もコンピュータも頑張れ!!


ぷれすて3  投稿者: (^o^)  投稿日:2005年 5月18日(水)01時15分52秒
PlayStation3 で今までのPlayStation用のAI将棋やったら、考慮時間短くなります?


Re:ぷれすて3  投稿者: 都万  投稿日:2005年 5月18日(水)05時47分29秒
ぷれすて1がぷれすて2に移行するときは、ぷれすて1のCPUをぷれすて2が別途積んでいて実行可能にしていた。
だから、実行可能なんだけど、性能的には同じはず。
この形でぷれすて2がぷれすて3に移行してるなら同じ性能になるはず。
ぷれすて1,2のソフトがぷれすて3で実行可能と昨日SCEが発表してるが、どの形になるかは発表されてないのでよくわかりません。
ただ、ぷれすて3のCPU性能は見たけど、3.2GHz(約10倍),256Mbyte(8倍)とパソコンレベルの性能までアップしてる。
このCPU向けにAI将棋をハッシュメモリを十分取って調整すればパソコンに近い性能にはなると思います。
ただ、ハードの性能が良すぎるので、金額が高くならなければと心配するしだいです。


AMD的にOK  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 5月24日(火)02時40分53秒
今回、かなり心配はしてましたが、
コンピュータ将棋協会(略称:CSA)の瀧澤武信会長は、次のように述べています:-) 
http://www.amd.com/jp-ja/Corporate/VirtualPressRoom/0,,51_104_543~98300%2c00.html



AMDの宣伝  投稿者: 橋本  投稿日:2005年 5月24日(火)11時20分14秒
AMDさんせっかく協賛されているのに、いつもこの結果
あまり宣伝されてないですよね。
今回の決勝進出プログラムすべてがAMD使ってるという結果は
結構世間的にインパクトあると思うんですが。
選手権の模様を撮ってCMとか作っていただけるとありがたいなあ
といつも思います。


将棋倶楽部24でのYSSのレーティング  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月25日(水)09時33分48秒
今年もまた、24でYSSのレーティングを計ってみました。
2324点から開始して、全部で54局対戦して2463点で終わりました。
点数が移動したのは52局で去年と同じです。
昨年からは139点アップになります。

実行機種は去年がOpteron248 x2、今年がOpteron852 x4です。
Opteron248を1とすると、並列化で推定1.5倍。
Opteron252は単体で1.16倍速く、また4CPUの並列化で推定2.2倍。
なので去年が1.5、今年が1.16*2.2 = 2.55、 2.55/1.6 = 1.6、で
約1.6倍速いマシンを使ったことになります。

ハンドル:Yss-computer 
現在R 2463点(6段) 最高R 2478点(6段) 2005/05/12 〜 2005/05/16
全54局 37勝15敗2千日手 勝率 0.71

CPU: Opteron 852(2.6GHz) x4 1手18秒。基本10手読み、ハッシュ512MB。
対局は全て早指し(持時間1分で切れたら30秒) 戦型は乱数で選択。 

また、対戦していただいた強豪の方々はありがとうございました。

下は2001年からの大雑把なレーティングの推移です。


TACOS自戦記  投稿者: 橋本  投稿日:2005年 5月25日(水)14時57分19秒
選手権のTACOS自戦記を2次予選だけですが書きました。
良かったらご覧下さい。 
http://cabin.cs.inf.shizuoka.ac.jp/tacos/



Re:TACOS自戦記  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 5月25日(水)18時21分15秒
見たですよ。証拠隠滅しました。それだけ(笑)


Re:TACOS自戦記  投稿者: 橋本@TACOS  投稿日:2005年 5月25日(水)22時08分9秒
高橋さん、ご指摘どうもありがとうございます。修正しました。
また間違いがありましたら突っ込みお願いします。
将棋の解説ももう自信ないのでおかしかったら教えてください。<皆様
#メールアドレスをHPにさらすとジャンクの餌食になるかと思い
消してしまいました。この欄に書きましたので何かあったら
こちらにお願いします<皆様


4スレッドでの実質高速化  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月30日(月)11時14分36秒
実際に4CPUでどの程度強くなったか調べてみました。
思考時間を1手1秒、などに固定して並列化させた版とさせていない版を自己対戦させてます。

Opteron852 (2.6GHz) x4

           1CPU  4CPU
1手 1秒固定 362勝 638勝 勝率 = 0.638  推定 = 1.7倍高速化
1手 4秒固定 315勝 685勝 勝率 = 0.685  推定 = 2.2倍高速化
1手10秒固定 131勝 267勝 勝率 = 0.670  推定 = 2.0倍高速化

対局数は1000局です。(1手10秒は398局)
1CPUはシングルCPU用にコンパイルしたもので4CPUはスレッド4つで走らせたものです。
1秒、と時間が短い方が並列化の勝率が悪くなってます。
4秒で勝率0.68まで上がり、10秒ではやや下がるもの、どうやらこれ以上は0.67で
落ち着く?ようです。
ルートでは並列化してない、スレッドをCPU固定にするNUMA対策?とかはしてないので
もう少し速くなるかもしれません。


思考時間を単純に2倍、4倍にした時の勝率  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月30日(月)11時16分3秒
下で推定高速化、の元にした対戦データです。

Opteron248 (2.2GHz) シングルスレッドでの実験です。

2倍の思考時間                2倍考えた時の勝率
1手1秒 1手2秒  326勝  674敗  勝率 = 0.674
1手2秒 1手4秒  282勝  598敗  勝率 = 0.679
1手4秒 1手8秒  323勝  677敗  勝率 = 0.677


4倍の思考時間
1手1秒 1手4秒  211勝  789敗  勝率 = 0.789

YSSの場合、だいたい2倍の思考時間を使うと(自己対戦では)0.67程度の勝率に
落ち着きそうです。


CPUの速度差による勝率の概算  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月30日(月)11時17分56秒
2倍の時、勝率0.67、4倍では勝率0.79。
仮に2倍のさらに2倍でもこの関係が続くと仮定してみます。
AはBの2倍考え、BはCの2倍考えるとすると、AとCの勝率は

   A       B       C
   67  :  33 
          67   :  33
67*67 : 33*67
         67*33 : 33*33
67*67 :       : 33*33

となって4倍の時は 67*67 : 33*33 = 4489 : 1089,  4489 / (4489 + 1089) = 0.805
とかなり実際の数値(4倍で0.79)に近い値が出てきます。
そこで、勝率をyとすると、
y = x^n / ( x^n + (1-x)^n );   ... n = log2 w w...はCPUの速度差, 上の例ではx=0.67
が速度差から勝率を出す式になります。

また、勝率からレーティングを出すのに下のページにある
ブラッド−リー・テリー・モデルによる期待勝率、We(=期待勝率)を使ってみます。
http://www10.plala.or.jp/greenstone/content1_3.html
We = 1/ (10^(-(dr/400)) +1) , dr:レーティングの差(=R点差) 
dr = -400 * log((1-We) / We) / log10;

で作ったソースが下です。

{
    double x = 0.67; // 2倍の時の勝率
    double w,y,n,dr;
    for (w=1.0; w<=4.0; w+=0.1) {
        n = log(w) / log(2.0); // log2 w =  log w / log 2  ... 底はeとする
        y = pow(x,n) / ( pow(x,n) + pow(1.0-x,n) );
        dr = -400.0 * log( (1.0-y) / y ) / log(10.0);
        PRT("思考時間の差 w=%4.1f, 勝率 y=%.3f, レーティング差=%5.1f\n",w,y,dr);
    }
}


30倍速いマシンを  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月30日(月)11時19分25秒
上のソースの結果がこれで1手4秒での4CPUの勝率0.685から
推定高速化を2.2倍としています。

思考時間の差 w= 1.0, 勝率 y=0.500, レーティング差=  0.0
思考時間の差 w= 1.7, 勝率 y=0.632, レーティング差= 94.2
思考時間の差 w= 2.0, 勝率 y=0.670, レーティング差=123.0
思考時間の差 w= 2.2, 勝率 y=0.686, レーティング差=135.9
思考時間の差 w= 3.0, 勝率 y=0.758, レーティング差=197.9
思考時間の差 w= 4.0, 勝率 y=0.805, レーティング差=246.0
...
思考時間の差 w=30.0, 勝率 y=0.970, レーティング差=603.7


YSSの将棋倶楽部24でのレーティングが2463点で、24の最高レーティングが3003点の
デクシさんに追いつくにはあと600点ぐらい上げる必要があります。

で、上の表では現在のCPUの30倍速いマシンを使えば追いつく計算になります。


Re:30倍速いマシンを  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 5月30日(月)20時46分44秒
Opteron852Quadの30倍ですか。毎秒80万局面/秒の30倍として2400万局面/秒ですね、
あくまで実効で。自己対戦の結果に基いて、という前提、持時間の短い将棋、
という条件はあるものの、的を得た良い数字だと思います。実際1手900秒とか
思考させると異常に難しい問題を解いたりしますしね。時の名人・竜王相手なら、
更にその30倍くらいでしょうか、対局規定(持時間)が異なることも考慮すれば。


Re:30倍速いマシンを  投稿者: 山下  投稿日:2005年 5月31日(火)19時20分3秒
そうですね、この数字はあくまでも自己対戦の結果の理想値にすぎないので
実際の勝率は(対人の場合)もっと下がると思います。

対局数は少ないのですが、他の市販ソフト相手の結果では

1CPU
199局 112勝87敗 勝率=0.56 (消費時間合計 YSS 1011分、相手  758分)

4CPU
218局 138勝80敗 勝率=0.63 (消費時間合計 YSS  997分、相手 1328分)

と勝率0.56 ---> 0.63 の勝率0.57アップ程度に収まってます。
自己対戦の0.67と比べると随分下がる感じです。
(思考時間がかなり違ってるので何ともいえないのですが)


はじめまして  投稿者: Bonanza の作者  投稿日:2005年 6月 2日(木)00時38分24秒
はじめまして.

今まで趣味でコンピュータ将棋を一人寂しく作っていました (笑).
最近になり急に思い立ち,Win 上で動くソフトとして公開することに
しました.お暇がありましたら,是非遊んで見てください. 
http://www.geocities.jp/bonanza_shogi/



Re: はじめまして  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月 2日(木)03時51分18秒
Pentium4 2GHzで2400を超えてる、というのはすさまじいですね。
現在最強のソフトかもしれません。
ぜひ、来年の選手権には参加されてみてください。

棋譜も幾つか並べてみましたがコンピュータらしい手がかなり少なく、
かなり人間に近づいた気がしました。


(無題)  投稿者: Bonanza の作者  投稿日:2005年 6月 2日(木)10時12分39秒
お返事有難うございます.

> ぜひ、来年の選手権には参加されてみてください。

はい,なんとか参加したいです.

> かなり人間に近づいた気がしました。 

このコメント,とても嬉しいです.


来年といわず  投稿者: 暴難座  投稿日:2005年 6月 2日(木)11時06分0秒
>10月22-23日 コンピュータ将棋王者決定戦 東京 

この出場資格は、どういう決まりなんでしょうか。


re:来年といわず  投稿者: 都万  投稿日:2005年 6月 2日(木)21時47分51秒
これ、2年に1回行われている大会なんですが、毎回コンピュータ将棋選手権の上位8チーム(辞退があれば繰り上げ)なので今回もそうなっていると思います。


(無題)  投稿者: Bonanza の作者  投稿日:2005年 6月 3日(金)14時33分23秒
> 木偶の坊0.74。CSA将棋Ver3.01(bonanzaに付属)に対応。

光栄です!

しかし,PC 間の通信をしたことがないのでよくわからないのですが,通信機能が付いている CSA 将棋に木偶の坊は必要ないと思うのです...

Win マシン 一台で,というのであれば,仮想 COM ポートを作成して 2つのポートのループを作成する方法があります.Eltima Software の Virtual Serial Port, ActiveX Control の体験版でうまくいきました.この方法だと木偶の坊を一台立ち上げるだけですみます.


Re: はじめまして  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 6月 3日(金)15時01分39秒
いらっしゃいませ。Bonanza試してみました。
是非、世界の場で、その実力をご披露くださいませ。
僭越ながら、開発者一同、Bonanzaの作者様の選手権へのご参加を、
心よりお待ち申しあげます。


あ、いえ連続対戦させたいためです(汗)  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月 3日(金)19時40分36秒
CSA将棋には通信機能がついてるので1回だけ対戦させる分には全然問題がないのですが、
1局だけではあまりデータとして参考にならないので、100局とか対戦させて
統計をとるために使ってます。

木偶の坊を使うと、例えばYSSから先手で開始して1局終わった後に、30秒後に
自動的に先後を入れ替えて再対局するようになってます。
将棋ソフトを作ってる人にしか役に立たない機能ですが。

かなり攻めてくる棋風ですね。
(YSSが受けすぎという話もあるのですが)
それと序盤で長手順の最善応手手順がかなりそれらしく出てくるところに感心しました。
終盤は地平線効果が少し目立ちますが、それでも相当強いです。

最近では対戦させるソフトがマンネリ化してたので
新しい棋風のBonanzaと対戦は新鮮で面白いです。


仮想COMポート  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月 3日(金)19時47分2秒
> Eltima Software の Virtual Serial Port, ActiveX Control の体験版で

あと、これは確か1024バイトとかの制限がなかったでしょうか?
(最近のバージョンは知らないのですが)
以前、試したときは7局目ぐらいでデータが送受信されずに、止まってしまい
結局、LANを使って127.0.0.1のIPで対戦する形式にしました。


Third KGS Computer Go Tournament  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月 3日(金)21時29分44秒
Nick Weddが主催しているネット碁サーバのKGS(棋聖堂)で行われる
コンピュータ囲碁同士の大会が5日の日曜日、16時からスイス式4回戦で
開催されます。今回は19路盤で持ち時間58分、というかなり長いものです。
ちなみに前回の9路盤では彩が優勝しています(GnuGoに勝ったのはうれしかったです)。
http://kgs.kiseido.com/en_US/tournEntrants.jsp?sort=s&id=84

参加するにはGTP(Go Text Protocol)に対応させる必要があってちょっと大変です。

1. GTPに対応。 http://www.lysator.liu.se/~gunnar/gtp/ (現在クラックされた?とかで見れませんが)
2. KgsGtpを落としてくる(Java 1.5のJREが必要)
3. KGSのアカウントを取得(無料)。
   コンピュータ用、と個人用(人間用)があれば便利です。
   IDを作成したらログインしないと24時間たつとIDが消えてしまいます。
4. java -jar kgsGtp.jar config.play  でKGSに接続。

詳しくは下のページの
How to Enter a KGS Computer Go Tournament
に書いてあります。
http://www.weddslist.com/kgs/index.html


また今回から、"open"と"formal"という2つのエントリーに分かれていて、
GnuGoのコードをちょっと改変したバージョンとかは"open"にしか
参加できないようになっています。"formal"にはGo4++も参加するようです。
Formal http://kgs.kiseido.com/ja_JP/tournInfo.jsp?id=91
Open   http://kgs.kiseido.com/ja_JP/tournInfo.jsp?id=92

ハンドルとプログラム名、作者の一覧
http://www.weddslist.com/kgs/names.html
大会結果一覧と予定表
http://www.weddslist.com/kgs/future.html

ちなみにいったん、プログラムがログインしてしまえば、後は8時間ぐらい放っておけば、
対戦、組み合わせ、などは向こうでやってくれる(はず)です。


(無題)  投稿者: Bonanza の作者  投稿日:2005年 6月 3日(金)23時58分6秒
高橋様,

初めまして.

> 僭越ながら、開発者一同、Bonanzaの作者様の選手権へのご参加を、
> 心よりお待ち申しあげます。 

ありがとうございます.でもあまり誘わないでください.行けるかどうかはわからないので...

代理で出て頂けたりする,近所に住んでいる方はいらっしゃらないでしょうか...

本当に行きたいです.同じ趣味を共有する製作者の方々とお話できることがとても魅力です.


山下様,

なるほど,連続対戦が可能になるんですね! すばらしい.

> 終盤は地平線効果が少し目立ちますが、

その通りなんです.しかも,少しどころではないです (涙).


> 新しい棋風のBonanzaと対戦は新鮮で面白いです。 

それを楽しんでいただければ嬉しいです.


> あと、これは確か1024バイトとかの制限がなかったでしょうか?

最近ダウンロードしてみた所,制限は com6 <--> com7 のみ,2MByte です.


SlugGoがGo++を半目で破る!  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月 6日(月)08時20分49秒
日本時間の深夜1時から行われていた19路盤のKGS ComputerGo Tournamentですが
スイス式4回戦の結果、SlugGoが4戦全勝で優勝しました。

注目はなんといっても最終戦のGo++とSlugGoの戦いで、
半目!でSlugGoがGo++を破りました(コミ7目半、中国ルール)。
棋譜はこちら。
http://kgs.kiseido.com/games/2005/6/5/slugGo-gopp.sgf
大会結果はこちら
http://kgs.kiseido.com/en_US/tournEntrants.jsp?sort=s&id=91

SlugGoはアメリカのカルフォルニア大学で作られている
プロジェクトで、思考ルーチンそのものはGnuGoを利用しています。
(たぶん?このページ) http://www.soe.ucsc.edu/~harrywan/
面白いのはGnuGoが選んだ候補手、10手ぐらいを複数のパソコンに
分散させて直線的に16手先まで読んでから、手を決めるところです。
直線的に読むので時間も16倍かかります。

今回は持ち時間58分だったので、2手先までしか読んでいない、
とのことでした。17台程度のG5 Mac上で計算させていたそうです。
(実際には70台あるそうですが、残りは物理学の計算に使われている、とのこと)

彩も参加したのですがGo++と中堅のDariushに負けて2-2でした。
大会は真夜中にあったので最初にプログラムをKGSに繋いで寝ていたら
朝には4局、ちゃんと終わってました。


新風、Bonanza  投稿者: tss_master  投稿日:2005年 6月 7日(火)08時57分23秒
Bonanzaの作者さんへ

Bonanzaを、ダウンロードしました。

素晴らしいプログラムをフリーソフトウェアでの公開という、太腹さに感謝します。
また、楽しい時間を過ごす事ができました。ありがとうございます。

bonanza /語源
スペイン語「快晴, 成功」の意

・将棋倶楽部 24 でのレートは約 2400 (Pentium4 2GHz,1手 18秒). 
・20Mbyte 以下の使用メモリで軽快に動作.一昔前のコンピュータでも十分なパフォーマンス 
・詰みのみでなく,必死の概念も理解 
・Bonanza 同士の激しい戦いを観戦可能 (千日手を選ぶ場合もあります) 
・読み筋,優劣評価点を表示可能 
・コンピュータの割に,攻守バランスの取れた自然な棋風.人間指しの疑いをかけられた時もありました
・序盤定跡 20 万手登録 
・現在の家庭用 PC における思考の速さ約 30 万局面/1秒 

Bonanzaの出現は、私には驚異です。

私のBonanzaの印象は、
シンプル[Simple}(むだな所が無い)
スマート{Smart](しゃれた感じ)
コンパクト[Compact](小さく まとまっていて内容が充実している)なのに
シャープ[sharp](鋭い)で
ストロング[Strong](強力、堅固)となります。
そして、それは、私の妄想する最強の将棋プログラムの理想像でもあります。

Bonanzaは、私にとってde・ja vu 感漂う、オーパーツ的なプログラムと言えます。
(懐かしく、それでいて、その時代には、実在し得ない物が存在している、の意)
オーパーツ的とは、まるで未来から現代に来たような、独特な独創的なことを言います。
Bonanzaは、私の妄想する最強の将棋プログラムの理想像の特徴にいくつか類似しています。

私自身、いまだかつて、これほど完成度の高い将棋プログラムは、見た事がありません。

いまだに、Bonanzaの実在が信じられません。(大袈裟かいなー)(^^;

Bonanzaとは、私には「成功した」を意味します。

Bonanzaは、最強、最速、最高、傑作の要素を兼ね備えた「3SK−Program」と勝手に呼んでいます。

来年のBonanzaの選手権出場に関して、その結果予想を私に求めたい人がいるかと思いますが、
私には、恐ろしくて答えられません。←(答えになっている?)(^^;

私の妄想する最強の将棋プログラムの理想文を宮本掲示板に寄稿しています。
この文をフリーソフトウェアでの公開のお礼というわけではないのですが
Bonanzaに捧げます。(いるんかいなー)(^^A

宮本定跡掲示板〜復刻版)tの妄想「マスター・プログラム」for Bonanza
http://www1.bbs.livedoor.com/3013422/bbs_plain


Bonanzaの今後の活躍に期待します。ありがとうございました。


グリンベルゲンさんのレポート  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月10日(金)19時51分28秒
恒例?のグリンベルゲンさんの選手権のレポートがアップされています。
http://gamelab.yz.yamagata-u.ac.jp/SHOGI/CSA2005/15csa.html
一次予選で通信が動かすに不調だったShotestを、隠岐の増本さんが
通信ポート?のバイナリを書き換えて動かせるようにしたばっかりに、
隠岐は11位で予選落ちしてしまった、という話がなんかよかったです。


Re:グリンベルゲンさんのレポート  投稿者: 都万  投稿日:2005年 6月11日(土)09時57分59秒
あっ、これはShotestがCOM1,COM2ポートの通信プログラムになっていて、用意したマシンがUSBでCOM4,COM5,COM6しかなかったので、Shotestの実行形式をダンプしてCOM1の文字列をCOM4に変更しただけです。
Shotestは、強いプログラムで将棋界発展の為にも勝ってもらわないといけないし、困っている訳だから、緊急のパッチを発行しました。
昔、森田将棋にコピープロテクトが入っていたので、機械語を調べてコピープロテクトをチェックしているモジュールを外すパッチを発行した事があるので、こういうのは慣れているんです。内緒、内緒。


応用物理の最前線  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月11日(土)12時54分51秒
知人に教えてもらったのですが、
「応用物理の最前線」という本の第4章にコンピュータ将棋の話
「コンピュータはプロ棋士になれるか」が掲載されています。
著者は堤正義氏です。

応用物理?という分野とはちょっと違う気もするのですけど、
コンピュータ将棋の話が載ってるのはうれしいですね。

ブルーバックスの本は図書館で読む本、というイメージが強かったのですが
今回初めて買ってみました。
他の章の話は知らないことが多くて面白そうです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062574500/


自己対戦の結果と対市販ソフトとの比較  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月15日(水)11時08分15秒
自己対戦では思考時間を2倍にしたら勝率0.67で強くなったのですが
では市販ソフト相手ではどうか、と思い、
思考時間を必ず10秒使うもの、20秒使うもので対戦させてみました。

1手10秒 155勝205敗 勝率 0.43 (360局)
1手20秒 170勝158敗 勝率 0.52 (328局)
(勝敗はYSSから見て)

10秒での勝率が0.43、20秒が0.52でした。
もし20秒が0.67で強いのなら、20秒の勝率は0.61程度になると思うのですが
勝率0.59程度でしか強くなってません。

勝率 0.43 ---> 0.52 勝率 0.59 up! (現実)
勝率 0.43 ---> 0.61 勝率 0.67 up! (理想)

ちょっと対局数が少ないのですが、自己対戦の結果ほど、実際?の棋力は強くは
なっていないようです。


Re:自己対戦の結果と対市販ソフトとの比較  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 6月15日(水)15時35分38秒
2倍で勝率0.59が正しいものとすると、
-400*log((1-0.59)/0.59)/log(10)=63.227...
となって、2倍高速化するとR63程度強くなるということですね。
log(9)/log(2)*63.227=200.424なので、単純計算で約9倍高速化すると
R200強くなることを示しますが、相当信憑性の高い結果に感じますね。


Re:自己対戦の結果と対市販ソフトとの比較  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月15日(水)19時00分46秒
> 単純計算で約9倍高速化するとR200強くなることを示しますが、

確か初期の頃のチェスでは1手深く読むと(平均可能手36手の平方根で6倍時間を使うと)
R200点ぐらい上がる、というのがあったと思うのですが、
将棋も1手深く読むと(平均80手の平方根で9倍時間を使うと)同じように
R200上がるとすれば面白いですね。


何手読んでも・・・  投稿者: ソフト好き  投稿日:2005年 6月19日(日)13時32分18秒
良い手を読まないと・・・

東大7に対する必勝手順をみつけました。。


Cマガジンでリーバシの大会?  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月21日(火)16時25分53秒
今月の7月号Cマガジンのプログラミング研究会、のページで
「リバーシ思考ルーチン」
という題名で思考ルーチンを募集してます。
言語はJavaか、C/C++で、AthlonXP1800+で1手60秒以内、という制限付きとのことです。
総当りかスイス式、もしくはトーナメントで3位までには賞品がでるとのこと。
締め切りは7月18日まででとのことです。
http://www.cmagazine.jp/

本誌掲載プログラムのご案内
http://www.cmagazine.jp/download/0507/index.html
サンプルのGUIのソースはこちらから落とせます。
http://www.cmagazine.jp/download/0507/PROGLAB.LZH


Hydraと人間の対戦  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月23日(木)20時03分29秒
6月21日〜27日にかけてイギリスで
GMのMichael Adams(ELO 2741点)とFPGAのチェスプログラムである
Hydraが6回戦を行っています。
現在のところ2局終わって、人間から見て、負け、引き分けで
×=
の0.5-1.5です。

Hydraは32個のXeonと32枚のFPGAカードで毎秒1億から2億手を読むそうです。
(実際には64個のXeonがあるそうですが半分しか使ってないそうです)

チェスベースの紹介記事
http://www.chessbase.com/newsdetail.asp?newsid=2462
対戦のページ
http://tournament.hydrachess.com/


Re:Hydraと人間の対戦  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 6月24日(金)01時49分52秒
>(実際には64個のXeonがあるそうですが半分しか使ってないそうです)
このあたり、あっちこっちで違うことが書かれているので混乱してます。
もしかすると、32個のXeonをHTで動かして「64CPU」と解釈できますし、
実のところは判りません。返事を貰えるかどうかわからないですけど、
メイルでChrillyに訊ねてみます。


Re:Hydraと人間の対戦  投稿者: HyrdaWatcher  投稿日:2005年 6月24日(金)09時04分41秒
>(実際には64個のXeonがあるそうですが半分しか使ってないそうです)
以前CCCで、FPGAを注文する人が勘違いして32個しか注文しなくて
現状そうなっていると読みました(1ヶ月以上前の話)。
本当のような、うそのような話。


Re:Hydraと人間の対戦  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月24日(金)14時15分11秒
> 以前CCCで、FPGAを注文する人が勘違いして32個しか注文しなくて

本当だとしたら面白いですね。
XeonそのものがDualで動いてますし、さらにFPGAは1台のマシンに二枚差さって
1枚のFPGAには2つのチェスコアがあって・・・、書いてるほうも混乱しますが
作ってる方も混乱してたのかも。

3戦目もHydraの勝ちで
×=×
の人間の0.5-2.5です。
DeepBlueよりは明確に強い!というだけのことはあるかもしれません。

> Is Hydra as strong as Deep Blue?
> We think Hydra is considerable stronger.
http://tournament.hydrachess.com/faq.php


アマ竜王戦は明日から  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月24日(金)23時18分5秒
激指が参加するアマ竜王戦が明日からチサンホテル浜松町で開催されます。
将棋パイナップルによると激指は下のブロックのようです。

9組 岡本、激指、吉永、小川
http://shogi-pineapple.com/

予選は2勝通過、2敗失格で、1勝1敗の場合は(確か)他の組の1勝1敗と
抽選で対戦するはずです。

チサンホテル浜松町(JR浜松町駅から徒歩8分)
http://www.e-htl.com/ShisetsuDetail.aspx?ck=4013&st=035
将棋連盟のアマ竜王戦のページ
http://www.shogi.or.jp/taikai/amaryuu/amaryuuou.html


Re: アマ竜王戦は明日から  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月25日(土)03時32分6秒
24日の読売新聞の朝刊に選手のコメント一覧が載っているのですが
奈良県代表の篠田さん(6年前のアマ竜王)のコメントがふるっています。
「将棋ソフトに負けても関東勢には負けたくない」

ちなみに鶴岡さんのコメントは謙虚で
「まず1勝」でした。


(無題)  投稿者: ソフト好き  投稿日:2005年 6月25日(土)15時13分14秒
激さしやるな〜

東大7の必勝手順をまたみつけた・・・


Re: アマ竜王戦は明日から  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月25日(土)15時14分50秒
既報の通り、激指が2連勝で予選を抜けました。
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20050625it04.htm

読売新聞の今日の夕刊の1面!に写真つきで載るそうです。
また月曜日の夜10時からNHKで少し放映されるそうです。
本戦1回戦は午後3時20分からです。


激指の予選の棋譜  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月25日(土)15時19分2秒
予選の棋譜です。
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/vs_okamoto_sjis.csa
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/vs_ogawa_sjis.csa


Re: アマ竜王戦は明日から  投稿者: うさぴょんの育ての親  投稿日:2005年 6月25日(土)16時16分12秒
鶴岡さん、まずはおめでとうございます。

次の目標は本戦で一勝、ですね!


(無題)  投稿者: ソフト好き  投稿日:2005年 6月25日(土)17時26分2秒
本戦1勝突破!

先には今泉(さん)が・・・ベスト4をねらえ!


Re: アマ竜王戦は明日から  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 6月25日(土)23時50分25秒
実に期待を裏切らないなあ。この勢いで優勝されることを願っています。
ところで記事がなくなっているようです。↓に変更されたのかもしれません。

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20050625i511.htm


アマ竜王戦予選突破  投稿者: 丸電ユキオ  投稿日:2005年 6月26日(日)00時46分28秒
おめでとうございます。
ニュースの扱いも今までで最高ではないかな。
これからの本選での活躍も期待してます。
感慨無量。


アマ竜王戦全国大会の写真  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月26日(日)01時52分12秒
写真を公開しました。
http://www.yss-aya.com/photo/20050625amaryuou/20050625amaryu.html

また動画も少しあります。
1局目の詰み手順から感想戦の入り口まで。(3分54秒)
http://www.yss-aya.com/PICT2662.mpg
ちょっと周囲を撮ったもの。
http://www.yss-aya.com/PICT2661.mpg

また、棋譜はCSAのページで公開されています。
http://www.computer-shogi.org/

本戦2回戦は今日の朝9時から同場所で行われます。


激指スペック  投稿者: acchonsf  投稿日:2005年 6月26日(日)05時18分42秒
山下様
アマ竜王戦の棋譜、動画どうもありがとうございます。
さて、今回の激指のPCスペックの情報をご存知でしょうか?

もし可能であれば教えていただけると大変参考になります。
写真を拝見しているとノートPCのように見えますが、
これでは最大限の実力を発揮できていないのでは?と疑問に思った次第です。

よろしくお願いいたします。


(無題)  投稿者: ソフト好き  投稿日:2005年 6月26日(日)09時31分18秒
棋譜はどうやって見るのでしょうか・・・


アマ竜王戦  投稿者: bignner  投稿日:2005年 6月26日(日)10時31分11秒
昨日の三局で激指に疑問手ありました?


激指は本戦2回戦で敗れる  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月26日(日)11時29分12秒
激指は福井県代表の田中さんの本戦の2回戦で敗れました。
昨日とは別人?のような指し回しで、
昨日と今日でコンピュータの長所、短所がでた対局だったと思います。

現在、奈良県代表の篠田さんとエキジビジョンマッチ?が45分40秒で
指されています。戦型は角換り。

棋譜は下に置きました。
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/geki_ama.lzh


Re: 激指スペック  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月26日(日)11時30分42秒
激指のスペックはOpteron252(2.6GHz) x2、のはずです。
ノートは単なる入力用で、下にタワーが走ってます。


(無題)  投稿者: acchonsf  投稿日:2005年 6月26日(日)12時08分49秒
スペック情報ありがとうございます。詳細なスペックを知ることが出来ると
より興味を持てそうです。ずうずうしいお願いではありますが
作者様にお会いすることがあれば是非お伝えください。
詳細な情報例:大会用のソフトなのか?、memory,motherboard等

>ノートは単なる入力用で、下にタワーが走ってます。
なるほど。それはそうですよね。納得しました。

いずれにせよ返答どうもありがとうございました。山下様


エキシビジョン対戦  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月26日(日)14時11分18秒
篠田さんとの将棋は最後に必死かかかる順があったのですが
これを篠田さんが逃し、激指が勝ちました。
現在、前アマ竜王の加藤さんとエキシビジョンが行われています。


(無題)  投稿者: ソフト好き  投稿日:2005年 6月26日(日)14時32分27秒
序盤さえのりきれば6段近くあるんでしょうね


明暗・・  投稿者: hiro  投稿日:2005年 6月26日(日)17時00分5秒
小川さんとの対戦は2局とも光速の寄せ(詰み)では
ありませんか・・いゃあ〜凄いです。
ところが田中さんとの棋譜はチョッと残念です。
この急転直下は何なんでしょうね。惜しまれます。

でも新時代の予感がしました。


激指のテレビ放送  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月26日(日)23時41分46秒
CSAのMLによると明日、月曜日の早朝6時と午後10時に
日ッテレとNHKで映像が流れる予定、とのことです。

> 日本テレビ朝6:30頃 ズームインSUPER(5:30-8:00)内
> NHK夜22:00頃 NHKニュース10(22:00-23:00)内


激指  投稿者: 鶴岡  投稿日:2005年 6月27日(月)00時43分4秒
応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。会場でもコンピュータ将棋の方々がたくさんいらして心強かったです。
今大会で激指が指した棋譜はすべてコンピュータ将棋協会のページで公開されているようです。
http://www.computer-shogi.org/kifu/ryuoh18/gekisashi.html
2日目は最初の対局でいきなり終わってしまいましたが、いかにもコンピュータらしい負け方で、これはこれで良かったかなと思います。
エキシビジョンでは、元アマ竜王と前アマ竜王と対局するというまたとない機会をいただきました。激指の中盤力にはわりと自信があったのですが、やはりアマトップの人達の中盤力は凄いです。内容的には力の差を見せ付けられたという感じです。
予選と本戦1回戦の3局はわりとよく指せたように思ったのですが、それでも、予選2局目の7八桂成とか、本戦1回戦の7二飛などはかなりの疑問手らしいです。

いろいろ反省点はありますが、大会が終わってとりあえず責任を果たしたような気がして、ちょっとほっとしています。


Re: 激指  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月27日(月)14時13分10秒
鶴岡さん、横山さん、丸山さん、今回はお疲れ様でした。
1日目の激指はやたら強くて、ひょっとしてこのまま優勝してしまうかも、
というぐらいインパクトがありました。
(2日目は逆の意味でインパクトがありましたけど)
特に加藤さんに負かされた将棋はアマトップとの力の差をはっきり
認識させられる結果で、感想戦を聞いていて刺激になりました。

人間との対戦は今までにもたくさんありましたが、
これだけの用意された大舞台での人間との対局はやはり受ける印象が全然違いますね。
次回のこの手のイベントには鶴岡さんにはギャラリーに回っていただくかもしれませんが :-)

2日目の写真をアップしました。
http://www.yss-aya.com/photo/20050625amaryuou/20050626/index01.html

動画も1つ。
人類の威厳を守った?田中さんの局後の感想です(1分29秒、ちょっと見づらいですが)
http://www.yss-aya.com/PICT2716.mpg


Re: 激指のテレビ放送  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月27日(月)14時34分31秒
日本テレビの放送を録画してみて見ました。
06:38-41まで3分ほどで、
田中さんのコメント
「序盤から定跡を外れて、悪い面が出たのではないか」
と、米長会長のコメント
「プロに勝つようなコンピュータを作ってもらいたい」
がありました。

米長会長は、以前(15年以上前)は「コンピュータに負けるはずがない」と
確か言われてたと思うのですが、驚きました。
さらに、ご自身のページで
http://homepage1.nifty.com/yonenaga-kunio/sakusaku/2_1.htm
> ごく近いうちに、アマチュアだけでなくコンピュータソフトも
> プロ入りの道を開くかどうかが検討されるかも。

いや、コンピュータ関係者が冗談でこんなことを言うことはあっても
プロ棋士のしかも会長から(冗談とはいえ)こんな発言があるとは正直びっくりしました。


激指の棋譜+コメントをkif形式で  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月27日(月)15時16分38秒
CSAのページから落とせる激指の棋譜はCSA形式で、
激指4で読み込むと形勢と読み筋も同時に表示されて便利です。

ただ柿木将棋などで見るとコメントは表示されないので、
柿木形式のコメント、という形で形勢判断と読み筋を見れるように
kif形式のコメントに変換してみました。
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/geki_ama_kif.lzh


NHKではちょっとした特集になるようです  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月27日(月)20時32分14秒
今晩22:00からのNHKでアマ竜王戦の様子が放映されるそうですが、
ちょっとした特集になるようですね。楽しみです。

22:00  NHKニュース10
▽両陛下サイパンを訪問61年前“玉砕”した島元日本兵の思い
▽将棋コンピューターvs人間勝者は
http://tv.yahoo.co.jp/vhf/kanagawa/2005062719.html


Re: 激指のテレビ放送  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 6月27日(月)21時29分18秒
>米長会長は、以前(15年以上前)は「コンピュータに負けるはずがない」と
>確か言われてたと思うのですが、驚きました。

いま手元にないんですが、将棋年鑑のアンケート「いつ、コンピュータが
プロ棋士に勝つと思いますか?」という旨の回答の中でも同様のことを
米長会長はおっしゃってましたね。因みに、関西棋士勢の回答が面白ろかったですよ。
谷川:「その時が来たら引退する」
内藤:「いつかはその日が来るだろう」
神吉:「私が最初に負けてやる」
だったと思います。再来年あたり、是非神吉と平手で(笑)


Re: 激指のテレビ放送  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月27日(月)21時43分20秒
1996年の平成8年度の将棋年鑑ですね。
9年前ですからアマ初段程度の時でしょうか。

> 神吉:「私が最初に負けてやる」

確かにありました:-)
コンピュータがプロ棋士を負かす日は?
という質問で
「思う。5年ぐらいか(最初に私が負けてやる)」

思えばこの年から将棋年鑑にコンピュータ将棋選手権の結果が
載るようになったような気がします。


Re: 激指のテレビ放送  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月27日(月)22時58分49秒
見ました。
22:40ぐらいから5分間ぐらいで、このゴールデンタイムでの5分はすごいですね。
鶴岡さんの
「100倍速くなれば早指しで名人と勝負できる可能性は高い」
と、高野五段の
「この終盤の踏み込みは羽生4冠や谷川九段に近いものがある」
のコメントが印象的でした。


Re:Hydraと人間の対戦  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月28日(火)11時48分33秒
結局、人間から見て
×=××××
の0勝5敗1引き分けの0.5-5.5でHydraが勝ちました。
この結果は、1997年のオセロでの対決、村上−ロジステロ戦の0勝6敗を
思い出させるものがあります。

人間のMichael Adamsさんはイギリスで一番強く、世界第7位のGMとのことです。

大会のページ
http://tournament.hydrachess.com/

チェスベースの記事から
Adams vs Hydra: Man 0.5 ? Machine 5.5、賞金1500万のうち、100万しか獲得できず。
http://www.chessbase.com/newsdetail.asp?newsid=2476
Adams vs Hydra: the execution continues
http://www.chessbase.com/newsdetail.asp?newsid=2473


篠田さんと加藤さんの解説  投稿者: 山下  投稿日:2005年 6月29日(水)03時47分23秒
将棋パイナップルで、激指とエキシビジョンで対戦された
篠田さんと加藤さんが詳しい解説と感想を書かれています。
http://shogi-pineapple.com/bbs/mibbs.cgi?mo=p&fo=pc&tn=0002


Re:Hydraと人間の対戦  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 7月 1日(金)19時57分42秒
>投稿日: 6月23日(木)20時03分29秒
>(実際には64個のXeonがあるそうですが半分しか使ってないそうです)

ちょっと遅くなりましたが、やっとヒマが出来たみたいで返答を貰えました。
かなり事情が複雑みたいですよ。以下、箇条書きにします。

・既に64個のXeonはあるが、実際に今使っているのは32個である。
・1つのXeonが1つのFPGAカードを制御している。
・1つのFPGAカードには、1つのコアしか入ってない。
・1つのFPGAカードに2つ入れることを試みたが、10%しか効率が上がらなかった。
・その上、システムが複雑になり不具合の元にもなった。
・そういうわけで、元(1枚のFPGAカードあたり1個のコア)に戻した。
・将来は、64個のXeonと64枚のFPGAカードのシステムにする予定。


「激指」アマ竜王戦ベスト16  投稿者: tss_master  投稿日:2005年 7月 1日(金)21時12分37秒
遅れました。

「激指」アマ竜王戦ベスト16、おめでとうございます。

私自身、まだ見てもいない「激指5」を、私の妄想する、Aルーチンに特別認定したのは、
軽率であった?との想いは正直ありました。(なんぢゃーそりゃー)(^^;

結果、私の妄想する、Aルーチン特別認定の「激指」が、アマ竜王戦ベスト16に入り、
当然の結果とは思いつつも、感激しております。

また、テレビ、新聞、雑誌等の報道で現在のコンピュータ将棋の棋力の高さを世間に
知らしめたという効果は絶大であった、と推測します。

プロ棋士にとっても油断、無視できない存在として認識されたのではないでしょうか?

今後の活躍に期待しています。

激指開発者、関係者の方、お疲れ様でした。


Re:Hydraと人間の対戦  投稿者: 山下  投稿日:2005年 7月 1日(金)21時59分47秒
高橋さん、情報ありがとうございます。

> ・そういうわけで、元(1枚のFPGAカードあたり1個のコア)に戻した。

1個に戻ってたのですか。
並列化はソフトでも面倒なのですが、ハードで1つのカードで実現するのは
さらに面倒なのでしょうね。


岐阜チャレンジ2005は10月29日(土)、30日(日)に  投稿者: 山下  投稿日:2005年 7月 1日(金)22時37分41秒
2003年から開催されている世界コンピュータ囲碁大会である
「岐阜チャレンジ2005」が2005年10月29日(土)、30日(日)に
岐阜県の大垣市で開催されるとのことです。

下に開催日の案内が出ています。
http://www.computer-go.jp/gifu2005/index.html


Re:Hydraと人間の対戦  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 7月 2日(土)17時22分54秒
Chrilly的には、1つのFPGAカードに2つのコアを入れたままで、
2つのXeonで1つのFPGAカードを制御するようにし、今あるハード資源を
フル活用することも試みたみたいですが(つまりは、1つのXeonに
1つのコアを対応させるということで、64CPUs/32FPGAs/64cores、
という構成)、FPGAカードのデバイスドライバが、そういう仕様に
対応しておらず、涙を飲んで今に至っているようです。
ちょっと見えにくい落とし穴があったものだなという気はします。
このことは教訓として、心のどこかに留めておこうと思っています。

で、64CPUs/64FPGAs構成がHydraの最終形でしょう。勝ったり負けたり
しているうちは面白いんですが、Chrilly自身も飽きて来てる感じ。
後は、彼をコンピュータ囲碁の世界に引きずり込むしかないですね:-)


本日の衛星放送で  投稿者: HydraWatcher  投稿日:2005年 7月 2日(土)18時07分13秒
田中寅が激指を弟子にしたいといっていましたね。
ソフトが県代表に勝ったことは驚きだったようです。


マルチスレッド  投稿者: たろう  投稿日:2005年 7月 3日(日)04時20分27秒
YSS はものすごいマシンで大会にでているんですね。。。

1〜2年後を考えてこれから将棋のプログラムを作るときには CPU32個で効率よく動くのを考えた方が良いのでしょうか?
そうしたら、プロに勝てるかな?


Re:マルチスレッド  投稿者: 都万  投稿日:2005年 7月 3日(日)09時48分33秒
将棋の指し手可能手が平均して八十数手くらいあるんです。
これは単純計算で全ての変化に対して1手多く読ませるには、八十数倍の処理能力が必要を意味してるんです。
CPU32個という数字がこれに対して小さ過ぎる問題があるのと、マルチCPUの場合、どのCPUにメモリアクセス権限を与えるかのハード上の問題も生じると思います。
つまり、あるCPUがメモリの値を3にして、あるCPUが4にするなんてやってもらったら困りますから。
将棋ソフトを強くするには、ハード上の飛び抜けた工夫が必要なのですが、どうもハードメーカの動きを見てるとインテルが4GHzのCPU開発を断念したように限界にぶち当たってます。
また、野下研がCPUを複数台つないでお互いに違う計算をさせる工夫で逃げる手もあるんですが、コンピュータの値段がえらい金額に爆発してしまう問題もあって難しいのです。
ハードでの成長が望めない以上、ソフトで工夫するか、持ち時間を増やすか、・・・・
いずれにせよ、今の水準で推移するような気はします。


遠い道のり  投稿者: hiro  投稿日:2005年 7月 3日(日)13時13分3秒
2億手/秒で世界チャンピオンを凌駕したチェスと違い将棋は分岐(変化)がさらに大きいため、できるだけ読まない工夫が必要なんでしょうね。有力候補手を3〜4手に絞込み、そこを深く探索するいう。高段者が普通に行っているその候補手の閃きを、つまり経験的直感という奴を如何にしてソフトで実現するのか、それが課題です。


効率よく最終形を目指す  投稿者: ヌジャーマ  投稿日:2005年 7月 5日(火)17時28分16秒
初めまして。いつも楽しくよませて頂いてます。
囲碁のコンピュータを強くするには評価プログラムが難しいと聞きました。
そこで初手からを別アプローチで考えてみたのですが、こういうのは如何でしょうか。
黒をコンピュータとします。

┌┬┬┬●┬┬┬┬●┬┬┬┬●┬┬┬┐
├┼┼┼●┼┼┼┼●┼┼┼┼●┼┼┼┤
├●●●●●●●●●●●●●●●●●┤
├┼●╋┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼╋●┼┤
●●●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼●●●
├┼●┼┼●●●●●●●●●┼┼●┼┤
├┼●┼┼●┼┼┼●┼┼┼●┼┼●┼┤
├┼●┼┼●┼┼┼●┼┼┼●┼┼●┼┤
├┼●┼┼●┼┼┼●┼┼┼●┼┼●┼┤
●●●●●●●●●●●●●●●●●●┤
├┼●┼┼●┼┼┼●┼┼┼●┼┼●┼┤
├┼●┼┼●┼┼┼●┼┼┼●┼┼●┼┤
├┼●┼┼●┼┼┼●┼┼┼●┼┼●┼┤
├┼●┼┼●●●●●●●●●┼┼●┼┤
●●●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼●●●
├┼●╋┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼╋●┼┤
├●●●●●●●●●●●●●●●●●┤
├┼┼┼●┼┼┼┼●┼┼┼┼●┼┼┼┤
└┴┴┴●┴┴┴┴●┴┴┴┴●┴┴┴┘

上の図はなんかアレですがけど考えたらこうなりました。

とりあえず、コンピュータの第一手目はこの形を目指して打つとします。
黒の石を最も少ない数で盤面全てを地にする理想型ということでこういう形になりました。
上は盤面上 黒が100%となります。
最短手数で黒100%となる方法は幾つもあるかと思いますが、上図よりもっと効率よく少ない石で盤面全てを地にし且つ白石を置いても地にならない方法がある場合はそちらに置き換えてください。

とりあえずコンピュータは最も効率よく上図に近づける天元に打ったとします。

で、白が打ちます。
そこで、コンピュータは上の図は一旦リセットし、次は黒・白がそれぞれ一手ずつ打った状態での理想型(2手最も効率の良い形)をめざして打ちます。
とりあえず相手の石や地のことは考えずに、その時点での理想型のみ目指して打っていきます。

と、ちょっと端折って書きすぎているので表現が変かもしれませんが、「最終的な理想型」と「n手での正解の形」との比較を評価としていきます。
いままでの囲碁プログラムの思考とミックスすると面白いと思ったのですがどうでしょうか。

あまりに無知すぎる書き込みでしたら申し訳ございません。


Re: 効率よく最終形を目指す  投稿者: 山下  投稿日:2005年 7月 6日(水)19時44分30秒
理想型を目指すのは将棋だと駒組みとかで私はやっているのですが
囲碁では小さなパターンでしか見てないので、盤面全体で
やってみるのは面白いと思います。

戦い以外の布石などではきれいな手を打てそうな気もします。


今週の週刊アスキーに激指の記事  投稿者: 山下  投稿日:2005年 7月 6日(水)20時35分29秒
7月5日発売の週刊アスキーに激指の記事が出ています。
写真はなぜかエキシビジョンの篠田さんとの対戦時のものですが。
http://www.ascii.co.jp/books/magazines/wascii.html


読売新聞に「激指」の記事  投稿者: tss_master  投稿日:2005年 7月 9日(土)01時27分43秒
7月6日付けの読売新聞の朝刊のコラム(手帳)に
「「激指」将棋文化を考える機会」と題した記事がありました。

内容の概要は、当初、コンピュータ将棋のアマ竜王戦参加には反対意見もあったとの事。
米長会長としては、コンピュータ将棋のアマ竜王戦参加がテレビや新聞にビックニュースとして
取り上げられ、話題性や将棋の普及面でのメリットは小さくない、との事。

私自身、米長会長のコメントが、よりコンピュータ将棋とプロ棋士との対局が、
話題性や将棋の普及面で効果が大きいようなら、コンピュータ将棋の挑戦を
いつでも受けて立つ!と解釈しました。(ほんまかいなー)(^^;

本文は、鶴岡さんのオセロやチェスのような対立的図式は避けたいとして
人間が将棋の楽しさを知り強くなっていく、人間とソフトの共生共栄を願う、と
結んでいます。


世間の関心が高まれば、来年、「将棋世界」誌上で企画対局として
タイトル棋士との対戦が行われる可能性もあると見ています。
その条件として、選手権全勝優勝となるのでしょうが・・・。(と、煽ってみる)(^^A


Re;読売新聞に「激指」の記事  投稿者: tss_master  投稿日:2005年 7月 9日(土)01時37分27秒
記事の写真で、腕を組んで仁王立ち、恐ろしい形相で対局者を睨んでいるのは、
山下さんでしょうか?(違ったら、すいません)(^^;

恐ろしい形相か?は、虫メガネで見ても、よく分かりませんけど。(^^A


コンピュータ将棋オープン戦開催のお知らせ(8/21)  投稿者: 香山  投稿日:2005年 7月10日(日)23時00分28秒
 コンピュータ将棋協会理事の香山です。

 8月21日(日)に、LAN対戦のテストのためのオープン戦を開催することに
なりましたのでお知らせいたします。
 なお、詳細は後日改めて発表し、それとともに参加受付を開始する予定です。


 ■コンピュータ将棋オープン戦開催のお知らせ

 10月22,23日に行われるコンピュータ将棋王者戦では、
対局サーバを用いたLAN対戦を導入する予定です。
また、コンピュータ将棋選手権でも、来年以降段階的にLAN対戦を導入する予定です。
(プロトコル・テスト用サーバ・サンプルプログラム等はCSAのサイトで公開されています)
http://www.computer-shogi.org/protocol/

 そのテストのため、8月21日(日)にネット上でオープン戦を行うことになりました。
参加費は無料ですので、奮ってご参加ください。
また、通信プロトコルに基づいて指し手を送受信できるなら、
指し手を決定するのは人間でも構いません。

 オープン戦の要項は次の通りです。詳細は後日改めて発表し、それとともに
参加受付を開始する予定です。

・日時:8月21日(日)11:00〜
・対局形式:ネット上の対局サーバに接続して対局
・対局数:スイス式5回戦を目安とする
・持時間:初手より1手30秒(サーバ側で計測、ネットワークでの遅延分も消費時間に含む)
     ただし、対局開始後90分経過、または300手に達したら引き分け
     (コンピュータ将棋王者戦のルールに準じています)
・参加費:無料
・参加資格:CSAの規定したTCP/IPプロトコルにのっとって指し手を送受信できること
      指し手を決定するのは人間・自作のプログラム・その混成のいずれも可
 (注)・指し手決定にプログラムを使用する場合は、選手権同様自作のもののみ
     (自作でない市販ソフト・フリーソフトは不可。
      それらの指し手や評価値を参考にするのも不可。
    ・プログラム自作にあたっては、選手権同様、使用可能ライブラリを使用してもよい
    ・通信用には、CSA将棋等のフリーソフト・市販ソフトを使用してもよい
・申込締切:8月18日(木) (受付開始は後日)
・主催:コンピュータ将棋協会


Re:コンピュータ将棋オープン戦開催のお知らせ  投稿者: 疑問人  投稿日:2005年 7月11日(月)17時26分14秒
(自作でない市販ソフト・フリーソフトは不可。
それらの指し手や評価値を参考にするのも不可。)
違反行為を、どの様に見分けるつもりなのでしょうか?
LANでは、インチキし放題では?


Re:コンピュータ将棋オープン戦開催のお知らせ  投稿者: うさぴょんの育ての親  投稿日:2005年 7月11日(月)21時10分44秒
微妙に間違いがありますね。LANではいんちきし放題にはならないでしょうけど、
インターネットではいんちきし放題、でしょうね。

違反行為は、見分けられないでしょうし、主催者は、見分けるつもりもないでしょう。
主催者の目的は、「LAN対戦のテストのため」ですから。

以前にソフト指しの話題になった時にも私は同じことを言ったような気がしますが、
相手の「プライド」を信用できないなら、参加しないことです。


Re:コンピュータ将棋オープン戦開催のお知らせ  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 7月11日(月)23時44分46秒
だんな、生きてましたか。開発日記が止まってるんで
ついに永眠されたのかと、、、あと、指摘が鋭すぎ:-)
今回、仕事が押して来ない限りは、気楽に参加したいなあと思ってます。
逆に参加しない(出来ない)可能性もあるわけですが、
>参加しないことです。
そう言われちゃうと、「参加しなかったら信用してない」と
取られそうなので、先に言い訳しときます。
本来、そういう非公式戦で全敗しておいて、相手を油断させておく
ってのが戦略的には面白い筈なんですけどね、逆に変に強かったら
余計警戒する(笑)


週刊文春の先崎八段のエッセイ  投稿者: 山下  投稿日:2005年 7月14日(木)22時47分7秒
週刊文春には毎週先崎8段のエッセイが掲載されていてよく読んでいるのですが
今週発売の7月21日号はアマ竜王戦のコンピュータ参戦の話でした。

プロ棋士の間でも話題になっている様子がうかがえます。
いわく「5年後にはやばい」「20世名人はコンピュータかな」など。
鈴木8段は「ちょっと前までは2枚落ちだったのになあ」などと
ぼやかれていたそうです。

強さだけでなく、「いやあ、お強い!」などのおべんちゃらを言って
上手に負けてあげる?モードがあってもいいのにな、と書かれています。

コンピュータに露骨に手加減されれば、それはそれで悔しそうな気もするのですが。


Re: 週刊文春の先崎八段のエッセイ  投稿者: 山下  投稿日:2005年 7月15日(金)10時47分29秒
> 鈴木8段は「ちょっと前までは2枚落ちだったのになあ」などと

これは3,4年前の話かな、とか思ってたのですが冷静に考えると
去年鈴木8段との激指、IS、YSSで飛落の指し込み3面指しで
YSSが唯一、2枚落ちで負けたやつのことなんでしょうね・・・。


情報処理学会誌  投稿者: 柿木 義一  投稿日:2005年 7月18日(月)03時25分0秒
情報処理学会誌7月号で、コンピュータ将棋のミニ小特集(変な言い方?)があります。
その中で、鶴岡さんも記事を書かれており、手順(指し手)をハッシュキーとして
類似局面の最善手を利用する方法が興味深かったです。
僕も以前から同じことを考えて、少し実験していました。

なお、本誌は今年のGPWで配布される予定です。 
http://www.ipsj.or.jp/



Re: 情報処理学会誌  投稿者: 山下  投稿日:2005年 7月19日(火)20時02分56秒
知人に見せてもらったのですが14ページほどのかなり大きな特集になってますね。
表紙には勝又5段、飯田6段、矢内女流4段、安食女流初段の色紙が掲載されてます。

普通の書店とかにはまず置いてないので情報処理学会の会員(年間9600円)じゃないと
見るのは結構大変かもしれません。
国会図書館か大学の図書館ぐらいにしか置いてないような気がします。

ミニ小特集:コンピュータが将棋を制する日
1.コンピュータ将棋の歴史的瞬間:プロ棋士に角落ちで勝利 (小谷善行) 3ページ
2.コンピュータ将棋はどのようにしてアマ5段まで強くなったか (松原 仁) 3ページ
3.将棋プログラムの現状と未来 (鶴岡慶雅)6ページ


Computer Olympiadと台南でのコンピュータ囲碁大会  投稿者: 山下  投稿日:2005年 7月19日(火)20時19分22秒
第10回のComputer Olympiadは9月3日から9日まで台湾の台北で開催されます。
申込締切は8月15日までです。
http://www.cs.unimaas.nl/olympiad2005/
http://www.iis.sinica.edu.tw/Conference/ICGA2005/

それとは別にComputer-GoのMLによると、9月10日から11日に台湾の
台南(台北から南に200Kmほど)でOlympiadとは別に
コンピュータ囲碁大会が開催されるそうです。

賞金も4位まででます。
1位は2000$(約22万円)で4位が500$(約6万円)です。
参加費はComputerOlympiadの参加者は無料(それ以外アマチュア50$、プロは250$)
とのことです。申込締切は8月10日まで。
http://www.cju.edu.tw/~GO/


コンピュータ将棋オープン戦参加申込受付開始  投稿者: 香山  投稿日:2005年 8月 8日(月)22時39分13秒
以前告知しました、コンピュータ将棋オープン戦(8月21日(日)開催)の
参加申込の受付を開始しました。(8月18日(木)締切)

初のネット上の大会ということで運営にいろいろと至らないこともあると思いますが、
たくさんの方のご参加をお待ちしております。 
http://www.computer-shogi.org/open1/cfp.html



bitboardを使った詰将棋  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月12日(金)03時21分37秒
利きの情報をいっさい持たないbitboardのデータ構造で詰将棋を組んでみました。

結論からいうと、現在のYSSの詰将棋と比較して20%程度の高速化にしか
なりませんでした。

利き情報あり(通常) : 486772局面/秒
bitboard           : 591983局面/秒
(局面/秒 は「王手」「逃げ」の各関数を呼んだ合計回数)
(詰将棋は証明数のみを利用したもの。実行機種はP3M-1.13GHz)

利きの情報は持たないので局面の更新(手を進めて戻す処理)自体は高速です。

利き情報あり(通常) :  84万 〜 540万局面/秒 (初期局面で▲78銀と▲86歩の場合)
bitboard           : 340万 〜 463万局面/秒(駒を取る移動と単なる駒移動)

王手の生成はそれほど大差ないのですが、王手から逃げる手の生成が
bitboardではかなり時間がかかってます。特に移動合はいちいち動ける駒を調べないと
いけないのでかなり重い処理になってます。

                     王手生成    逃げる手(合駒ありの時)
利き情報あり(通常) : 136万回/秒   365万  (226万)
bitboard           : 130万回/秒   202万  ( 74万)


プロファイルでの比較  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月12日(金)03時23分15秒
プロファイルを取ってみると、

             bitboard   通常
逃げる手生成  40.6%    10.4%
王手生成      10.0%     6.1%
ハッシュ読み  11.4%     9.5%
ハッシュ書き   2.1%     1.9%
駒移動         7.1%    50.8%
逆王手判定     5.8%     0.0%?
----------------------------
              77.2%    78.7%

bitboardは駒移動は速いのですが手を生成、特に王手から逃げる手の生成に
非常に時間がかかってます。また自玉に王手がかかっているかの判定もかなり重いです。
詰将棋だけに関して言えば利きの内容(もしくは利きがあるかどうかのみ)を
保持するデータ構造の方が高速に動きそうな気がします。


bitboardの構造  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月12日(金)03時27分33秒
bitboard は下のような32bitを3つ並べた構造体にしています。

typedef struct {
    unsigned int a1;
    unsigned int a2;
    unsigned int a3;
} BITBOARD;

AND演算などは関数を作ってます。
// 2つの96bit変数をANDを取って代入
inline void AndBB(BITBOARD *c,BITBOARD *a,BITBOARD *b)
{
    c->a1 = a->a1 & b->a1;
    c->a2 = a->a2 & b->a2;
    c->a3 = a->a3 & b->a3;
}

各bitの割り当ては下のようにしてます。

                  9 8 7 6 5 4 3 2 1
333333333          0  1  2  3  4  5  6  7  8 一
333333332          9 10 11 12 13 14 15 16 17 二
222222222         18 19 20 21 22 23 24 25 26 三
222222222         27 28 29 30 31 32 33 34 35 四
222222222         36 37 38 39 40 41 42 43 44 五
222211111         45 46 47 48 49 50 51 52 53 六
111111111         54 55 56 57 58 59 60 61 62 七
111111111         63 64 65 66 67 68 69 70 71 八
111111111         72 73 74 75 76 77 78 79 80 九

               a3                                   a2                              a1
xxxxxxxxxxxxxxx33333333333333333 22222222222222222222222222222222 11111111111111111111111111111111
0123456789abcdef0123456789abcdef 0123456789abcdef0123456789abcdef 0123456789abcdef0123456789abcdef

a3の先頭15bitは使わない。32bit * 3 = 96 - 15 = 81bit


bitboardの解説1  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月12日(金)03時30分2秒
もともとはCraftyで使われているbitboardを将棋に適用しています。
詳しい解説は下をごらん下さい。
http://www.cis.uab.edu/info/faculty/hyatt/bitmaps.html

bitboardとは駒がある位置を1、ない位置を0で表した81bitのことです。
まず先手の歩がある位置だけが1になる81bitを作ります。同様に香、桂、と
先後すべての駒について作成します。
さらに先手の駒だけ、後手の駒だけが存在する位置が1になる81bitも保持しておきます。
こうして作った図が下です。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+     先手の駒    後手の駒    両方
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一   000000000   110000001   110000001
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金v玉 ・|二   000000000   010000110   010000110
| ・ ・v角 ・ ・ ・v銀 ・ ・|三   000000000   001000100   001000100
|v歩 ・v歩v歩v金 ・v歩v歩v歩|四   000000000   101110111   101110111
| ・v歩 ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・|五   000001000   010000000   010001000
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ 歩 ・|六   101100010   000000000   101100010
| ・ 歩 銀 金 ・v歩 ・ ・ 歩|七   011100001   000001000   011101001
| ・ 玉 金 ・ 飛 ・ ・ 角 ・|八   011010010   000000000   011010010
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九   110000001   000000000   110000001
+---------------------------+

bitboardを使う利点は飛角香の利きがある場所を
サーチなしで一発で表から判断できるところではないかと思います。

例えば上の局面で8段目にある先手の飛が利いている場所は、
8段目だけ取り出すと、

| ・ 玉 金 ・ 飛 ・ ・ 角 ・|八   011010010   000000000   011010010

駒がある場所を1、ない場所を0とすると
0110x0010 (xは飛車がいる場所)
となり、飛車が利いている場所は最初の障害物に当たるまでなので
0011x1110
となります。

これは前もって 2^9 = 512通りを計算しておくことで済ませることが出来ます。
さらにこの場合、飛車は58にいるので

BITBOARD attack_yoko[58][210(=011010010)] =
000000000
000000000
000000000
000000000
000000000
000000000
000000000
001101110
000000000

としておけば横方向に動ける利きが一発で出ます。


bitboardの解説2 縦方向のbitを横に  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月12日(金)03時32分15秒
横方向はビットをシフトするだけでOKなのですが、問題は縦方向と斜めの場合です。
飛車がいる位置の縦方向のみを(5筋のみを)抽出すると、

0                            0
0                            0
0                            0
1                            1
0                            1
0       飛車の縦の利き --->  1
0                            1
1 <--- ここに飛車がいます    0
0                            1

となります。右側の縦のbit列が欲しい飛車の縦の利きです。
これが 000100010 という風に横に並んでいるとシフトさせればいいのですが。

ここでCraftyでは盤面を回転させる!という荒業でこれをクリアしています。

通常
110000001
010000110
001000100
101110111
010001000
101100010
011101001
011010010
110000001

上は通常の盤面ですが、これを右に90度回転させると下のようになります。

右90度回転
100101001
111010011
011101100
001101000
010001000  <--- ここに求めたいbit列が現れる
001010000
000001110
010101010
101001001

5段目に(左右逆ですが)求めたいbit列が現れてます。
こうなればこれを右に9*4=36回シフトさせれば簡単に表で引けます。
飛車は58にいるので、

BITBOARD attack_tate[58][136(=010001000)] =
000000000
000000000
000000000
000010000
000010000
000010000
000010000
000000000
000010000


bitboardの解説3 斜め方向  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月12日(金)03時33分51秒
同様に28にいる角の利いている位置は
盤面を左に45度、右に45度回転させたものを使います。

角の斜めラインは下のようですが

1
 1
  1
   1
    0
     0
      0
       x
        1

これを左に45度回転させると

左45度回転
100010010
100110000
100000001
110011000
111100011 ---> この部分に斜めのbit列が現れる
001001000
001000111
110001001
110010011


1111000x1
の利きの範囲は
000111101
ですので
角が28にいる場合の斜め左45度の利きは

BITBOARD attack_left45[28][241(=111100011)] =
000000000
000000000
000000000
000100000
000010000
000001000
000000100
000000000
000000001

となります。


bitboardの解説4 メモリ消費とビットシフトの遅さ  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月12日(金)03時37分36秒
こうして通常の盤面、右90度回転させた盤面、右45度、左45度、と4つの盤面を
駒を動かすごとに常時更新することで、ある特定の位置の飛角が動ける範囲が一発で
分かります。先手の飛なら相手の駒の場所には動けるので自分の駒があるbit列を反転させた
ものと飛の利きのbit列とをANDを取ればOKです。


こうして表を引くだけで利きの場所が計算できるのですが、欠点としては
利きのbit位置を表にしたテーブルだけで

BITBOARD attack_yoko[81][512];
BITBOARD attack_tate[81][512];
BITBOARD attack_right45[81][512];
BITBOARD attack_left45[81][512];

と81*512*4* (3*4) = 1990656 = 2MB 近くなってしまいます。

あと、将棋盤は81マスなので81bitいるのですが64bitマシンでも1つのレジスタには
収まらないのでbitシフトに結構時間がかかります。シフトに使う関数は実質下の関数だけなのですが
この関数だけで全体の3.7%の時間を使っています。

// 右シフトして最下位の9bitだけ取り出して返す
inline int ShiftRightAnd511BB(BITBOARD *a, int n)
{
    if ( n < 24 ) return  (a->a1 >> n) & 511;
    if ( n < 32 ) return ((a->a1 >> n) | (a->a2 << (32-n))) & 511;
    if ( n < 56 ) return  (a->a2 >> (n-32)) & 511;
    if ( n < 64 ) return ((a->a2 >> (n-32)) | (a->a3 << (64-n))) & 511;
    return (a->a3 >> (n-64)) & 511;
}


SIMD  投稿者: たか  投稿日:2005年 8月12日(金)12時31分52秒
回転処理をしないで SIMD で高速化 なんて作戦はないのでしょうか?


Re:プロファイルでの比較  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 8月12日(金)14時35分41秒
>逆王手判定     5.8%     0.0%?

素朴な質問なのですが、ここでいう「逆王手判定」というのは、
攻め方の自爆手(非合法手)判定という意味ですか?
それとも、逆王手の手が(受け方に)あったときは、それを
優先して探索するために判定している、という意味でしょうか。


Re: SIMD  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月13日(土)04時24分51秒
CPUの拡張命令を使うのは全然気が付きませんでした。
2001年10月号のC MAGAZINEの記事とかを読んで見た感じでは
MMX命令には64bitのレジスタが、SSE、SSE2には128bitのレジスタが
あるので、SSE以降を使えば高速化できるかもしれません。
ただ、128bitを丸ごとシフトする命令は残念ながらないみたいです。


Re:プロファイルでの比較  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月13日(土)04時32分0秒
> 攻め方の自爆手(非合法手)判定という意味ですか?

です。
攻め方が王手をかけた後に攻め方の王に王手がかかってないか調べてます。
(めったに発生しないのですけど)

> 優先して探索するために判定している

というわけで、こんな高度なことはやってないです。


Re:プロファイルでの比較  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 8月13日(土)16時19分29秒
レスありがとうございます。で、話を戻しまして。

>詰将棋だけに関して言えば利きの内容(もしくは利きがあるかどうかのみ)を
>保持するデータ構造の方が高速に動きそうな気がします。

因みに私はbitboardを使っていませんし、使ったことがありません。
なので、比較相対的、経験的、体験的に語れないのですが。
予想する「実装の手間とそれによって得られると効率」をハカリに掛けて、
bitboardに全く手をつけてませんでした。ので、このリポートは非常に
参考になります。

謎電では、対象となる玉位置との相対的な位置関係と利きの情報テーブルから、
攻め方も受け方も間接的に合法手(打歩詰のみ除く)を生成していますが、既に古い
AthlonXP/3000+でも平均150万nodes/s前後は探索してます。これは純粋に合法
ノードへ「局面を進めた回数」を基準にしての話です。
一時期、約190万nodes/sまで達したのですが、探索する手の優先付けを強化して
いるうちに減りました。謎電はpn系探索ではないので、このレートはあまり
参考にはならないと思いますが、局面更新=駒移動(利きテーブル更新含む)を巧く
高速化できれば、それなりに速くなることは確かですよ。つまりは、

>駒移動         7.1%    50.8%

bitboardを使わない場合、このギャップを如何に埋めるかがポイントの
一つではありますね。因みに謎電の場合、駒移動(利きを含む局面更新)は
15%前後です。小駒ばかりの問題だと10%位、大駒がよく現れる問題では
20%位というところでしょうか。


Re:プロファイルでの比較  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月14日(日)02時42分12秒
> 一時期、約190万nodes/sまで達したのですが

すごいですね。AthlonXP3000+で200万nps近く出るのですか。
それだけ出るのであれば指し手生成、評価関数とかを
めいいっぱい軽く作れば100万npsぐらいで探索可能な実用的なプログラムが
作れそうですね。

> 謎電はpn系探索ではないので、このレートはあまり

PN系は再探索をかけることが多いので普通の深さ優先に比べてnpsは
多く出るのじゃないかと思います。
ちなみにYSSだと0.5手延長で再探索をかけると、かけない場合に比べて
nps(内部ノードを読んだ回数)と評価関数を呼んだ回数は共に20%ぐらい増えます。


Re:プロファイルでの比較  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 8月14日(日)05時33分36秒
>めいいっぱい軽く作れば100万npsぐらいで探索可能な実用的なプログラムが

実は、、、一応表面的には叩き出してます。既に提出・公開されている謎電のネイティブな
棋譜を見て頂くとお分かりいただけると思います。下は、第15回2次のSPEAR-謎電戦の
2手目のログの一部です(棋譜ファイル名は、SPEAR.ndk)。

>■反復深化12回目(閾値23)開始時刻:  0.605[秒] (中心値:   100,中断閾値幅:±  1500)
>(12回了)   1.955(  1.349)秒   3,278,796局面 <絶   100/相+  100/付+  100> [  0/ 30]▽8四歩
>・最善手順:▽84歩▲68銀▽34歩▲66歩▽62銀▲77銀▽42銀▲58金右▽54歩▲56歩▽32金▲48銀<    0:12手先> 確刻:  1.899秒

これはTACOSさんの予備マシンなので、Athlon64FX55の結果ですが、3,278,796÷1.955で、
約167万nodes/sには達してます。序盤なので、駒の損得しか計算していません。
それでもSPEARに勝てない。なんで勝てないんじゃー(笑)
どうも謎電は、指将棋思考の中に何か根の深いバグがあるようです。

>PN系は再探索をかけることが多いので普通の深さ優先に比べてnpsは
>多く出るのじゃないかと思います。

あ、そうなんですか。標準的な計測法を知らないのですが、遅くなるものだと思ってました。
他のみなさんのデータを見ても差が極端なので、たぶん計測法がバラバラなんですね。


Re:プロファイルでの比較  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月14日(日)13時15分46秒
> 約167万nodes/sには達してます。序盤なので、駒の損得しか計算していません。

そんなに速いんですか。
速いだけではだめ、という証明なのかもしれませんが、
手の絞込みが甘いのか、評価関数がひどいのか、探索ルーチンにバグがあるのか、の
どれかがありそうな気がします。
なんとなく最後のような気がしますが・・・。

> 他のみなさんのデータを見ても差が極端なので、たぶん計測法がバラバラなんですね。

私もどれをどう使うのかよく分かってません。
大雑把にだと、
・盤面を動かした回数 position/sec?
・αβ関数を読んだ回数  nodes/sec?
・評価関数を呼んだ回数 leaves/sec?
の3つ?でしょうか。


プロファイル  投稿者: たか  投稿日:2005年 8月14日(日)17時52分58秒
プロファイルは 皆さん VTune で調べているのでしょうか?
VC のプロファイルじゃ何の役にも立たないですよね!?


私自身違う分野のプログラムでメモリーをいっぱい使ってぶんぶんループを回すプログラムを作っているので、高速化に付いていつも気をかけています。

なんと言っても、アルゴリズムとして冗長でも、前処理をしてとにかくキャッシュに入り安いような処理になるように心がけています。

さらに、これからは、マルチスレッドで高速化が出来るようにデータ構造も変更しています。(CPUが16入るのも近そうなので)


Re:プロファイルでの比較  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 8月15日(月)15時44分13秒
>そんなに速いんですか。

多分ポイントは2つで、一つは既出の局面更新の高速化、もう一つは、指手生成を可能な限り
省略することではないでしょうか。一例を挙げれば、(1手でβカットが起きるノードでは)
兄ノードの手を借りて(指手生成をせず)まずその手だけを読んで、それで枝刈が起きれば
局所的に指手生成コストを0に出来るわけで、その類のアイデアの積み重ねというところで
しょうか。

>速いだけではだめ、という証明なのかもしれませんが、

全く仰る通りで、ordering に少々コストが掛かっても注意を払った方が良い感じはします。
レートは下がっても、探索時間が減って効率は上がりますね。詰将棋探索がそうでした。

>なんとなく最後のような気がしますが・・・。

どうも中盤用の精密な評価関数で意図しない計算を行っているか、その切り替え制御を間違って
いるか、そのあたりだと睨んでいて今年度中には解決して次回SPEARに勝つ予定(汗)です。
インラインアセンブラもほどほどに使うようにしないとハマります。

>の3つ?でしょうか。

なるほど。moves/sec がないところがミソですね。将棋ではこの単位(moves)が不適当ですし
場合によっては意味が曖昧過ぎて使って欲しくないですよねえ。チェスのライタはこの単位を
使いたがるようですが。


bitboard  投稿者: bonanza の作者  投稿日:2005年 8月20日(土)12時18分19秒
遅い投稿ですが bitboard についてコメントさせて下さい.

> 王手から逃げる手の生成がbitboardではかなり時間がかかってます。
> 特に移動合はいちいち動ける駒を調べないといけないのでかなり
> 重い処理になってます。

味方の駒のうち約半数を占める歩だけは高速にできることを利用されておりますで
しょうか.味方の歩全ての利きのある bitboard を一枚用意しておいて,王手を
している駒自身とその駒と王様の間の升目を記した bitboard と AND をとれば,
歩の移動による王手回避は一発で求まります.


> BITBOARD attack_yoko[81][512];

第二引数の大きさは 128 あれば十分なようです.一列 9マスですが,両端 2マスは
駒の有無にかかわらず,駒は通り抜けられませんので.


> inline int ShiftRightAnd511BB(BITBOARD *a, int n)

unsigned int 3つで 81 マスを記述しているようですが,横一列が unsigned int の
境界をはみ出ないようなデータ構造にすると 2回シフトして OR をとる作業をしなく
てすむと思います.あと if 文が 4 つ連なっているようですが,配列から表引すると
少し速くなるかもしれません.こんな感じです:

typedef struct { unsigned int a[3]; } BITBOARD;

bitboard2 = attack_yoko[i][( bitboard1.a[table1[i]] >> table2[i] ) & 0x7f];


今のところ Bonanza では bitboard を採用しています.理由は「高速だから」ではない
です.コーディングが簡単だからです.利き情報を必要になる都度求める方式の方が,
さまざまなアルゴリズムの変更に対して何かと小回りが利いて,ソースファイルも単純になり,作業効率がよくバグも出にくくなると思います.

いずれは利き情報を更新していく方式に再挑戦してやろう!とは思っております.


質問です.  投稿者: bonanza の作者  投稿日:2005年 8月20日(土)13時35分59秒
お聞きしたいことがあります.どなたか解説して頂けるとありがたいです.

0.5 手延長アルゴリズムや現実確率打ち切りによる探索アルゴリズムのホームページ上の解説を見ると,最善手や評価値を更新した手を延長する,とあります.この手法がどうして上手くいくのか納得できません.突出した手を延長する singular extension のとも違う概念だと思います.読みが浅くて実際には良い手だったものを過小評価してしまう可能性を無視し,その逆の可能性のみを考慮しているので対称性が悪いように思えます.なにか深い根拠があると思うのですが,論文等をあさってみたものの発見できませんでした.私の環境からは Information Processing Society of japan や ICGA を読めないのが痛いです.

「現実確率打ち切りのアルゴリズム」についてです.王手等,指手の静的な情報に基づいて探索の深さを決める手法は大抵のプログラムで行っていると思います.この深さを現実確率に基づいて決定する手法が「現実確率打ち切りのアルゴリズム」だと理解しております.そこで私が気になるのは,プログラムが強くなるようチューニングした深さのパラメタと現実確率に基づくそれが一致するのか,という質問です.論文をあさっても見つかりませんでした. Bonanza では自己対戦成績や問題集正当数などに基づいてプログラムの強さを計って深さのパラメタをチューニングしていますが,このパラメタはプロ棋士の棋譜での局面の遷移確率とは関係がなかったです.

YSS の技術解説によると配列の型が全て int とありますが,最近の将棋プログラムでも大体そうなのでしょうか? intel 系列の CPU 上で走る Bonanza で実験したところ,配列は可能な限り unsigned char にした方が良かったです.使用するシステムや実行するプログラムによっても当然異なるとは思いまが,intel 系列の場合,movzx, movsx 等の命令が私の想像以上に速かったのかもしれません.

先手・後手の持ち駒を比較して優劣関係を効率良く求めるアルゴリズムはないでしょうか?  Bonanza では条件分岐を 7回行っています.なにかよい方法がある筈だとは思っているのですが...


Re:質問です.  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 8月20日(土)14時45分29秒
>この手法がどうして上手くいくのか納得できません.

0.5手延長アルゴリズムの方は、山下さん自身が結論として、「勝率は下がりこそすれ、
明確に上がることはなかった。」とまとめられてます。ので、私は上手くいかない、
と素直に解釈してます。
また「棋力向上に効果があったのは評価関数の改良やハッシュテーブル
の使用なのであろう」、更に「将棋では派手な好手を指すプログラムよりも致命的な
悪手を指さない安定したプログラムの方が強い、と言える」とありますね。

実現確率打ち切りによるアルゴリズムの方は、実際に優勝してしまったので、ケチの
つけようがないですね。それと、

>読みが浅くて実際には良い手だったものを過小評価してしまう可能性を無視し,その逆の可能性のみを考慮しているので対称性が悪いように思えます.

そんなことはないですよ。その場合の対処はなされてます。激指のHPに
解説があります。鶴岡アルゴリズムは、その対処とセットです。

>配列は可能な限り unsigned char にした方が良かったです.

CPUのアーキテクチャは深いですし、コンパイラがどのようなコードを
吐き出すかが論点になるので、簡単な解説ができませんが、それが事実で
あることは判りますし、バイトアクセスで統一できるなら、それが多分
一番理想的です。intel系の場合だと、バイトとワードやダブルワードが
混在すると遅くなるので、それを嫌がっただけの話だと思いますが。

>先手・後手の持ち駒を比較して優劣関係を効率良く求めるアルゴリズムはないでしょうか?  Bonanza では条件分岐を 7回行っています.なにかよい方法がある筈だとは思っているのですが...

あると思いますが。例えば、{飛角金銀桂香歩}をint型{4,4,4,4,4,4,8}ビット、
合計32ビットのビットフィールドで管理し、引き算して各フィールドでボローが
起きているか確認します。つまりは、0x88888880 で and をとれば判ります。
どっちからどっちを引くかで関係が逆転し、2回の引き算が必要です。結局、
・同一
・比較する側が優位
・比較される側が優位
・優劣関係がない(つまり別局面と扱わなければならない)
の4つの判断を完全に行う必要があります。


Re: bitboard  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月20日(土)20時02分1秒
> しょうか.味方の歩全ての利きのある bitboard を一枚用意しておいて,王手を
> している駒自身とその駒と王様の間の升目を記した bitboard と AND をとれば,
> 歩の移動による王手回避は一発で求まります.

歩はこの手法ではなく、直接、王が移動するマスの真上に敵の歩があるかどうかを
調べています。
ただ、歩の利きよりは、飛角香の利きを計算する部分に時間がかかりませんか?
YSSでは王が移動できるマスを計算する前に最初に王の周りに利いてきそうな飛角香
を探して、その利きを全部ORしているのですが、それに結構時間がかかっています。

> 第二引数の大きさは 128 あれば十分なようです.一列 9マスですが,両端 2マスは

目からうろこでした。両端の2bitは不要ですね。

> unsigned int 3つで 81 マスを記述しているようですが,横一列が unsigned int の
> 境界をはみ出ないようなデータ構造にすると 2回シフトして OR をとる作業をしなく

なるほど、9*3行=27bitを1つにしてしまうのですか。
斜めのbit列も32bitをまたがないように配置すればOKなわけですね。

> bitboard2 = attack_yoko[i][( bitboard1.a[table1[i]] >> table2[i] ) & 0x7f];

これはうまいやり方ですね。
最初のtable1[]で 0,1,2 のどの領域に入るか計算してしまうわけですか。
境界をまたがなければこの方法で一発で出せますね。
教えていただいてありがとうございました。

> 利き情報を必要になる都度求める方式の方が,さまざまなアルゴリズムの変更に対して

私は利きの情報ありでずっと作っていたので逆に利きがないbitboardでちょっと作って見た
感じでは、手を絞る処理を書くのがかなり大変そうに思いました。
単に慣れの問題かもしれませんけど。


Re: 質問です.  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月20日(土)20時49分47秒
> 最善手や評価値を更新した手を延長する,とあります.この手法がどうして上手くいくのか

根拠はないような気はします。
深く読んだほうが強くなる、というのが経験的に信じられているのと同じような
ものじゃないかと思います。
私としては当初は地平線効果を防ぐ(良さそうに見えた手をもう少し深く読むと
実は評価値が下がるんじゃないか、もしくは評価値が安定するだろう)という意図で組んでいました。

> Bonanza では自己対戦成績や問題集正当数などに基づいてプログラムの強さを
> 計って深さのパラメタをチューニングしていますが,このパラメタはプロ棋士の

こういう手法を使われているのですか。面白いですね。

> このパラメタはプロ棋士の棋譜での局面の遷移確率とは関係がなかったです.

たとえば、歩を突き捨てて同歩、と取り返すような手でもまったく異なってくるんでしょうか?
人間の場合は、相手の攻めは無理攻めなので、全部相手をしてゆっくり
指せば楽に勝てる、ので取る。コンピュータの自己対戦では、そういう長期展望はできないので
別の目先の大きな駒得に走ってしまうから取らない、とかがあるのかもしれません。

個人的には静的な指し手の延長は読み浅いところでは効果を発揮するが
読みが深くなるにつれて逆効果になっていく(動的な延長に変えた方がいい)ような気がします。

> YSS の技術解説によると配列の型が全て int とありますが,最近の将棋プログラムでも

YSSに関して言えば、以前(5,6年前?くらい)に試した時ではcharにした場合で大差ありませんでした。
CPUとかキャッシュの量とかに依存してきそうですから、今はcharの方が速いかもしれません。


持ち駒の優劣関係の判定  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月20日(土)20時51分47秒
> 先手・後手の持ち駒を比較して優劣関係を効率良く求めるアルゴリズムはないでしょうか?

脊尾さんが書かれたGPW99に載っている論文で紹介されている手法ですが

31-25   24-20 1918 1716 15-12 11-8  7-4  3-0
0000000 PPPPP  RR   BB  GGGG  SSSS NNNN LLLL
P:歩 R:飛 B:角 G:金 S:銀 N:桂 L:香

駒を持っている場合は下からbitをONにしていき、歩だけは枚数をそのまま代入。
先手の持ち駒が「角1枚、銀3枚、桂2枚、歩5枚」の場合は "0x00510730"
これで明らかに持ち駒が増えている局面の判定をする関数は

int dominate(unsigned long n1,unsigned long n2)
{
    if ( n1 < n2 ) return false;
    if ( ((n1 & n2) & 0xfffff) == (n2 &0xfffff) ) return true;    // 歩の部分を消して比較
    return false;
}

論文のメインは詰ますのに必要な最小の持ち駒(証明駒)を使って無駄合い処理を
不要にする手法です。詰みが分かった局面で、再度、詰ますのに必要な最小の持ち駒を
計算しなおして、通常の持ち駒のハッシュとは別に保存して利用する、となっています。
GPWの論文は残念ですがオンラインでは見れなかったような気がします。


CGF碁盤 Ver 1.0 の背景画像  投稿者: tss_master  投稿日:2005年 8月20日(土)22時51分19秒
CGF碁盤 Ver 1.0 をダウンロードしました。

これは、CSA将棋の囲碁版ですね。

このCGF碁盤から、Bonanzaのような新風が吹き荒れんことを願います。

私個人としては、
Bonanzaの囲碁版(Bonanza+go=「Bon-go」(ボンゴ)の開発も
できたら、Bonanza作者さんに期待したいですね。(無茶言うなぁー)(^^;

9X系では、背景画像が歪みますね。私だけの環境なら、すいません。

込み入ったところお邪魔しました。(^^A


Re: CGF碁盤 Ver 1.0 の背景画像  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月21日(日)00時27分55秒
> 9X系では、背景画像が歪みますね。私だけの環境なら、すいません。

Windows95で動作確認をしたら、同じように背景がおかしくなってしまいました。
動作確認不足でした。修正したのをアップしましたのでよろしければお試しください。
ご指摘ありがとうございました。 
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/cgfgoban.html



修正確認  投稿者: tss_master  投稿日:2005年 8月21日(日)07時24分45秒
背景画像の修正確認しました。(^^


お返事ありがとうございました  投稿者: bonanza の作者  投稿日:2005年 8月21日(日)15時16分37秒
> 0.5手延長アルゴリズムの方は、山下さん自身が結論として、「勝率は下がりこそすれ、
> 明確に上がることはなかった。」とまとめられてます。ので、私は上手くいかない、
> と素直に解釈してます。

近年のコンピュータ将棋選手権での YSS の成績を見ると上手くいってるように思えたのです.なにか私の知らない根拠があるに違いないと思っていたのですが... 高橋様がご指摘なさったように,評価関数の改良等が大きな要因だったのでしょうか.


> 実現確率打ち切りによるアルゴリズムの方は、実際に優勝してしまったので、ケチの
> つけようがないですね。

はい,実際に上手くいっていることは存じておりました.なぜ上手くいくのか,是非理解を深めたいと思っております.


> 良さそうに見えた手をもう少し深く読むと実は評価値が下がるんじゃないか、
> もしくは評価値が安定するだろう

まさにこれが,激指の「評価値を更新した手の再探索」と合わせて,私を悩ませている概念です.この,「実は評価値が下がる」状況は,悪そうに見えた手をもう少し深く読むと実は評価値が上がるという状況の克服よりも重大だという,私の知らない何かしらの根拠があるに違いないと思っておりました.


> 更に「将棋では派手な好手を指すプログラムよりも致命的な
> 悪手を指さない安定したプログラムの方が強い、と言える」とありますね。

この高橋様の指摘から察するに,無意味なタダ捨てにより更なる深刻な悪い状況を水平線へ追いやる効果への対策をするほうが,駒損等の犠牲によって作ることができる優勢の局面が水平線の向こう側にある状況を認識する事よりも効果が高いということでしょうか.


> たとえば、歩を突き捨てて同歩、と取り返すような手でもまったく異なってくる
> んでしょうか?

はい.歩に限らず,Bonanza が探索中において駒がタダ捨てになっている局面と,プロ棋士の試合におけるそれとは,タダ捨ての意味が根本的に違うのが原因と思っています.Bonanza の検索中の局面の場合タダの駒は本当にタダです (笑).

ちなみに,自己対戦や問題集で調整された深さ変更パラメタを見ると,王・飛・角取りになっている,大駒を交換しあうなど,局面の状況が大きく変わり得る場合により深く読むほうが良いようです.

遷移確率と異なる結果が出たのはバグや調査不足によるものなのかも知れないので,もう少し調査するつもりです.もしかすると,私のサンプリングの仕方に工夫がなさ過ぎるのかもしれません.


> > 読みが浅くて実際には良い手だったものを過小評価してしまう可能性を無視し,
> > その逆の可能性のみを考慮しているので対称性が悪いように思えます.
>
> そんなことはないですよ。その場合の対処はなされてます。激指のHPに
> 解説があります。

い,いや,もう一度読み返したのですが,評価の低かった手を再探索してほんとに低いか確認するといったことは一切見つからなかったのですが...  ここ

http://www.logos.t.u-tokyo.ac.jp/~gekisashi/algorithm/index.html

以外に激指の HP があるのでしょうか?


> 歩の利きよりは、飛角香の利きを計算する部分に時間がかかりませんか?

はい,歩桂銀金に比べれば随分重い処理です.


> 私は利きの情報ありでずっと作っていたので逆に利きがないbitboardでちょっと作って
> 見た感じでは、手を絞る処理を書くのがかなり大変そうに思いました。

確かに,bitboard は駒を実際に動かすのは簡単なのですが,静的な局面認識(駒の利き,位置関係等)を行うのが苦手なようです.Bonanza では他の将棋プログラムほど高度に静的な局面認識をしていない為か,私が勝手に bitboard は簡単だと思い込んでるだけかもしれません.


持ち駒の優劣関係に関する分かりやすい解説,ありがとうございました.


Re:お返事ありがとうございました  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 8月21日(日)16時52分17秒
こんにちは。鶴岡アルゴリズムを語らせたら、私の右に出るのは
鶴岡さんだけだと思っている高橋@謎電です(笑)

> い,いや,もう一度読み返したのですが,評価の低かった手を再探索してほんとに低いか確認するといったことは一切見つからなかったのですが...  ここ

そのHPの「評価値を更新した手の再探索」です。恐らく、コードの解釈に因ると思います。
再帰アルゴリズムですから「評価の低かった手を再探索してほんとに低いか確認すると
いったことは一切見つからなかった」と見えても、私の解釈では次のようになってる
と見ました。

例えば、先手番ルートノードで「実際には最善手なのに浅く読む手」があり、
浅いノードでは探索値が低いとします。しかし、その直下の後手番ノードでは関係が
逆転し、探索値が高く(NegaMax表現で)βカットが起きます。すると、そのノードでは
再探索が起きる(起き得る)ことになります。
「評価が低い」というのはあくまで先手番の話で、後手番から見れば評価が高く、
延長再探索を行っている、ということです。これは鶴岡アルゴリズムに対する
私の理解限界で、もしかすると間違ってるかもしれません。その時は鶴岡さん、
よろしくお願いします(汗)


少し0.5手延長の弁護など  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月21日(日)19時03分36秒
>> 0.5手延長アルゴリズムの方は、山下さん自身が結論として、「勝率は下がりこそすれ
>> 明確に上がることはなかった。」とまとめられてます。ので、私は上手くいかない、

えーと、一応実験では単純な反復深化と比べて勝率0.67程度の効果を得られてます。
これはだいたい2倍のCPUを使ったのと同じです。
最善手を更新する度に0.5手延長して、ハッシュに未登録の局面ではそこから反復深化を
かける方法です。ただかなり内部で0.5手延長に特化した作りになっているのでなんとも
言えませんが。下ではちょこっと補足してます。
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/book.html#SEC4

ただ、この方法は確率探索に比べてもはっきり悪いので今ではかなり見限ってます。
近年、少し強くできたのは手の生成や細かいチューニングの効果がほとんどで
おそらく0.5手延長はメインではないです。

> 「実は評価値が下がる」状況は,悪そうに見えた手をもう少し深く読むと
> 実は評価値が上がるという状況の克服よりも重大だという,

これはゲームの性質と評価関数の精度によるんじゃないでしょうか。
将棋だと駒得がかなり正確な評価関数になり、
「駒を損してから、得をする」変化というのは「得してから損する」というパターンに
比べて非常に少ないのじゃないかと思います。
駒を捨てる手が「好手」「妙手」と言われるのもそのためでしょうし。


(無題)  投稿者: ソフト好き  投稿日:2005年 8月21日(日)20時32分16秒
まあ、どうあれ

序盤をパワーアップして中盤の筋、こまの働き、たいきょくかん

終盤の手筋などをいれないかぎり強くはなれないでしょうね。。

勝又5段のしてきのように端攻めをしないというのも

考えないといけませんね。


コンピュータ将棋オープン戦  投稿者: tss_master  投稿日:2005年 8月22日(月)00時34分18秒
YSS全勝優勝おめでとうございます。

YSSの当然の全勝優勝で終わった、人間も参加できたオープン戦ではありますが
コンピュータ将棋の弱点に精通している? 私が参加しておれば、
YSSの全勝優勝はなかったろう、と勝手に妄想しています。(ほんまかいなー)(^^;

YSSの飛躍を願って、私との対局棋譜を初公開します。

※20手△3三金から〜△5二金は悪手。
※75手▲3二龍以下即詰め有り。

# ---- AI将棋 棋譜ファイル ----

手合割:平手
先手:t
後手:AI棋士4段
▲2六歩    △8四歩    ▲2五歩    △8五歩    ▲7八金    △3二金
▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛    △2三歩    ▲2六飛    △7二銀
▲5八玉    △1四歩    ▲9六歩    △3四歩    ▲2四歩    △同 歩
▲同 飛    △3三金    ▲2六飛    △5二金    ▲2四歩    △3二銀
▲7六歩    △4二金    ▲3三角成  △同 金    ▲2三金    △4四角
▲2八飛    △2三銀    ▲同 歩成  △9九角成  ▲2二と    △2四香
▲2七銀    △8九馬    ▲2一と    △3五桂    ▲3八銀上  △2七香成
▲同 銀    △8八銀    ▲3六銀    △2七歩    ▲同 銀    △7九銀成
▲6八金    △7八成銀  ▲3六銀    △6八成銀  ▲同 玉    △6一銀
▲7一角    △7二飛    ▲5三角成  △7九銀    ▲5八玉    △6八金
▲4八玉    △6七馬    ▲3五銀    △5六歩    ▲4六銀    △5七歩成
▲同 銀    △5八金打  ▲同 金    △同 金    ▲3八玉    △4二金
▲2二飛成  △3二金引  ▲5二歩    △同 飛    ▲同 馬    △同 玉
▲5五香    △5四歩    ▲同 香    △5三歩    ▲8二飛    △7二角
▲5三香成  △同 玉    ▲6五桂    △6二玉    ▲5四桂    △7一玉
▲8三銀    △同 角    ▲同 飛成  △4九銀    ▲2八玉    △2三香
▲同 龍    △3八銀成  ▲同 玉    △4八金    ▲同 玉    △5七馬
▲同 玉    △6八銀打  ▲4八玉    △投了


相性のいいコンピュータ将棋王者決定戦もYSSの全勝優勝を応援しています。


Re: コンピュータ将棋オープン戦  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月22日(月)03時16分44秒
ありがとうございます。
テストの意味合いが強く時間切れ負けの対局が多発していたので
実力を測るには少し問題がありますけど。
勝因は・・・鶴岡さんの直前のキャンセルでしょうか:-)

使いやすいGUI(24のような秒読み機能付き)があれば人間側で参加してみたいと思いました。


コンピュータチェス大会の結果  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月22日(月)03時28分18秒
アイスランドで13日から21日まで開催れていた第13回WCCC(World Computer Chess Championship)
ですが、参加12チームの総当り11回戦の結果、

1. Zappa         10.5 - 0.5
2. Fruit          8.5 - 2.5
3. Deep Sjeng     7.5 - 3.5
   Shredder (同順位)

Zappaが10.5-0.5というチェスではかなり驚異的なスコアで優勝しています。

Zappaも2位のFruitも初めて聞くプログラムなのですが
Zappaは普通?のパソコンで動くプログラムのようです。
http://volker-pittlik.name/zappa/zappa.html

FPGAのHydraは不参加だったみたいですね。

2005年WCCCのページ
http://www.ru.is/wccc05/


使いやすいGUI  投稿者: tss_master  投稿日:2005年 8月22日(月)12時49分30秒
>使いやすいGUI(24のような秒読み機能付き)があれば人間側で参加してみたいと思いました。

いいですね。
ついでにCSA将棋機能もあって、思考部の開発もできる奴。
CSA将棋のライバルで、CGF碁盤の姉妹ソフト「CSA棋盤」ってことで・・・。(^^


(無題)  投稿者: bonanza の作者  投稿日:2005年 8月22日(月)14時32分0秒
> 単純な反復深化と比べて勝率0.67程度の効果を得られてます。

明確に上がることがなかったどころか,かなり効果があったようですね.


> 「評価が低い」というのはあくまで先手番の話で、後手番から見れば評価が高く、
> 延長再探索を行っている、ということです。

分かりやすい解説ありがとうございます.マージン 0の ProbCut において,全ての深さで fail-low 側のテストをするようなイメージを受けました.Bonanza で試したときに上手くいかなかったのは,Null Move Pruning と併用したため,再探索のコストがかさみすぎたのが原因だったかもしれません.


「最善手を更新した手の 0.5手延長」と「評価値を更新した手の再探索」に対する理解が深まったような気がします.ありがとうございました.今後ふたたび何か質問することがあると思いますが,その時にはまたお願いいたします.

オープン戦優勝おめでとうございました.


Re: コンピュータ将棋オープン戦  投稿者: 山田 剛@対局サーバ担当  投稿日:2005年 8月23日(火)01時56分6秒
オープン戦に参加された皆様、お疲れさまでした & ありがとうございます。

切れ負けは確かにありましたが、恐れていたほど多くはなく、ほっとしました。5回戦以外は、コンピュータの切れ負けはなかったと記憶しています(人間が何局か切れてしまいましたが)。

選手権と違い、王者戦ルールは30秒秒読みで、1秒の遅延が命取りとなるので、切れ負けが多発すると興醒めなイベントになってしまいます。今回は王者戦のためのサーバの運用テストを兼ねるほか、どの程度切れ負けしてしまうものかお互いに見極める狙いもありましたが、大丈夫そうですね。

YSSはさすがの強さでした。山下さん優勝おめでとうございます。


Re: 持ち駒の優劣関係の判定  投稿者: 山田 剛@対局サーバ担当  投稿日:2005年 8月23日(火)02時31分44秒
> 脊尾さんが書かれたGPW99に載っている論文で紹介されている手法ですが

GPWでの脊尾さんの発表後、野下教授(電通大)から「もっとよい方法がある」という御指摘がありました。
32ビット整数の下位から順に、飛角各3ビット、金銀桂香各4ビット、歩6ビットのフィールドを割り当て、各フィールドには通常の整数値を入れるようにします。各フィールドは、数値表現の必要長より1ビット長く持たせてあります。

#define SIGN_BITS 0x8222224
int dominate(unsigned long n1,unsigned long n2)
{
    unsigned int diff = n2 - n1;
    if ( (diff & SIGN_BITS) == 0 ) { // <= の判定だけならこれだけでOK
        if (diff == 0)
            return EQUAL;
        else
            return LESS_THAN; // <, == の判定ならここまででOK
    } else if ( (-diff & SIGN_BITS) == 0 )
        return MORE_THAN;
    else
        return UNCOMPARABLE;
}

つまり、1つ以上の駒種類でn2がn1より小さいものがあると、長くとっておいた1ビットの1つ以上がマイナス符号と同様に1になるので、まとめて&をとって調べることができます。
これだと歩を特別扱いする処理が不要な上、証明駒だけでなく反証駒の判定も簡単にできます。


はじめまして  投稿者: 将棋素人  投稿日:2005年 8月23日(火)03時53分26秒
はじめまして。
山下さんの記事を興味深く読ませていただきました。
山下さんとの共通点は、将棋のルールを知っていることとプログラムが書けることくらいですが、素人考えでは、100万といわず100億でも100兆でもその何倍でも金にものを言わせてハードウェアを買い揃え、かたっぱしから定石のようにあらかじめ登録しておけば、それこそ無敵のプログラムができるのではないでしょうか(とはいっても、チェスでさえそういうものが現れなかったということは、パターン数の桁が数百なのかもしれません)
ある程度以上有利になって以降は現状のものでも容易に勝てるわけですから、全パターンを網羅する必要もないかもしれません。
プロ棋士の対局を見ているイメージでは、平均100手くらいで勝負がついていますので、
つきつめていくと、予想よりはすくない(といってもかなりのものでしょうが)定石数ですむかもしれません。

問題は、そのかたっぱしから定石に登録するプログラム自体はすぐできますが、実行時間が、数日、数ヶ月、あるいは数年でしょうか。
できあがるものは単なるデータベースのフロントエンドになるのでプログラムとしては面白みがありませんが、将棋というゲームを研究する目的なら面白いことがいろいろ発見できそうです。

誰か、お金と時間が余ってどうしようか困っているという方、いませんかねぇ。


Re: 持ち駒の優劣関係の判定  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月24日(水)11時17分36秒
n1 = 金2枚、歩3枚
とすると
000011 0000 0000 0000 0010 000 000
  歩    香   桂   銀   金   角  飛

歩が一枚だけ多いのを
n2 = 金2枚、歩4枚
とすると
000100 0000 0000 0000 0010 000 000

n2 - n1 =
  000100 0000 0000 0000 0010 000 000
- 000011 0000 0000 0000 0010 000 000
------------------------------------
+ 000001 0000 0000 0000 0000 000 000

100000 1000 1000 1000 1000 100 100 = 0x822224 とANDを取ると

000000 0000 0000 0000 0000 000 000
と全部0

歩が一枚だけ多く、金が1枚だけ少ないと
n2 = 金1枚、歩4枚
000100 0000 0000 0000 0001 000 000
n2 - n1 =
  000100 0000 0000 0000 0001 000 000
- 000011 0000 0000 0000 0010 000 000
------------------------------------
+ 000000 1111 1111 1111 1111 000 000

なるほど、どれか1つでも少ないとこうやって1が立ってしまうのですか。
方法は考えればあるものですね。
私も7回比較して判定してたのでこの方法で詰将棋は2%ぐらいは速くなりそうです。

ちなみに謎電さんのブログでも詳しくこの手法を解説されています。
http://professionalhearts.ameblo.jp/


Re: 持ち駒の優劣関係の判定  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 8月24日(水)16時34分39秒
ご紹介ありがとうございます。
ちょっと余談ですが、私のやり方は4状態全判定を行っています。
恐らくおわかりの方は既におわかりだと思いますが、
単なる詰・不詰の結論引用だけでなく、駒損同一局面へのノード再入判定とか
いろいろ細かいことができますので、経験的には全判定をやった方が良いと
思っています。それとあくまで「謎電の実装例」なので、参考程度と
お考えください。更に各プログラムに合わせた最適化はいろいろある筈です。


Re: 持ち駒の優劣関係の判定  投稿者: 奈良和文  投稿日:2005年 8月26日(金)22時19分6秒
自分のいくつかの詰めルーチンにも
野下教授の方法を取り入れてみました(これまでは脊尾さんの方法)。
結果は、、
0.7%〜1.9%程度の高速化が実現できました。

> 私も7回比較して判定してたのでこの方法で詰将棋は2%ぐらいは速くなりそうです。
山下さんのこれは予測でしょうか、するどい読みですね。


Re: 持ち駒の優劣関係の判定  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月30日(火)13時52分8秒
YSSにも入れて見ましたが
8個の詰将棋の平均で0.7%の高速化でした(bitboardではない証明数の詰将棋で)。
これまでは7つ並べた方法だったので、1%は超えるかと思ったのですがそれほど
は行きませんでした。

他に変更途中で、類似ハッシュ詰探索で持ち駒ハッシュを設定するところに
バグが見つかったり副作用の効果?も大きかったです。


激指の新聞での紹介  投稿者: 山下  投稿日:2005年 8月31日(水)19時43分36秒
最近、新聞でたくさん激指に関する記事が出ていたので
まとめてみました。

朝日新聞 8月15日 夕刊「進化する将棋ソフト」
・選手権の棋譜の勝又さんの解説(IS-激指戦、勝又−激指戦)
・激指ベスト16、鶴岡さんの「いくら読むのが速くても構想力の勝負になった時に
  は勝てるかどうか分からない。今後の課題です」

読売新聞には8月15日から囲碁将棋コーナーで「一手千金」という題で鶴岡さんがコラムを
書かれています。おそらく9月5日の4回目のコラムで終わるのではないかと思います。

読売新聞 8月15日 夕刊「一手千金」1
・「激指」の名前の由来はタイピングソフトの「激打」と激しい将棋を
   指すソフトにしたい、という理由から。
読売新聞 8月22日 夕刊「一手千金」2
・確率探索の延長を羽生さんの棋譜から抽出。
読売新聞 8月29日 夕刊「一手千金」3
・アマ竜王戦の話、序盤の課題

日経新聞 8月19日 朝刊 1面 「ニッポンの博士」
・博士の話で鶴岡さんの写真あり。
勝手に将棋トピックスの紹介記事
http://d.hatena.ne.jp/mozuyama/20050822

「おもちゃ箱」TETSUさんの「第15回世界コンピュータ将棋選手権」で
も詳しく紹介されています。
http://toybox.tea-nifty.com/memo/2005/05/post_fd56.html


岐阜チャレンジ2005の申し込み開始  投稿者: 山下  投稿日:2005年 9月 3日(土)08時29分9秒
来月に開催される岐阜チャレンジ2005の参加申し込みが開始されています。

申込締切: 2005年10月5日(水)
大会    : 2005年10月29日(土)、30日(日)
http://www.computer-go.jp/gifu2005/index.html


台湾でのComputer Olympiad 象棋と将棋の結果  投稿者: 山下  投稿日:2005年 9月17日(土)14時18分47秒
9月4日から9日まで台湾の台北、南港にある中央研究員、アカデミア・シニカで
第10回Computer Olympiadが開催されました。
今回はチェスの大会(WCCC)は同時開催ではないので、
ヨーロッパ系の人達は少ないアジア系の大会となっていました。

メインは14チームが参加して、先後総当りの対戦を行っていた象棋(中国将棋)の大会だったと
思います。優勝は22勝4分0敗、勝点24の中国のXQMASTERでした。
1Uサーバを2つ重ねたマシンで参加する人もいて、この会場だけはかなり盛り上がっていました。

1位 XQMASTER 22-4-0 24.0点 中国 Zhao Mingyang(代理)
2位 SHIGA           22.5点 台湾 Shi-Jim Yen
3位 NEUCHESS        21.0点 中国 Wang Jiao (代理)

2位のプログラムは囲碁のJimmyの作者でもあります。

将棋は4チームが参加してTACOSが優勝しました。

         TAC  YSS  SPE  MAT
TACOS         ○○ ○○ ○○ 6-0
YSS      ××      ○○ ○○ 4-0
SPEAR    ×× ××      ○○ 2-0
まったり ×× ×× ××      0-6

というわけで見事にTACOSにやられました。
幸い来月にはコンピュータ将棋王者決定戦があるのでそこで借りを返したいとことですね。

ちなみにTACOSは明日、18日にプロの橋本5段と平手で石川県の小松市で対戦する予定です。
http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20050913002.htm
http://cabin.cs.inf.shizuoka.ac.jp/tacos/


台湾でのComputer Olympiad 囲碁の結果  投稿者: 山下  投稿日:2005年 9月17日(土)14時22分32秒
囲碁は19路と9路の大会が行われ、

19路 (参加7チーム、総当り)
優勝 Handtalk III 6-0
2位  Go Intellect 5-1
3位  Aya          4-2

以下の順位は、ShikoSakugo、Indigo、Explorer、Jimmy、です。

9路(参加9チーム、先後、総当り)
優勝 Go Intellect 13-3
2位  Aya          12-4
3位  Indigo       11-5

以下の順位は、NueroGo, Golois, Atarist, Jimmy, GoKing, Akebono です。
詳しい結果はOlympiadのページをご覧下さい。
http://www.cs.unimaas.nl/olympiad2005/results.html

日本からは19路では田島さんと私、9路では岸本さん、金子さん、吉本さん3名
共同のAkebonoと私のAyaが参加しました。
9路ではモンテカルロ法を採用したIndigo とGolois が2年前に比べてかなり強く
なっていたのが印象的でした。
モンテカルロ法は、かなり大雑把ですが、
1手打った後に、乱数で終局まで手を打って、それを何度も繰り返してその手の
点数を求める、という手法です。眼は潰さない、当たりを受ける手の確率を
上げる、3x3のパターンでの好形も確率を上げる、などをしているそうです。
(Indigoの作者によると)

来年のOlympiadはイタリアのトリノで5月25日から開催されるとのことです。
http://www.cs.unimaas.nl/icga/


台湾の台南で行われたコンピュータ囲碁大会  投稿者: 山下  投稿日:2005年 9月17日(土)14時36分59秒
Olympiadに引き続き?というわけでもないのですが9月10日から11日に
かけて台北から南に300Kmほどの場所にある台南の長栄大学で
コンピュータ囲碁大会が開催されました。

参加7チームでスイス式4回戦の結果、Handtalkが全勝で優勝しました。
Handtalk、GoIntellect, Explorerは代理参加です。
3位になったDragonは台湾のDong-Yuen Liu氏によるもので1991年ぐらいに
Ing杯に出たプログラムです。それからまったく改良してないとのことですが
かなりしっかり動いていました。しかも参加マシンはMacintosh SE/30 という
かなり骨董品での参加でした。
優勝のHandtalkは中国の陳志向先生(今回は代理参加)によるよるものですが、
名前がなぜかGoemateからHandtalkに戻っていました。
1999年ぐらいにHandtalkからGoemateに変更したはずなのですけど。

結果は翌日の台湾の4大新聞である中国時報にも出ていました。
台湾では長栄大学の許舜鉄先生に非常にお世話になりました。
この場をお借りして感謝いたします。

次回は3年後に台北の南東に位置する花漣で開催される予定とのことです。
(今回、現地でカメラを無くしてしまったので残念ながら写真はまったくありません)

2005 World Computer Go Congress, 台湾、台南、長栄大学 9/10-11

                1R      2R      3R      4R    Wins SL
Handtalk III  Ind ○  Exp ○  GoI ○  Aya ○  4-0      優勝
Go Intellect  Jim ○  Aya ○  Han ×  Ind ○  3-1   9  2位
Dragon        Aya ×  Jim ○  Ind ○  --- ○  3-1   5  3位
Aya           Dra ○  GoI ×  Exp ○  Han ×  2-2  11  4位
Jimmy         GoI ×  Dra ×  --- ○  Exp ○  2-2   7  5位
Indigo        Han ×  --- ○  Dra ×  GoI ×  1-3  10  6位
Explorer      --- ○  Han ×  Aya ×  Jim ×  1-3   8  7位

--- は不戦勝。

詳細は大会のページをご覧下さい。
http://www.cju.edu.tw/~GO/


C MAGAZINEのリバーシ思考ルーチンの結果  投稿者: 山下  投稿日:2005年 9月17日(土)14時44分29秒
7月号で募集していたCマガのリバーシの思考ルーチン大会ですが
今日発売の10月号に結果が出ていました。

http://www.cmagazine.jp/contents/200510.html
結果と参加プログラムはこちらの圧縮ファイルから入手できます。
http://www.cmagazine.jp/download/0510/PROGLAB.LZH

で、賞品が出る、というのにつられて投稿していたのですが
結果は14チーム中、23勝3敗で同率1位で、幸運にもルールにより優勝してました。

最初はスイス式4回戦、とかのはず?だったと思うのですが14チームの白黒総当り、
計14*13=162試合もやっていただいた主催者の毛呂さんには大感謝です。

しかし、参加者にはいつも将棋、囲碁で顔を合わせている氏家さんも
いたりして、なんだかなー、と思ってしまいました。


Re: C MAGAZINEのリバーシ思考ルーチンの結果  投稿者: 氏家  投稿日:2005年 9月18日(日)00時31分11秒
氏家と申します。
山下さんリバーシ大会優勝おめでとうございます!
山下さんの掲示板でこの大会の情報を知り、私も賞品につられて投稿しました。
古い話になりますが、アスキーのマイクロオセロリーグが大好きで、
半年に1回だったと思うのですが、リーグのときだけアスキーを買っていました。
このような企画がまたあると、うれしいですね。


Re: C MAGAZINEのリバーシ思考ルーチンの結果  投稿者: 川端  投稿日:2005年 9月18日(日)09時59分29秒
川端といいます。
山下さんリバーシ大会優勝おめでとうございます!
僕も山下さんの掲示板で大会の情報を知り、賞品につられて応募しました。
時間切れ以外は全勝していたみたいで、残念でした。 
http://riverside.or.tp



Re: C MAGAZINEのリバーシ思考ルーチンの結果  投稿者: tss_master  投稿日:2005年 9月18日(日)11時43分9秒
山下さんリバーシ大会優勝おめでとうございます!

私自身、過去に山下さんのリバーシ・プログラムを見てみたい、と
要望したこともあり、このような形で実現したことは嬉しいですね。(^^

彩の姉妹ソフトとしてアプリケーションの形での公開をお願いしたいです。(^^;


TACOS-橋本五段戦  投稿者: 橋本@TACOS  投稿日:2005年 9月18日(日)18時30分17秒
本日行われたTACOS-橋本五段戦は橋本五段の勝ちとなりました。
序盤から悲惨な内容になりはしないかと心配していたんですが、
予想外の熱戦で終盤までいい勝負で、途中まではむしろこちらが
良かったようです。おかげで会場も盛り上がり良かったです。
詳細はまたのちほど。


Re: C MAGAZINEのリバーシ思考ルーチンの結果  投稿者: 山下  投稿日:2005年 9月18日(日)19時25分3秒
皆さん、賞品につられたんですね:-)
川端さんのは時間切れさえなければ最強だったようで残念でした。
私の環境でも1回対戦してみましたが負かされました。

やはり大会、という形になると面白いですね。
マイクロオセロリーグはリアルタイムでは見てなかったのですが、
bitのナノピコ教室でのアッパーハンドの大会とかは面白かったです。
最近は雑誌でのソフト大会はあまり見なくなってしまったような気がします。


Re: TACOS-橋本五段戦  投稿者: 山下  投稿日:2005年 9月18日(日)19時27分34秒
橋本さん、ご報告ありがとうございます。

熱戦になったんですか。
それはすごいですね。
棋譜を楽しみにしています。


Re: TACOS-橋本五段戦  投稿者: 山下  投稿日:2005年 9月19日(月)00時24分7秒
日経新聞のニュースになってます。

将棋対戦プログラム、平手でプロ棋士追い詰める
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050918AT1G1800J18092005.html

> タコスは敗れはしたが、橋本5段は試合終了後「押されっぱなしで
> 負けを覚悟した。途中で頭が真っ白になった」と激戦を振り返った。

うーん・・・。


Re: TACOS-橋本五段戦  投稿者: 山下  投稿日:2005年 9月19日(月)13時42分34秒
下にも記事が出ています。
富山新聞 http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20050919002.htm
フジサンケイ http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200509190010a.nwc

Google Newsで将棋を検索した結果です。
http://news.google.co.jp/news?hl=ja&ned=jp&ie=UTF-8&q=%E5%B0%86%E6%A3%8B&sa=N&start=0


Re: TACOS-橋本五段戦  投稿者: 高橋  投稿日:2005年 9月19日(月)16時58分59秒
>橋本五段が「棋士人生をかけて戦う」と臨んだ対局は、北陸先端大の橋本剛講師が操作する「タコス」の先手番で始まった。
うーむ、橋本剛講師も操作してるだけでなく「人生かけてTACOSを作ってる」筈なのですが。
そういうところが記事になってないところが、ちょっとどうかと。

>橋本五段は「予想以上に追い込まれ、頭が真っ白になった。
橋本講師は、予想以上に良い将棋をひっくり返されて、目の前真っ黒になった、って表現が
あってもよさそうなものですが。あ、よくないですか。。。
序中盤が良くて、終盤で逆転されたように読み取れますが、なんか微妙に不思議な気はしますね。

>詳細はまたのちほど。
待ってます〜。


Computer Olympiadの写真  投稿者: 山下  投稿日:2005年 9月20日(火)19時09分58秒
アカデミア・シニカのページで写真が公開されています。
http://www.iis.sinica.edu.tw/Conference/ICGA2005/icga/img/index.html

シャンチーで、ラックマウントサーバを持ち込んでたDEEP ELEPHANTなんかが面白いです。
http://www.iis.sinica.edu.tw/Conference/ICGA2005/icga/img/2005_09_04/slides/IMG_0317.html
TACOS-YSS戦の様子などもあります。
http://www.iis.sinica.edu.tw/Conference/ICGA2005/icga/img/2005_09_04/slides/IMG_0310.html


Re: TACOS-橋本五段戦  投稿者: 橋本@TACOS  投稿日:2005年 9月21日(水)20時15分10秒
英語ですが飯田先生による文章
http://www.jaist.ac.jp/rccg/menu/topic.htm
に対局の模様が書いてあります。ここに棋譜の載っているPDF(日本語)
も置いてあります。

それから、TACOSのHPも移転しました。
http://www.jaist.ac.jp/~t-hashi/TACOS/
です。山下さん、早々にリンクの修正ありがとうございます。
驚きました。台湾の写真もおいてあります。


Re: TACOS-橋本五段戦  投稿者: 山下  投稿日:2005年 9月22日(木)11時16分12秒
並べて見ました。
▲66歩から▲68飛が機敏でしたね。
この手のイベントが続くならプロ棋士が平手で負けるのも時間の問題、という気がします。


(無題)  投稿者: ソフト好き  投稿日:2005年 9月25日(日)12時08分0秒
将棋世界では上野4段がまけたとか書いてましたね。


初心者  投稿者: pontbn  投稿日:2005年 9月27日(火)22時08分1秒
初めまして。
将棋プログラムを作りたいのですがハッシュと定跡ファイルのフォーマットを考えるのが難しいです。
まだなにも出来ていないですが次のような事を考えました。
どうでしょうか?ヒントをください!


十分な数のプロの棋譜から、局面ごとに差し手の回数を求めておきこれを定跡とします。
そのほかに、独自に評価項目を与えます。

次局面の差し手の回数をx、次局面の評価項目をy、z、・・・とし
a、b、c、・・・を重みとしてf=ax+by+cz+・・・を評価関数とします。

定跡として登録していないある程度、頻度の低い差し手を練習問題として用意して
もっとも高得点を取れるように重みを計算します。

また、完全に一致する局面が定跡に見つからない場合、1手違い、2手違い程度の局面から
確率的に差し手の回数を計算して求めます。
最適な重みが計算出来たあとで、重みが0に近い項目はほとんど評価に影響を与えないので
削ることも出来ます。


Re:初心者  投稿者: うさぴょんの育ての親  投稿日:2005年 9月29日(木)03時18分4秒
定跡ファイル自体は色々なフォーマットが考えられるけれど、pontbnさんが考えているようなことを容易に実現できる(=十分な数の棋譜から類似局面を高速に検索できる)フォーマットは、なかなか容易じゃないですね。

誰かがぱっと答えを与えてくれるような問題じゃないですよ(^^;

とりあえず、うさぴょんでは、単純に棋譜をバイナリ化してデータベースにして、それぞれの棋譜を現在の手数まで並べて見て類似度を判断してますけど、棋譜の数が多くなってくるとやはりかなり遅いですし、手順前後や手損による先後逆形なんかにも対応できていないので、まだまだ甘いです。

単純な方法なら、ハッシュも定跡ファイルのフォーマットも、拙著「コンピュータ将棋のアルゴリズム」をどうぞ。 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4777511103



類似局面  投稿者: pontbn  投稿日:2005年 9月29日(木)05時22分1秒
たとえばプロの棋譜1万局から統計を取って
初手76歩、初手26歩がそれぞれ6000回、3500回だとします。
類似局面の生成ルールとその類似度をあらかじめ決めておき
たとえば端歩の一手違いの類似度が60%だとしたとき
端歩が指されている局面から76歩、26歩を指したときの得点は
それぞれ3600点、2100点とします。

別局面の類似局面として得られる同一局面は得点の平均値を
求められるように情報を格納しておきます。

このような操作を定跡を作る段階で処理しておけば
類似局面を検索する必要は無くなります。
王や歩や香の1手違いなどを類似局面とみなせば
初期定跡ファイルを10倍くらいに増やせないですか。
探索の中で定跡が参照される確率がかなり上がると思うのですが。

書籍、論文はどこへ行ったらあるんですか?
ツタヤ、図書館、大学図書館、近所の本屋にはおいてないです。


Re:類似局面  投稿者: うさぴょんの育ての親  投稿日:2005年 9月29日(木)16時59分24秒
その方法だと、類似局面も定跡ファイルに保存するってことですよね?

やってみないと分からないところもありますけど、その方法だと、定跡ファイルが10倍じゃきかない位の大きさに膨れ上がりそうな気がするんですが(^^;

たとえば、端歩がそれぞれ突いてある・突いてないという関係だけで、8種類あるわけで…。 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4777511103



書籍・論文は…  投稿者: うさぴょんの育ての親  投稿日:2005年 9月29日(木)17時06分24秒
おそらく、論文は、大学図書館にあると思いますよ。
人工知能学会論文集とかを総当りで探してみて下さい。

書籍は、なければ図書館か大学図書館で注文しましょう。
買うんだったら、リンクを示したamazonで通販で買えます。

とりあえず、将棋のプログラムに本気で取り組むのなら、コンピュータ将棋の進歩シリーズ4冊は買っておいた方が良いかと。
「将棋の思考ルーチンの作り方が分からない」「αβ法って何?」というレベルなら、私の「コンピュータ将棋のアルゴリズム」も買った方がいいかも知れないです。

とりあえず、amazonで関連書籍のリストを作っているので参考にどうぞ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/listmania/list-browse/-/HQ33ZAT34B10/ref=cm_mpemr_lm/


(無題)  投稿者: ソフト好き  投稿日:2005年 9月29日(木)19時23分26秒
端歩あるなしで優劣が変わる場合があるので注意!


(無題)  投稿者: ソフト好き  投稿日:2005年 9月29日(木)19時25分33秒
わたしが疑問に思うのは、

美濃にはこういう手筋があるとか、矢倉にはとか

そういうことはできないのかな〜っていつも思ってます。


岐阜チャレンジ2005の参加申し込みは10月5日まで  投稿者: 山下  投稿日:2005年 9月30日(金)14時16分37秒
10月の29,30日に岐阜県大垣で開催される
コンピュータ囲碁の大会、岐阜チャレンジの参加申し込みは10月5日までです。

現在の参加予定者は下で見ることが出来ます。
http://www.computer-go.jp/gifu2005/tournament/applicant.html

今回はソフトだけを送って参加する代理参加も認められています。
http://www.computer-go.jp/gifu2005/regulations/deputy.html
参加申し込みの仕方と大会規約についてはこちらを。
http://www.computer-go.jp/gifu2005/regulations/index.html

申込締切: 2005年10月5日(水)
大会    : 2005年10月29日(土)、30日(日)
http://www.computer-go.jp/gifu2005/index.html


Re: 岐阜チャレンジ2005の参加申し込みは10月5日まで  投稿者: 山下  投稿日:2005年10月 5日(水)17時10分27秒
というわけで今日までです。
お忘れの方は忘れずに。


東大将棋の  投稿者: 気になるファン  投稿日:2005年10月 7日(金)11時59分37秒
棚瀬さんのブログが更新止まったままなんですが、どうした事でしょうか。
東大8の事とかかかれるのかな、と思っていましたが止まったままです。
次の東大の途中経過なども楽しみにしているのですが・・・。
いくら何でも将棋プログラムの作成はやめてませんよね、さすがに心配になってきました。


ありがとうございます  投稿者: pontbn  投稿日:2005年10月 7日(金)13時12分59秒
うさぴょんの育ての親さんありがとうございました。
9月末日にネットの契約を解除したためレスができませんでした。
一人で考えていたのですが、もっとも重要なことは終盤に
おける有効手の生成かと思いました。
検索すべき対象を20から40手くらいに絞れればそれをハッシュに
格納しておき高速に探索できそうなんですが。


棋力  投稿者: 囲碁大好き太郎  投稿日:2005年10月 8日(土)17時27分32秒
始めて書かせていただきます。
この『対局囲碁 彩 』ってとてもよくできた囲碁ソフトですね。
碁盤の広さとか選択できて、自分の力に合わせて対局できるのが素晴らしい。

ところで、対局囲碁 彩 を19路で打った場合、
コンピュータの棋力はどのくらいなのでしょうか?


Re: 棋力  投稿者: 山下  投稿日:2005年10月 9日(日)04時51分30秒
彩で遊んで頂いてありがとうございます。
棋力は正確に測ったことがないのですが19路だと8級程度じゃないかと思います。


ReRe棋力  投稿者: 囲碁大好き太郎  投稿日:2005年10月 9日(日)18時19分34秒
教えて下さってありがとうございます。
おおおおっ、8級程度ですか?というと彩は中級者。
うむうむ、その彩に簡単に勝てるという事は僕は・・・・・
これはすごく嬉しい事です。


ソフトと対局に「待った」 日本将棋連盟が全棋士に通知  投稿者:山下 投稿日:2005年10月15日(土)00時07分21秒
朝日新聞の記事になっています。
DeepBlue対カスパロフのようなイベントになってくれるといいのですが。
http://www.asahi.com/national/update/1014/TKY200510140274.html

> 日本将棋連盟理事会は14日、同連盟所属のすべての棋士と女流棋士に、
> 公の場で許可なく将棋ソフトと対局しないよう通知したと発表した。
> 「プロ対ソフト」をビジネスチャンスと捕らえている理事会が、
> なし崩し的にプロが敗れることがないよう歯止めをかけた。   


第3回コンピューター将棋王者決定戦が22,23日に  投稿者:山下 投稿日:2005年10月15日(土)00時33分39秒
第3回国際将棋フォーラムの一環としてCSA選手権の決勝8チームによる
コンピュータ将棋王者決定戦が10月22日(土)、23日(日)に開催されます。

22日に5回戦、23日の午前中に2回戦を行い、優勝ソフトとは
森内名人との角落ちの対戦を予定されているとのことです。

使用するマシンは全チーム同じで、FMVC20N131、というデスクトップのマシンです。
性能は
CPU : Pentium4 2.8 GHz
RAM : 1GB

入場は無料ですが定員500名で先着順とのことです。
http://www.shogi.or.jp/event/kokusai.html   


Re: ソフトと対局に「待った」 日本将棋連盟が全棋士に通知  投稿者:山下 投稿日:2005年10月15日(土)03時36分39秒
読売新聞の記事にもなっています。

将棋ソフトと対局、プロ棋士に禁止令
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20051014it16.htm

> 米長邦雄・同連盟会長は「プロの世界は対局棋譜が財産。将棋ソフトの発展には
> 協力したいが、ソフトと人間がきちんとした場で対局する環境が出来るまでは安易に
> 指さないでほしい」と話している。   


Re: ソフトと対局に「待った」 日本将棋連盟が全棋士に通知  投稿者:高橋 投稿日:2005年10月15日(土)09時56分2秒
>将棋ソフトの発展には協力したいが、
ハードの発展に協力する気はない、ということですか:-) と、これは冗談ですが〜。
一昔前の見向きもされなかった時代から見れば大変ありがたいことですね。
時の名人・竜王に勝つことが Japanese dream になるほどのビジネスになることは
ないとしても、興行としての価値を発見した、あるいは認めざるを得なくなった
ということで、

>ソフトと人間がきちんとした場で対局する環境が出来るまでは安易に指さないでほしい
ならば是非、その環境を素早く作っていただきたいところですね、嫌味ではなくマジで。   


Re: ソフトと対局に「待った」 日本将棋連盟が全棋士に通知  投稿者:橋本@TACOS 投稿日:2005年10月15日(土)13時32分26秒
Yahooのトップに出てましたね。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/shogi/?1129344705
日刊スポーツにも出てました。
http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-051015-0005.html
ずいぶん大きな扱いですが、今後の展開が楽しみです。
王者戦の優勝プログラムと森内名人との角落ち戦も注目されるかもしれませんね。
ちなみにTACOSは駒落ちできないんですが、もし駒落ちできないプログラムが
優勝したら成績最上位の駒落ちできるプログラムが対局するんだそうです。   


もったいないですね  投稿者:山下 投稿日:2005年10月15日(土)14時38分26秒
GPS将棋も駒落ちできない、とのことでしたので
意外と駒落ちが出来ないソフトは多いですね。
データ構造にかかわってくるので簡単に対応は難しそうですけど。   


楽しみですね。  投稿者:丸電 投稿日:2005年10月19日(水)18時10分30秒
今のところ、開発側としてはプロ棋士の方に指していただくためには
全く選択肢がない状態ですので、早めに対局の場を提示して頂きたい
なと思います。
コンピュータ将棋選手権に優勝しても指してもらえないのはカンベン。
人間なら私のようなズブのシロウトでも指導料さえ払えば指してもら
えて、プログラムは受け付けてもらえないという状況が出来たわけで
すから。このままずるずると無策のまま注目される絶好のチャンスを
逃さないでほしいと思います。

駒落ちは
1) 初期盤面で落とした駒を持ち駒(駒台)に。もちろん表示させない。
2) 指し手生成ルーチンで落とした駒の持ち駒が1枚の時は落とした駒
を打つ手を生成しない。
てな具合でわりと手間なく実現できるような気がしますが、データ構
造やプログラムのもともとの記述次第では難しいのでしょうか?   


丸電さん  投稿者:うさぴょんの育ての親 投稿日:2005年10月19日(水)19時48分45秒
「公の場で」対局禁止なので、別にプロの指導対局をコンピュータが受けるのは自由かと。
結局、アマトップとの対戦と同じ扱いで、「公の場で」対局するなら連盟の許可を得なさいよ、と言うことだと思います。

それから、コンピュータ将棋選手権に優勝しての対局ですが、来年も角落ちなら受けてもらえるのではないかと思いますよ。(ただ、25分切れ負けは人間に厳しいのでどうかなぁ?)今年の王者戦の優勝プログラムとも、角落ちで指して下さるみたいですし。

連盟は、平手で指す機会をイベントとして盛り上げたいのでしょう。
DeepBlue対カスパロフ並みのビッグイベントにしたいのではないかと。

もっとも、DeepBlueみたいな自信満々の挑戦者が現れるには、もうしばらく年月がかかりそうですけどね(^^;   


あっ、そうか。  投稿者:丸電 投稿日:2005年10月19日(水)21時54分1秒
> うさぴょん氏。
あっと、そうかもしれませんね。でも仮に対戦していただいてプログラムが勝っ
ちゃったりしたら勝敗を公にしたり棋譜の公開とか難しいそうですね。またそれ
を非公開にしないと今回の決定はあまり意味なさそうですね。
これからの進展、楽しみにしてます。盛り上がってほしいなぁ。   


必ず30秒考えるルーチン  投稿者:山下 投稿日:2005年10月21日(金)15時45分47秒
王者戦に向けてようやくCSAのサーバでテストをしてるのですが
いきなり37秒とか使って時間切れを起こしてました。

で、調べて見ると1番目の予測手の探索が終わって2番目の予測手を
探索中に、その予測が当たっていた場合に1番目の時間(10秒)を無視してたのが原因でした。

他にも最初の詰将棋で相手の通信をチェックしてないと3秒ぐらい誤差が出る、
とかがあって色々危ないところが多いです。   


(無題)  投稿者:n 投稿日:2005年10月21日(金)22時26分33秒
768000を踏んだので、記念にカキコ。
すみません。   


王者決定戦速報  投稿者:TETSU 投稿日:2005年10月22日(土)15時57分31秒
おもちゃ箱のコンピュータ将棋のページで、
コンピュータ将棋王者決定戦2005の速報中です。 
http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/soft/index.htm
  


王者決定戦1日目  投稿者:Kickaha 投稿日:2005年10月22日(土)18時13分34秒
山下さん、全勝おめでとうございます。明日も頑張って下さい。
森内名人との角落ち戦に期待してます。ついにソフトが名人を倒す日が・・?
持ち時間はどうなるんでしょうね?   


Re: 王者決定戦1日目  投稿者:山下 投稿日:2005年10月22日(土)23時26分17秒
Kickahaさん、ありがとうございます。

備後さんには負けの将棋をひろって、激指戦で優勢から非常に難解な
終盤にされたのですが、結果は幸いするなどラッキーでした。

今回はプロ棋士の方の解説陣がすごかったです。
勝又さんはもちろんのこと、藤井9段、佐藤棋聖と早水女流、渡辺竜王と清水女流と
非常に豪華でした。

時間切れが心配だったのですが今のところないのでちょっとほっとしてます。   


Re: 王者決定戦1日目  投稿者:山下 投稿日:2005年10月23日(日)07時29分43秒
今日は朝10時から午前中に2局が行われ、午後2時くらい?
から対談やエキシビジョン(森内名人との角落ち対戦)などが行われる
予定とのことです。
仮に同率で1位が出た場合は直接対決で勝ったほうが対戦することになる予定です。   


凄い  投稿者:hiro 投稿日:2005年10月23日(日)11時43分32秒
KCCを撃破されましたね。凄いっす・・全勝優勝かも !
これから会場に見学に行きます。   


おめでとうございます  投稿者:丸電 投稿日:2005年10月23日(日)13時36分16秒
全勝ですか!?すごいです。おめでとうございます。
しかし全敗がないというのもすごいし、先日話題になったTACOSがやっと一勝、
あのIS将棋すら負け越すという中での全勝はホントにすごい。
次は角落ち戦!いい戦いになってほしいです。   


王者決定戦2005  投稿者:高橋 投稿日:2005年10月23日(日)13時43分24秒
今回諸般の事情により観戦に行けませんでした。
速報だけみたんですが、何か執念のようなものを感じましたね。
ハード差なし、ですから、完璧にして文句なし。ケチの付けようがなくって困ってます:-)
単独優勝、おめでとうございます。   


銀星に期待  投稿者:ソフト好き 投稿日:2005年10月23日(日)14時28分38秒
かなり強くなってますね

銀星5から思考時間もはやくなったし

ああいう序盤をコツコツいれてるのが

最後に勝つと思う。

deep blueだってオープニングいれてるんだから

序盤をソフトはなめてると思う。   


YSS、コンピュータ将棋王者決定戦全勝優勝  投稿者:tss_master 投稿日:2005年10月23日(日)19時14分17秒
YSS、コンピュータ将棋王者決定戦全勝優勝、おめでとうございます。

コンピュータ将棋王者決定戦は、第一回からYSSのためにあるような大会ですね。

YSSの飛躍に期待、応援しています。



おめでとうございます。  投稿者:ときた 投稿日:2005年10月23日(日)20時03分34秒
優勝おめでとうございます。
Yahoo!に記事が載ってました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051023-00000011-yom-soci 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051023-00000011-yom-soci



凄い その2  投稿者:hiro 投稿日:2005年10月23日(日)22時27分34秒
山下さん 優勝おめでとうございます。
私も会場に行って来ました。写真も撮りましたし(笑)
名人との角落ち戦は残念な結果でしたが手に汗握る
攻防戦でした。
山下さんは今頃は美酒に酔いしれていることでしょう。 
   


もう1カット  投稿者:hiro 投稿日:2005年10月23日(日)22時33分18秒
森内名人が笑顔で局後の感想を述べているところです。
「新しい将棋に感じました・・」と
中央の後姿が山下さんです。 
   


森内名人との対戦善戦  投稿者:YSSファン 投稿日:2005年10月23日(日)23時24分0秒
全勝優勝おめでとうございます。
森内名人との対戦は善戦だったそうですが、マシンが選手権用とは違っているので
選手権用マシンなら勝てたのではないでしょうか。可能性が大だったと信じています。   


王者戦と角落ち戦  投稿者:山下 投稿日:2005年10月24日(月)01時09分55秒
hiroさん、丸電さん、高橋さん、tss_masterさん、ときたさん、YSSファンさん、ありがとうございます。

この大会は非常に相性がいいというのか、不思議と勝てたので驚いています。
今日の初戦のKCC戦は優勢からいつのまにか逆転して寄せられてしまい、
最後、必死がかかった局面でたまたま難しい即詰みが存在して
(YSSは41手詰とか出してましたが)しかも調べたらその局面になって
初めて読みきれていたので非常に展開に恵まれていたと思いました。

森内名人との角落ちは序盤から押しつぶされそうでひどい負け方をするか、と
心配してたのですが中盤で少し見せ場を作ることができたのでほっとしました。
個人的には名人の前に座って対局していて夢心地のままあっという間に終わってしまった
感じでした。   


KCC戦の終盤から  投稿者:山下 投稿日:2005年10月24日(月)12時51分22秒    
先手がKCCで後手がYSSで、次に▲34銀成で必死がかかるだろう、という局面です。

後手:YSS 12.54c
後手の持駒:飛 角 金二 銀二 桂二 歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ と ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 金 ・v玉|二
|v歩 ・ ・v歩 ・ 銀 ・v歩v歩|三
| ・v歩 歩 ・ ・ 歩v金 ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ 馬 ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ 銀 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・v圭|九
+---------------------------+
先手:kcc
先手の持駒:香 歩四
手数=100  △1二玉  まで
* △12王▲34銀△38飛打▲58歩打△77歩打▲77王△95角打▲86香打△21金打▲21金△21王▲33歩打△85桂打▲78王△39飛成▲23銀成△69銀打▲88王
* v=-124,RM=9,DM=23,終=1,戦=0,局面=5006542,(100129/s),50.0s,hash=4815551,[20688]

実戦はここでKCCが▲16歩?という手を指して以下、
△48飛▲68香に△86桂!▲同歩△87金▲同玉△95桂、以下詰ませて勝ちました。
この図の直前に▲34桂と桂馬をもう1枚捨てて桂を2枚渡して必死をかけたのが結果的に
まずかったようです。

KCCが▲16歩と指したのはおそらく▲34銀と必死をかけると頓死に気づいて
他の手を探しているうちに時間切れになってしまった、のだと思います。

仮に▲34銀だったら△38飛▲58歩に△77歩!▲同桂△89銀!▲同玉△88銀!▲同玉
△76桂!▲同銀△78金!▲同玉に、△58飛成から詰ませて終わるようです。
多分こんな捨て駒5連発なんかしなくても詰むとは思うのですが、これで実戦譜だったら
面白かったですね。

・・・訂正です。△77歩は▲同玉で詰まないようですし、そもそも▲34銀に△38飛は
▲68香で詰まないようですね。▲34銀には△48飛でしか詰まないみたいです。   


Re:KCC戦の終盤から  投稿者:高橋 投稿日:2005年10月24日(月)13時23分16秒    
>実戦はここでKCCが▲16歩?という手を指して以下
41手と聞いてアツくなって調べてみました:-)
▽66桂▲77玉▽88角▲同玉▽58飛▲78香▽76桂▲77玉▽68銀▲同馬▽88銀▲66玉▽55金▲75玉▽85金まで15手詰。
手数は短いですが、全幅・攻方最短で真面目に読むと探索量が爆発する典型的な図ですね。
>他の手を探しているうちに時間切れになってしまった、のだと思います。
恐らく、そういう理由だと思います。自玉頓死チェックで時間を相当喰われますし。
パッと見て判る詰ではないので、実戦では雌雄を決する将棋として盛り上がったのではないでしょうか。   


Re:KCC戦の終盤から  投稿者:山下 投稿日:2005年10月24日(月)14時21分4秒
お、素早いですね。
最短だと15手ですか。YSSも深さ優先の反復深化でやってみると7分で
だいたい同じ手順を返してきました(AthlonXP2100+)。

直前まで勝又さんの激辛評価で絶望的な雰囲気になってたので詰みを表示した瞬間は
かなりうれしかったです。   


王者戦でのYSSの棋譜  投稿者:山下 投稿日:2005年10月24日(月)19時10分13秒
王者戦でコンピュータ同士で対戦したYSSの棋譜を下に置きました。
CSA形式とkif形式の2つで、kifの方は柿木将棋や激指、東大で読み筋などの
コメントを見ることができます。
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/gp2005yss.lzh   


順位順の星取表  投稿者:山下 投稿日:2005年10月25日(火)08時36分21秒
順位順に並び替えて見ました。
王者戦は同星は同順位なのですが気分でSB(負かした相手の勝ち星合計)が
上の方を上位に持ってきています。

          YSS  KCC  激指  IS  GPS  備後 竜卵 TACO 勝敗 順位 (SB)
YSS             ○   ○   ○   ○   ○   ○   ○  7-0   1
KCC将棋    ×        ○   ○   ○   ○   ○   ○  6-1   2
激指       ×   ×        ○   ×   ○   ○   ○  4-3   3
IS将棋     ×   ×   ×        ○   ○   ×   ○  3-4   4   (7)
GPS将棋    ×   ×   ○   ×        ×   ○   ○  3-4   4   (6)
備後将棋   ×   ×   ×   ×   ○        ○   ○  3-4   4   (5)
竜の卵     ×   ×   ×   ○   ×   ×        ×  1-6   7   (3)
TACOS      ×   ×   ×   ×   ×   ×   ○       1-6   7   (1)   


写真の続き  投稿者:hiro 投稿日:2005年10月25日(火)21時40分19秒
表彰式の光景です。米長会長が終始ニコニコされていました。


その4  投稿者:hiro 投稿日:2005年10月25日(火)21時42分32秒
こちらはチェス対戦のスナップ


その5  投稿者:hiro 投稿日:2005年10月25日(火)21時45分23秒
こちらは中国将棋です。以上で投稿終了します。
山下さん これからの益々のご活躍に期待しております。
失礼しました。


Re: 写真の続き  投稿者:山下 投稿日:2005年10月26日(水)07時26分51秒
hiroさん、写真ありがとうございます。

私も会場で幾つか取ったので近日中にアップする予定です。   


王者戦の棋譜が公開されています  投稿者:山下 投稿日:2005年10月26日(水)07時30分7秒
CSAのページで棋譜が公開されています。
今回はサーバ経由で対戦したので、サーバ側で記録したものと
個々で記録したファイルが入っているようです。
http://www.computer-shogi.org/kifu/kifu.html   


王者戦の写真  投稿者:山下 投稿日:2005年10月28日(金)10時50分13秒
王者戦の写真を下に置きました。
http://www.yss-aya.com/photo/20051023gpx/gpx2005.html   


9路盤で読みの深さを変えた時の勝率  投稿者:山下 投稿日:2005年10月28日(金)11時56分4秒
彩は、今9路盤では将棋やチェスのような盤面全体探索の
反復深化を使っているのですが、読みの深さを変えた時にどのくらい
勝率に差がでるかを試して見ました。

DM3というのは3手先まで読む、ということです。DM7だと7手先です。
読みが一つ深い版と対戦させています。
DM3 - DM4は深さ3手先まで読むものと、4手先まで読むのを対戦させた、という意味です。

DM3 - DM4 166勝834敗 勝率=0.834 思考時間 300倍?
DM4 - DM5 163勝437敗 勝率=0.728 思考時間 9.3倍
DM5 - DM6 241勝759敗 勝率=0.759 思考時間 4.3倍
DM6 - DM7 115勝209敗 勝率=0.645 思考時間 3.6倍

読みが深くなるにつれてだんだん勝率の差が小さくなっていくようです。
ただ、彩の全幅探索は深さ3以降では直前の2手の周辺と、直前の手によって
石の状態が変化した場所しか探索しないようにしてるので手順に依存した少しいびつな
探索なのですが。   


岐阜チャレンジの途中経過  投稿者:山下 投稿日:2005年10月30日(日)08時03分29秒
大垣市で昨日から岐阜チャレンジが開催されています。
参加18チームで変形スイス式9回戦です。
1日目を終わって5戦全勝がKCC囲碁、4勝1敗が勝也、GoStar、
MFG、GoIntellect、GnuGoです。
今日、午前9時から残りの4試合が行われ、16時ごろに優勝プログラムと
人間(高校生?)とのエキシビジョン対局が行われる予定です。
http://www.computer-go.jp/gifu2005/index.html   


Re: 岐阜チャレンジの途中経過  投稿者:山下 投稿日:2005年10月31日(月)01時17分35秒
優勝はKCC囲碁で9戦全勝。以下は入賞の6位までは
1位 KCC 9-0
2位 MFG 7-2
3位 GnuGo 7-2
4位 GoIntellect 6-3
5位 勝也 6-3
6位 彩 6-3

段級位認定大会の優勝者(中学生)とMFGのエキジビジョン対戦は互い先で
3目半でMFGが勝ちました。   


朝日新聞の天声人語にコンピュータ将棋の記事  投稿者:山下 投稿日:2005年10月31日(月)01時21分39秒    
30日の朝日新聞朝刊の天声人語でコンピュータ将棋が題材にされています。
滝沢先生の「詰めの局面ではもう人知を超えた。高段の数千人しか太刀打ちできないだろう」
との発言が引用されています。
将棋ソフトは戦いを起こさずにじっと待ちつづける、と焦らされて変な手をさしてしまう
武蔵と小次郎にたとえた場合の「小次郎タイプ」と解説されています。
http://www.asahi.com/paper/column20051030.html    



Re: 岐阜チャレンジの途中経過  投稿者:山下 投稿日:2005年10月31日(月)10時49分33秒    
全結果が出ています。
http://www.computer-go.jp/gifu2005/tournament/gifu2005result.html

朝日新聞に記事が出ていました。
囲碁ソフト世界戦、北朝鮮が3連覇 日本名「銀星囲碁」
http://www.asahi.com/culture/update/1030/009.html   


岐阜チャレンジの順位順の星取表  投稿者:山下 投稿日:2005年10月31日(月)21時03分13秒
スイス式9回戦の表を順位順に並べ替えてみました。

            KC MF Gn GI 勝 彩 GS Ca 思 TS GW ぴ 夢 ma き 大 奈 GO 勝敗 SL 順位
KCC囲碁     -- ○ ○ ○ ○    ○       ○ ○    ○    ○          9-0  45  1
MFG         × -- × ○ ○ ○ ○ ○             ○ ○             7-2  50  2
GNU Go      × ○ -- ○ × ○ ○             ○          ○ ○    7-2  47  3
Go Intellect× × × -- ○       ○ ○ ○ ○          ○          6-3  50  4
勝也        × × ○ × --    ○    ○ ○          ○    ○       6-3  48  5
彩             × ×       -- × ○ ○    ○ ○             ○ ○ 6-3  39  6
GoStar      × × ×    × ○ -- ○    ○    ○    ○             5-4  51  7
caren          ×    ×    × × --       ○ ○ ○       ○ ○    5-4  39  8
思考錯碁             × × ×       -- ○ ○ ○ ×    ○       ○ 5-4  36  9
TSGO.v13.1  ×       × ×    ×    × --       ○ ○    ○    ○ 4-5  39 10
GoWind      ×       ×    ×    × ×    --       ○    ○ ○ ○ 4-5  38 11
囲碁っぴ          ×       × × × ×       -- ○ ○ ○       ○ 4-5  37 12
碁理夢中    × ×                × ○ ×    × --    ×    ○ ○ 3-6  39 13
martha         ×       ×    ×       × × ×    -- ○ ○ ○    3-6  37 14
きのあ囲碁  ×       ×             ×       × ○ × -- ○ × ○ 3-6  34 15
大碁算            ×    ×       ×    × ×       × × -- ○ ○ 2-7  34 16
奈々子            ×       ×    ×       ×    × × ○ × -- ○ 2-7  33 17
GOGATAKI                   ×       × × × × ×    × × × -- 0-9  33 18   


MFGと人間のエキシビジョンマッチ  投稿者:山下 投稿日:2005年10月31日(月)21時10分51秒
MFGのFotlandがGnuGoのMLで岐阜大会の話を書いています。
http://lists.gnu.org/archive/html/gnugo-devel/2005-10/threads.html

MFGは1級の人間に3目半で勝ったのですが、
・舞台の上で、さらに同時にプロ棋士がコメントしていたので
  少年はかなり緊張していたこと。
・日本の1級はIGSの3,4級にあたること。
MFGがIGSの1級にあたるとは思えない、と書かれています。

MFGと1級の中学生の対戦棋譜は下で見れます。
(拡張子がbinですがsgfファイルです)
http://lists.gnu.org/archive/html/gnugo-devel/2005-10/binYMV6Gcpi11.bin   


週刊アスキーに王者戦の記事  投稿者:山下 投稿日:2005年10月31日(月)22時14分10秒
今週号の週刊アスキーに王者戦の記事が写真付きで出ています。
『連盟は「名人クラスと将棋ソフトの対局は今後しばらくないだろう」と
慎重な姿勢を見せている。』
との記述があります。   


王者戦  投稿者:金子 投稿日:2005年11月 2日(水)00時25分46秒
今日、囲碁将棋チャンネルの将棋ニュースで、王者戦の様子が紹介されていました。内容は主にYSSがKCCを41手詰に討ち取った話と、森内名人との角落戦でした。   


岐阜チャレンジの写真  投稿者:山下 投稿日:2005年11月 3日(木)21時47分24秒
岐阜チャンレジの写真を上げました。
http://www.yss-aya.com/photo/20051030gifu/gifu2005.html

またCGFのMLによると大会の模様が
(1)11月5日(土)のNHKBSの囲碁将棋ジャーナル
(2)11月7日(月)朝日新聞夕刊文化欄
で紹介される予定とのことです。   


毎日新聞にソフトと対局禁止に関する記事  投稿者:山下 投稿日:2005年11月 5日(土)16時50分14秒
毎日新聞に将棋ソフトとの対局禁止に関する記事が出ています。

将棋ソフト:将棋連盟が対局禁止令 どのくらい強いの?
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20051105k0000e040044000c.html   


はじめまして  投稿者:丹羽 投稿日:2005年11月 5日(土)22時20分23秒
ヤフーのコンピュータ将棋のニュースから来ました。
現在まだプログラムは改良の余地があると思いますが
もし大学や研究機関のスパコンレベルでも使えればどれくらいいけるのでしょうか?
きし(棋士)には家庭用パソコン以上に脅威になりそうでしょうが
ぎし(技師)には面白いことになりそうです。
こんなことに貸してくれる大学や研究機関があるかわからないのと
プログラム組んだことがないのでスパコンと一般パソコンが
同じような言語で動くかよくわかりませんが、
またはグリッドコンピューターなどで動かすというのも技術的には興味深いです。
もし可能ならそういうイベント呼びかけてみませんか?
海外でやられる前に日本のディープ・ブルーを見たいです。   


11月5日の読売新聞に鶴岡さんの記事  投稿者:山下 投稿日:2005年11月12日(土)22時22分24秒
11月5日の読売新聞の夕刊に
「人間対機械」未知の楽しみ 新たな1手
という題で激指の鶴岡さんの記事が出ています。
写真は東大の安田講堂をバックにしたものでかなりインパクトがあります。   


岐阜チャレンジの棋譜  投稿者:山下 投稿日:2005年11月13日(日)21時23分15秒
岐阜チャレンジの棋譜がCGFのページで公開されています。
http://www.computer-go.jp/gifu2005/English/tournament/gifu2005result.html

KCC囲碁が唯一苦戦したKCC-GoStar戦はGoStarが左辺の石を殺してかなり優勢だったのですが
最後、ヨセで逆転されて12目半で負けてます。
http://www.computer-go.jp/gifu2005/tournament/gifu2005_record/round7/gostar-kccigo.sgf   


コンピュータ将棋2005世界最強決定  投稿者:橋本xTACOS 投稿日:2005年11月14日(月)20時02分22秒
11月16日,17日に北陸先端科学技術大学院大学で
コンピュータ将棋2005世界最強決定戦を行います。
激指(世界コンピュータ将棋選手権優勝)、YSS(コンピュータ将棋王者決定戦優勝)、TACOS(Computer Olympiad優勝)による持時間90分、秒読み1分の戦いです。
16日9:00- 激指対TACOS
16日14:30- TACOS対YSS
17日9:00- YSS対激指
当日は棋譜のリアルタイム公開(タイトル戦風)と動画による中継
(飯田教授による大盤解説もしくは対局の模様)を予定しています。
URLは決定次第ここにお知らせいたします。
(試験的な試みですので、回線パンクなど問題が起こるかもしれませんが
その際はご容赦ください)   


11月10日の日経新聞の夕刊にコンピュータ将棋の記事  投稿者:山下 投稿日:2005年11月14日(月)21時59分20秒
11月10日の日経新聞の夕刊に
『将棋ソフト「名人倒せ」群雄割拠』
というタイトルで激指、IS将棋、YSSが紹介されています。   


コンピュータ将棋2005世界最強決定戦 URL  投稿者:橋本@TACOS 投稿日:2005年11月15日(火)10時27分33秒
実況中継のページはここです。
http://www.jaist.ac.jp/~t-hashi/saikyoketteisen
当日の案内はこちらからどうぞ。(英語のページですが案内は日本語です)
http://www.jaist.ac.jp/rccg/   


読売ウィークリーにボナンザの記事  投稿者:山下 投稿日:2005年11月15日(火)14時31分46秒
11月27日号の読売ウィークリーに
棋界をビビらせた、謎の将棋ソフト「ボナンザ」の実力
という題でボナンザの記事が1ページで出ています。
http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/

渡辺竜王のブログのコメントや
http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/0ec4e61968eb148e2b7059a83f953ea0

「連盟は昨今の将棋ソフトの急速なレベルアップに危機感を抱いているのは確か。
そのなかでも最もナーバスになっているのはボナンザの出現でしょうね」
という河口7段のコメントが紹介されています。

以前、先崎8段の週刊文春での連載コラムでもボナンザが棋士の間で流行っている、
という記事がありましたし、先日の国際フォーラムで米長会長にお会いした時にも
真っ先に聞かれたのはボナンザの話でしたので、かなりプロ棋士の間では
話題になっているようです。

記事の後半では作者の保木さんの
「ボナンザの思考形式は、コンピュータチェスに似ています」
というコメントや、鶴岡さんの
「この分だと純外国産の第2のボナンザが登場しても不思議はないですね」
というコメントが紹介されています。   


Re: コンピュータ将棋2005世界最強決定戦 URL  投稿者:山下 投稿日:2005年11月16日(水)10時05分49秒
現在、激指−TACOS戦が中継されています。
http://www.jaist.ac.jp/~t-hashi/saikyoketteisen/

飯田さんの研究室に来ていますが、取材の人もたくさん来ていて賑やかな環境です。   


Re: コンピュータ将棋2005世界最強決定戦 URL  投稿者:山下 投稿日:2005年11月18日(金)03時33分37秒
YSSの読み筋が入った棋譜を下に置きました。
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/jaist2005.lzh   


Re: コンピュータ将棋2005世界最強決定戦 URL  投稿者:山下 投稿日:2005年11月18日(金)04時08分4秒
写真を置きました。
http://www.yss-aya.com/photo/20051117jaist/jaist2005.html   


Re: コンピュータ将棋2005世界最強決定戦 URL  投稿者:高橋 投稿日:2005年11月19日(土)20時44分41秒
>写真を置きました。
あ、山下さんのマシンに入っているDVDドライブ、たぶんLGのGSA-416xシリーズだと思います。
機能の割に激安ですが、信頼性は日本製並にあります。うーむ、目が高いですね。
韓国製というだけで嫌うヒトもいるかもしれませんが中身はマトモですよ。日本製高すぎ。
アレはお奨めします、って、コンピュータ将棋とは関係のない話で失礼しました。   


おめでとう  投稿者:hiro 投稿日:2005年11月19日(土)20時59分37秒
山下さん

優勝おめでとうございます。05年は怒涛の快進撃ですね。   


Re: コンピュータ将棋2005世界最強決定戦 URL  投稿者:山下 投稿日:2005年11月20日(日)22時52分50秒
あ、実はマシンは飯田研のものをお借りしたものです。
激指もYSSも今回は飯田研のマシンをお借りしました。
実際のマシンは下のとおりです。

TACOS Athlon 64 FX-55 (2.6GHz)
激指  Athlon 64 X2 4800+ (2.4GHz,L2 1MBx2)
YSS   Athlon 64 X2 4800+ (2.4GHz,L2 1MBx2)

ただ、Athlon 64 X2 4800+ の入ったマシンにはなぜかシリアルポートがない!
という変わったマシンで、そのため、1回戦の激指-TACOS戦では激指はSingleの
Athlon64 FX-55 を使って対戦していました。

激指-YSS戦では、鶴岡さんがLAN経由で+7776FU、とか手でCSA形式のデータを
打ち込む手入力の形で対戦しました。   


Re: おめでとう  投稿者:山下 投稿日:2005年11月20日(日)22時54分37秒
ありがとうございます。
今年は後半になってからかなりついてました。
願わくば来年もそうであって欲しいのですが・・・。   


GPW杯2005でのYSSの棋譜  投稿者:山下 投稿日:2005年11月20日(日)23時00分47秒
18,19日の箱根で行われたGPWでの大会の棋譜を下に置いておきます。
12チーム参加で人間も3チーム参加しています。
YSSの棋譜では棚瀬さん(IS将棋)、橋本さん(TACOS)、山田さん(CSAサーバ担当)
の3名が対人間です。
http://www32.ocn.ne.jp/~yss/gpw2005yss.lzh

対戦表は詰将棋おもちゃ箱のコンピュータ将棋の欄に出ています。
http://toybox.tea-nifty.com/memo/2005/09/post_50ad.html

GPW杯の案内はこちらを。
http://minerva.cs.uec.ac.jp/~ta-ito/GPW05/gpw-cup.htm   


ハッシュについて  投稿者:開発初心者 投稿日:2005年11月23日(水)02時53分55秒
はじめまして、現在、将棋プログラムを組んでいる初心者の者です。

先日、ハッシュを作って組み込んでみたのですが、
1〜2万局面読んだだけで4〜5回の衝突が起きてしまいます。
ハッシュ自体再ハッシュかなにかで回避するとしても
(ハッシュを感覚的にしか理解できてないため)
乱数の作り方が悪いのか、どこかにバグがあるのか、そもそもそんなものなのか、
一体この衝突の確立が大きいのか小さいのかわかりません。

現在ハッシュコードを64bitとって
そのうち下位 0xfffff bitを配列のインデックスに使っています。


衝突がこんなに頻繁に発生してよいものなのでしょうか?   


Re:ハッシュについて  投稿者:うさぴょんの育ての親 投稿日:2005年11月23日(水)03時30分8秒
その確率はかなり大きいですね。

一番ありそうなのは、手順前後で本当に同一局面になっていることなんですが、それは衝突の数に入れてないんですよね?   


Re: コンピュータ将棋2005世界最強決定戦 URL  投稿者:高橋 投稿日:2005年11月23日(水)03時54分14秒    
>あ、実はマシンは飯田研のものをお借りしたものです。
でしたかー。YSSの作者=超ハイエンド志向、という私の勝手な印象からは想像を
絶したチョイスに感じたので、思わずレスを入れてしまったのですが。。。
来年の選手権は飯田研が怖い。参戦者のみなさん、TACOS「も」マークしましょう。

#おお、だんなはこんな時間も起きてるのか。。。   


Re:ハッシュについて  投稿者:都万 投稿日:2005年11月23日(水)05時35分13秒
ハッシュは当然衝突するよ。
2の64乗くらいなら、読む局面数にもよるけど、ほとんど衝突しないだろうけど、この世で発生可能な将棋の局面数がそれよりはるかに多い局面数あるので、どうしてもぶつかる。
単純計算で2の295乗(駒台も含む)よりは、小さいはず。
だから、ハッシュの衝突に目をつぶるか、本当に局面が一致してるか確認するとかしないと完全な証明にはならない。
参考までに昔森田和郎氏から、聞いた話なんだけど、彼はもう一つ別のハッシュを計算してそれも同一かとか、ハッシュを計算するのにランダムな数字が必要でπのあるケタとかあるケタまで抜き出して乱数に使うとかやっていると説明された。
らの場合は、ぶつかりが生じた場合は別の場所にリンケージをとってセーブするとか、局面もセーブして同一局面か完全にチェックしてる話をしたら、吉村さん(永世名人の作者)にやりすぎとかで笑われた。
今年に入って、思いつきで局面図を295bit以下(10word)に圧縮して比較してその計算結果を使っている。
この方法だと、ハッシュ局面数はそれほど取れないけど、100%安全なので採用した。
なお、圧縮時間が必要なので詰将棋ではこの方法は使ってない。   


Re:ハッシュについて  投稿者:開発初心者 投稿日:2005年11月24日(木)00時41分4秒
うさぴょんの育ての親さん、都万さん返答ありがとうございました。

今日、本屋で「コンピュータ将棋のアルゴリズム」という本を買い、
そのハッシュの乱数生成部分をそのまま使って試したところ
やっぱり似たような衝突が発生しました。

結果として乱数に問題がなく、衝突は起こるにしても多いということで
多分自分の書いたプログラムにバグがあるということがわかったので
これからじっくりと調べようと思います。
(消去法的な考えですが、へっぽこプログラマにはこれが限界なもので・・・)


ちなみに、先後はYSS7.0の技術的な解説にあるビットの反転で表現し
別のハッシュにしています。
(今までXORで計算してたものを最後にビットの反転で先後を表して大丈夫かとも
思ったのですが)そこら辺は鵜呑みにしてしまいました。


また、ハッシュは探索の生成順番の高速化ために
以前の最善手がどうしてもほしかったので
対局開始から投了までずっとゼロクリアせずに保持していて
対局開始時に点数のみクリアしています。(将来、序中終で得点に変化をいれたいため)
(もしかしたらこれがまずいのでしょうか?)



今まで「コンピュータ将棋の進歩1〜4」を読んで作ってたのですが、
それに加え「コンピュータ将棋のアルゴリズム」を読んで

構想は進歩を読めばこういう方法があるのかとわかるし、
実装はアルゴリズムの本を読めば(実際にソースを読めば)
なるほどこうやってするのかとわかるし、

非常に初心者には作る環境が整っているなぁと感じました。
まぁ読むのと実装には雲泥の差があるのは事実ですが
まぁそれはそれとして、、、


とりあえずしばらく「アルゴリズム」の本を読んで出直して参ります。。。   


ありゃ(苦笑)  投稿者:うさぴょんの育ての親 投稿日:2005年11月24日(木)00時59分8秒
…えっと、拙著「コンピュータ将棋のアルゴリズム」お買い上げありがとうございます(^^;

ソースを見るだけなら、実は私のホームページから「れさぴょん(初心者向け、「コンピュータ将棋のアルゴリズム」に掲載したもの)」も「うさぴょん」もソースはダウンロードできるのですが(^^;;

ところで、ハッシュをクリアしてないなら、衝突はもっと起きてもおかしくなさそうですけれども(^^;;

0xfffffと&演算をして下位20ビットを使っている、ということなので、100万件くらいをハッシュテーブルに記憶することになるので、単純に考えて1万局面の探索で衝突する可能性は100分の1になりますよね?

一方、ハッシュをクリアしないで中盤(50手進んだ辺りと仮定しましょうか?)までに、読んだ局面の総数が1手あたり10万局面(…これはかなり少ないですけどね)だとすると、自分の手番が25手x10万局面=250万局面を読んだことになり、こうなるともうハッシュ表はあふれていて、衝突がもっと激しく起きるはずです。

なので、どこかしかプログラムを間違えていると思うのですけど…(^^;   


Re:ありゃ(苦笑)  投稿者:開発初心者 投稿日:2005年11月24日(木)01時37分59秒    
なるほど。。。

7六歩→6二王→3三角成→同角→8八銀
のたった五手目で最初の衝突が検出されたもので
こんな盤面でなぜ!?と思ってずっと調べてました。
確かに盤面が進むにつれ衝突は多くなってました。。。

ハッシュは毎回クリアするものなのですね
今から本のソースをちゃんとしっかりみようと思います。(^。^;)

どうしても一手ごとにハッシュをクリアすると
毎回一手指すごとに新しい人が入れ替わって座って
1から盤面を考え直しているようで
効率が悪い感じがして馴染めなかったもので・・・


完全なるポカでした。
ありがとうございました。   


ハッシュのクリアについて  投稿者:うさぴょんの育ての親 投稿日:2005年11月25日(金)00時19分1秒
まぁ、実は一手ごとにクリアしなくてもいいんですけどね(^^;
うさぴょんも実はクリアしてなかったりします。
#あ、今のバージョンはしているかな?

クリアしない場合、
・衝突したら気にしないで上書きする
・衝突したら重要度の高い方を残す
・同じ大きさのハッシュをもう一つ用意して、重要度の高い方をハッシュ1に、低い方をハッシュ2に入れる
などなど方針はいくつかありますが、再ハッシュなんかは避けてしまった方が結果として効率的になることが多いです。

ただ、ハッシュがクリアされた状態から1万局面読んで、衝突が4〜5回おきるのだとしたら、やっぱりそれは(確率として、1局面読んだ場合に、100万回に1回しか衝突が起きないはずなのに)相当衝突の回数が多いので、まだ何かバグがあると疑った方が良いかと思います。   


チェスの人間対機械の団体戦  投稿者:山下 投稿日:2005年11月26日(土)03時41分23秒
チェスの世界チャンピオン3人とコンピュータ3つが対戦する団体戦?
がスペインのビルバオで11月20-23日に開催されていたそうです。

12試合を行って、人間が 4.0 - 8.0 とダブルスコアで負け越しています。

人間は下の3人で
2004年 チャンピオン Rustan Kasimdzhanov (ウズベキスタン)
2003年 チャンピオン Ruslan Ponomariov (ウクライナ)
1999年 チャンピオン Alexander Khalifman (ロシア)

機械は下の3つです。
Hydra  150万局面/秒? 32台のFPGA。
Junior 600万局面/秒。 Dual Core AMD
Fritz  160万局面/秒。 2.0 GHz Centrino

Hydra  3.0 - 1.0 (2勝2引)
Junior 3.0 - 1.0 (2勝2引)
Fritz  2.0 - 2.0 (1勝1敗2引)
-------------------
       8.0 - 4.0

Hydraの探索速度が少し?なのと、Fritzはかなり低スペックなマシンを
使っているのが気になります。
3-0 shock start by computers in Bilbao
http://www.chessbase.com/newsdetail.asp?newsid=2747
http://www.chessbase.com/newsdetail.asp?newsid=2752

2005年WCCCで圧倒的な強さで優勝したZappaは出ていないようです。

II People vs Computers World Chess Team Match
http://www.ajedrezbilbao.com/FestivalEN.htm   


チェスを追い越せ  投稿者:hiro 投稿日:2005年11月26日(土)10時29分47秒
97年の「人間対機械」のディープ・ブルーに対するカスパロフの敗北は
衝撃的でした。あれから8年経過してコンピュータチェスの優位さは
いよいよ確固たるものとなりました。
今大会の棋譜を並べてみると持久戦模様からGMたちが少しづつポイントを
失い敗北するパターンが多いです。結果的にはコンピュータ側の圧勝です。

コンピュータ将棋の未来もこうなるでしょうか・・できれば升田の「名人に
香車を落として勝つ」くらいの圧倒的パワーを見せつけて欲しいものです。
山下さん 頼みます (笑)   


Re:チェスの人間対機械の団体戦  投稿者:高橋 投稿日:2005年11月26日(土)12時47分45秒
>Hydraの探索速度が少し?なのと、
たぶん、単に1億5000万局面/秒の間違いだと思います。1FPGAあたり実効500万局面/秒程度
の筈なので。むしろJuniorの「Over600万局面/秒」という数字の方が恐ろしいですね。
DualCoreとはいえSingleCPUならソフト探索としては神の領域に近い。うーむ、某挫折率が更に
上がりそうで困るなあ、こういう数字を公開されると>Junior   


第16回世界コンピュータ将棋選手権参加者募集案内  投稿者:香山@CSA 投稿日:2005年12月 4日(日)00時24分50秒
   第16回世界コンピュータ将棋選手権 参加者募集のお知らせ


 最強を競う将棋プログラム同士による「第16回世界コンピュータ将棋選手権」を
下記のように開催いたします。主催のCSAは非営利団体であり、この大会はコン
ピュータ将棋の進歩を目的としたものです。
 参加者を募集しますので、ふるってご応募下さい。

1.日程 2006年5月3日(水)〜5日(金)
2.場所 〒292-0812 千葉県木更津市かずさ鎌足2-3-9
     かずさアーク http://www.kap.co.jp/
3.主催 コンピュータ将棋協会(CSA)
          http://www.computer-shogi.org/
4.協力 社団法人日本将棋連盟             http://www.shogi.or.jp/
5.協賛 日本AMD株式会社(予定)    http://www.amd.com/jp-ja/
     株式会社毎日コミュニケーションズ(予定) http://www.mycom.co.jp/
     株式会社アイフォー(予定)       http://www.ifour.co.jp/
     富士通株式会社(予定)           http://jp.fujitsu.com/
6.後援  経済産業省(予定)               http://www.meti.go.jp/
          社団法人情報処理学会(予定)     http://www.ipsj.or.jp/
7.賞品 優勝副賞:ノートパソコン(予定)
8.参加資格
     自作のプログラム1つ。機種は問わない(原則として持ち込み)。
     思考部にはオリジナリティがあること。
     ただし、CSAが使用を許可した思考部用ライブラリは使用しても良い。
     申込時にプログラムは動作可能となっていること。
8.参加費 1万円(申込時、郵便振替)
     送金後、不参加となっても返金しませんのでご注意ください。
     送金方法は申込時の通知メールをご覧ください。
9.申し込み、問い合わせ
 ・申し込み期限 2006年1月31日(火)
 ・申し込み先(前回と異なりますのでご注意ください)
     次のURIにアクセスし、まずID登録をしてそのIDでログインしてください。
     (前回のID・パスワードはそのまま使えます)
     その画面で参加申込を行ってください。
          https://www.computer-shogi.org/cgi-bin/wcsc16/apply.cgi

  ・問い合わせ先
          電子メールで
         applyxcomputer-shogi.org (担当:香山 健太郎)まで
         (ここでは申込は受け付けません)

 CSAのホームページでも、実施要領や過去の選手権の結果・棋譜を掲載しています。
        http://www.computer-shogi.org/



    前回からの主な変更点

 前回第15回に対して、主に次の点が変更になっていますので、御注意下さい。

・TCP/IP通信(サーバプロトコルVer.1.1)によるLAN対戦が推奨となりました。
・CSA標準棋譜ファイル形式が改訂されました。
・任意の局面・手番・消費時間からの対局開始、および任意の時点での
 対局中断機能が必須となりました。
・シード者棄権による繰上げ期限を3月31日としました。



・LAN対戦テスト用として、2/5(日)と4/9(日)にオープン戦を予定しております。
 通信部実装テスト等にご利用ください。
 (それぞれの日の13時頃より3回戦程度行う予定です。参加者は後日改めて募集します。)
 また、テスト用サーバを常時公開しております。詳しくは下のページをご覧ください。
 http://www.computer-shogi.org/protocol/
・各種プロトコルとサンプルプログラムも上のページにあります。

-------------------------------------------------------------------------------- 
http://www.computer-shogi.org/wcsc16/
  


初歩的な質問2  投稿者:開発初心者 投稿日:2005年12月 4日(日)02時11分57秒
現在、進歩1の最良優先探索の所を再度読んでいます。
すると、最良優先探索の問題点として、
記憶領域の消費として
「最良優先探索の場合、基本的には探索結果をすべて残しておく必要がある。」
と記述してあり、さらにそれによってすぐにメモリ不足になると書いてあります。

そこで不思議に思ったのが、
この残しておくというのは何を残しておくことによってメモリが
足りなくなるのでしょうか?



今私のプログラムは
ある局面(ノード)においての可能な手筋を最初に
すべて検索して保存(MOVE_TE構造体として1手20byte)
し、それをその局面における

for(int i=0; i{
next_node( MOVE_TE(i) );
}

で一つ一つ深く調べていく手法を取っています。



これ以上に再帰関数内でメモリを食うものもないだろうし、
最良探索でいうメモリ問題というのは、
(これを回避するならば毎回戻る、進むたびに何度も探索する方法しかなく
時間がかかりそうと思っています)
それが問題でメモリが足りなくなるというのでしょうか?


ある局面における指しての生成として可能手を
リストアップして保存しておく方法自体、現代の将棋プログラムとして
間違っているのでしょうか?


私の場合、盤の配列はグローバルで一つしかなく、
それに対して移動したら各再帰関数で直接利きを変更したり、盤の状態を変更し、
探索の再帰関数から戻ったらそれを戻す関数を読んでいます。


今、進歩2の背尾詰めを実装しようと思った段階で
背尾詰めと最良優先探索の違いが分からずに
非常に迷ってしまった質問でした。

なんか選手権参加者募集の皆さんが高揚している後にこんな
初歩的な質問ですいませんでした...   


RE: 初歩的な質問2  投稿者:開発初心者 投稿日:2005年12月 5日(月)19時47分35秒
最良優先探索を誤解してました。山登り法から順を追って調べたのですが、
少し調べたら分かることをわざわざ書き込んでしまい、
本当に申し訳ありませんでした。   


最強の将棋プログラムを作りたいです!  投稿者:初心者 投稿日:2005年12月 5日(月)23時44分17秒
がんばります!
相手してくれる人がいないとなかなか先に進めないので書き込んでみました。
10月頃に2,3回ほど書き込んだ初心者です。
ネタは出来上がっているのであとはプログラムにするだけなんですが。   


FEN(チェス局面表記法)の将棋版  投稿者:礒部正幸 投稿日:2005年12月18日(日)23時36分26秒
久しぶりに投稿しました。

コンピュータチェスで局面を文字列で表すのに
よく使われる FEN と表記法があります。
この表記法は改行を含まず1行で表せる、人が見ても比較的
わかりやすい、といった特長があります。

将棋ではCSA形式がありますが、CSA形式だと

・P1〜P9で始まる形式だとわかりやすいが複数行必要
・P+,P-,PIとかの形式だと一行で表せるがわかりにくい

と、FENのような両方の長所はあわせもっていません。
そこで、将棋でFENと同じようなことができないか考えてみました。
例えば、将棋の平手の初期局面は
lnsgkgsnl/1r5b1/ppppppppp/9/9/9/PPPPPPPPP/1B5R1/LNSGKGSNL +
と表せます。

・駒に文字を次のように割り当てます

歩='P' // Pawn
香='L' // Lance
桂='N' // kNight
銀='S' // Silver
金='G' // Gold
王='K' // King

以降の成り駒がポイントです。

と='Q' // アルファベットでPの次はQ
成香='M' // Lの次はM
成桂='O' // Nの次はO
成銀='T' // Sの次はT
馬='H' // Horse
竜='D' // Dragon

先手の駒は大文字、後手の駒は小文字(FENと同じ)です。
あとは上記の平手初期局面の例のように盤面の1段目から
1段ずつ'/'で区切って並べて(数字は空きマスの連続回数)、
盤上の駒の表現はOKです。

持ち駒がある場合は飛角金銀桂香歩の順で(先手持ち駒、
後手持ち駒)の順で並べた文字列を追加します。
例えば 先手:飛=2,歩=4 後手:角=1,銀=3なら、R2P4b1s3
となります。
最後に手番(先手番='+', 後手番='-')を付けて完成です。

# 局面と1対1に対応(千日手などの状態を除けば)しているのも
# ポイントで、1対1だとsortしたりgrepしたりするときに便利です。

これ以外にも歩='F'とかいろいろ考えたのですが
将棋はチェスより駒の種類が多いせいでアルファベットが
ぶつかってしまう場合が多いです。

どうでしょう? 
http://en.wikipedia.org/wiki/FEN
  


自動的に改行  投稿者:礒部正幸 投稿日:2005年12月18日(日)23時40分5秒
されるのですね。見にくくてすみません。

それから、以下が抜けてました。
角='B' // Bishop
飛='R' // Rook   


コンピュータ将棋協会サーバメンテナンスのお知らせ  投稿者:香山@CSA 投稿日:2005年12月29日(木)15時16分2秒
 サーバメンテナンスのため、下記の期間、CSAのウェブ・メーリングリスト・
選手権申込システムが停止します。
 すみませんが、ご了承ください。

期間 : 2005/12/30〜2006/1/2 
http://www.computer-shogi.org/